毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
イベント

カウントダウンジャパン2021-2022の収容人数や感染対策と出演者数は?

カウントジャパン2122が開催されることになりましたが、新型コロナウイルスの感染対策などもあり収容人数はぐんと減るようです。

またステージが1つとなり、出演アーティストも少なくなるようですね。

2年ぶりのCDJを楽しみにしていた方も多いと思いますが、ちょっと残念ですね・・。

主催者側もこの厳しい状況の中、いろんな決断をしての開催だと思います。

カウントダウンジャパン2122は例年とは違う形での開催となるので、どんなフェスになるのか、収容人数や感染対策、出演アーティスト数などについてみていきます。

 

ここでは

カウントダウンジャパン2021-2022の収容人数は?

カウントダウンジャパン2021-2022の感染対策は?

カウントダウンジャパン2021-2022の出演者アーティストは何組?

についてみていきたいと思います。

 

カウントダウンジャパン2021-2022の収容人数は?

カウントダウンジャパン2122の収容人数は1日1万人です。

 

緊急事態宣言は解除されました(2021年11月2日時点)が、経過措置期間で収容人数の制限があるためです。

令和3年12月20日(月曜日)から当面の間(お願い)
  • 収容率:100%(大声なし※2)又は50%(大声あり※3

かつ

  • 人数上限:「5,000人又は収容定員の50%以内のいずれか大きい方」又は「10,000人」のいずれか小さい方

引用元:千葉県ホームページより

 

前回開催された「カウントダウンジャパン1920」(2019年12月28日(金)~31日(月))は、各日4万7,000人(合計18万8,000人)の来場者がありました。

これを思うと、各日1万人はかなり少ない人数ですね。

約5分の1です。

チケットを取るのも至難の業になりますね。

ですが、楽しみにしていた人からすれば、開催されることがありがたいことですよね。

主催者の苦しい胸の内が語られています。

「音楽を止めない。フェスを止めない。」という思いで、参加者や出演アーティストと共に、最高のステージを創っていくことに全力を注ぐ意思が伝わってきますね。




カウントダウンジャパン2021-2022の感染対策は?

カウントダウンジャパン2122の感染対策をみていきます。

参加者のワクチン接種または事前PCR検査

新型コロナウイルスワクチンの2回接種又は事前PCR検査が陰性(①か②のいずれか)

※チケット券面との氏名照合も実施

①ワクチン接種が参加日の2週間前までに完了している

当日は、ワクチン接種を確認できる書類が必要ワクチン接種証明書、接種券、記録書、接種済証のいずれか(コピー)

12月28日にご来場の方…12月14日まで
12月29日にご来場の方…12月15日まで
12月30日にご来場の方…12月16日まで
12月31日にご来場の方…12月17日までの2回接種完了を示す書類が有効

参加72時間以内の事前PCR検査が陰性である

当日、陰性を証明する書類が必要(PDFデータでも可)

CDJ指定機関のPCR検査も利用できる

指定機関「にしたんクリニック」 検体は郵送で受付

検査費用(CDJ2122参加者特別価格):1,100円+返送料520円(1回あたり)

  • 参加者宛てに別途案内のURLから申し込み(特別価格対象)
  • 12月中旬以降検査キット届く
  • 参加者自身で検体(唾液)採取
  • 返送

来場日ごとの検体返送スケジュール

来場日検体採取・返送
12月28日 12月25日 0:00~16:00
12月29日 12月26日 0:00~16:00
12月30日 12月27日 0:00~16:00
12月31日 12月28日 0:00~16:00

 

その他参加者へのお願い

  • 大声・歓声・合唱・接触行為禁止
  • ステージエリアへの食べ物持ち込み禁止
  • マスク着用
  • 入場時検温実施
  • 手洗い・手指消毒
  • COCOAインストール

など

 

収容人数制限・全席指定・席間空ける

収容人数は1日1万人

ステージエリアに椅子を配置で全席指定

2枚申込みの場合は隣り合った席

異なるグループは1席空ける

 

1ステージのみの開催

例年は5つのステージがありましたがCDJ2122では、EARTH STAGEの1つのみ

ステージエリアは完全入れ替え制、別途抽選

ステージ間の移動やステージエリアの密集を避けるため

 

年越しなし・全日20時には終演

31日も含め全日19:55には終演予定

年越しはなし

 

会場内換気・規制退場

感染対策のため換気を実施

人との間隔を取るため、規制退場を行う場合あり

 

スタッフ・出演者の感染対策

ワクチン2回接種またはPCR検査の陰性確認

体温測定・マスク着用など

 

ワクチン2回接種やPCR検査での陰性確認など、かなり徹底しているように思います。

フェスに関しては、これまでいろんな問題があり世間からの風当たりも厳しかっただけに、感染対策はかなり力を入れているようですね。

 




カウントダウンジャパン2021-2022の出演者アーティストは何組?少ない?

カウントダウンジャパン2122の出演者アーティストは32組です。

12月28日(火)・・・8組 [Alexandros]/櫻坂46/東京スカパラダイスオーケストラ/マカロニえんぴつ/宮本浩次/ヤバイTシャツ屋さん/UNISON SQUARE GARDEN/Little Glee Monster

12月29日(水)・・・8組 打首獄門同好会/きゃりーぱみゅぱみゅ/Cocco/10-FEET/the HIATUS/My Hair is Bad/マキシマム ザ ホルモン/MAN WITH A MISSION

12月30日(木)・・・8組 クリープハイプ/Saucy Dog/SUPER BEAVER/sumika/NUMBER GIRL/BiSH/フレデリック/ポルカドットスティングレイ

12月31日(金)・・・8組 KANA-BOON/KEYTALK/キュウソネコカミ/ゲスの極み乙女。/サンボマスター/ずっと真夜中でいいのに。/04 Limited Sazabys/BLUE ENCOUNT

計32組です。

過去のアーティスト数はここ最近では170~180組だったので、だいぶ少ないですね。

アーティストも少ないですが、収容人数も少ないため採算を取るのがかなり厳しいようです。

そのため、ステージが1つで装飾関係の演出はゼロという形になっています。

ステージ空間だけは照明やビジョンなど、これまでのものを守っていくとのことです。




まとめ

カウントダウンジャパン2122の収容人数や感染対策についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

2020年に開催予定だったカウントダウン2021はコロナの影響で直前になって中止となりましたが、今回は何とか開催したいという思いが強くあるように感じます。

収容人数も少ないですが、感染対策もかなり徹底しているので、参加される方もしっかり対策してフェスを楽しんでほしいなと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。