毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
災害

車を運転中のゲリラ豪雨対策と役立つグッズ

近年、ゲリラ豪雨などによる災害が増えてますね。

車を運転中に、急に激しい雨が降り、視界が遮られ、そのうち道路が冠水。

 

身動きがとれなくなったら。。。

 

自然現象は人の力ではどうすることもできません。

ですが、被害が大きくならないよう個人個人で対策することは出来ます。

 

車での身を守るために出来る対策やグッズをご紹介したいと思います!

走行中に気をつけなければいけない事

大雨が降ると、普通の道路でも水が流れきらなくて冠水します。

 

特に高低差があるところは、水がたまりますよね。

 

最近のニュースでご存知の方も多いとは思いますが、

 

アンダーパス(立体交差で下をくぐる道)

道路がえぐられているガード下

 

は、大雨の時は絶対通らないでください!

 

愛知県などでは

「道路冠水想定マップ」

その詳細を記した「道路冠水想定箇所一覧表」

を出しています。(ホームページ)

 

あわせて「路面標示」「水深標示」もしてあり、水の深さがわかるようになっています。

 

普段使う道のどういう所にアンダーパスがあるか確認しておくといいですね。

他府県もそれぞれホームページ確認してみてください。

 

アンダーパスが冠水すると

冠水警報装置(情報板)が作動し

冠水5cmで「通行注意」

冠水10~15cmで「通行止」

と、表示されます。

 

雨の時は情報板も見るようにしてください。

 

通れそうでも、実際は深かったりします。

 

水に浸かってしまうと車は動かなくなります。

 

そういう所を通りそうになったら引き返しましょう!

 

運転中浸水・冠水する可能性があると思ったら、車を高台などに避難させましょう。

 

車が浸水・冠水してしまったら、むやみにエンジンをかけてはいけません。

エンジンが壊れるおそれがあります。

 

通行の妨げになる時は、シフトレバーをN(ニュートラル)にして、手で押して移動させてください。

 

一般的な乗用車ならドアの下端までの水位なら、なんとか耐えられます。

 

水位が上がって動けなくなった時、どう対処するべきか

万が一、冠水して車内まで浸水してきたら、車を止めてすぐにエンジンを切ってください。

ドアが開くぐらいの浸水の時

ドアが開くぐらいの浸水なら、シートベルトを外して車を降り、足をゆっくり浸けて水の深さを探りながら外に出て、来た道を戻る方向に歩きましょう。

あくまでもゆっくり、マンホールなどないか1歩ずつ足で探りながら慎重に気をつけて歩いてください。

 

水が引くまで車は放置して、ロードサービスや販売店などに連絡しておきましょう。

 

1度浸かった車はエンジンをかけないでください。

故障や感電の危険があります。

水位が床より高くドアが開かない場合

水位が床よりも高くなった場合、外との水位の差があると水圧がかかりドアは開きにくくなります。

シートベルトは外しておいてくださいね。

外と車内の水位が同じになったら、ドアをゆっくり動かしてみましょう。

水の中では勢いよく開けることはできません。

ゆっくりならさほど強い力はいりません。

 

窓は水に浸かると電気なので開かなくなります。

水没直後ならまだ開く可能性はあるので、後部の窓を開けるようにしましょう。

 

車が水没する前に窓から脱出します。

 

窓などが開かなくなってしまった時は、

 

緊急脱出ハンマーで

窓を割ります!!

 

割る時はフロントガラスは割らない!

フロントガラスは合わせガラスのため割ることができません。

 

割るのは、後部ドアかリアウインドウがよい。

水に浸かった運転席や助手席の窓は割ったらみずも大量に流れ込み脱出が難しくなる。

 

脱出ハンマーも何もなく外に出られない時

慌てず気持ちを落ち着けて、車に水が充満する直前まで待ちましょう。

 

天井に残ったわずかな空気を深く吸ってから、渾身の力でドアを押し開けます。

 

これが最後のチャンスになります。

 

浸水が始まってドアを開けるチャンスは3つ

①車体が着水した直後

②車外と車内の水位が、ドアを境に同じ高さになった時

③車体が水没して、車内に水がほぼ充満した時

 

脱出する手順

①シートベルトを外す

外れない時は脱出ハンマーに付いてるカッターで切る。

②子供がいる時は抱き抱えて脱出の準備

③サイドの窓を開けるもしくは割る

④車から脱出

 

脱出するためのグッズ

緊急脱出ハンマー

これしかない!!!

これは、車に標準装備でもいいんじゃないかと思います。

メーカーさんお願いします。

 

脱出ハンマーにはシートベルトを切るためのカッターも付いています。

 

車には必ず積んでおくことがベストです!

 

そして、置き場所も大事です。

いざという時に手の届かない場所にあってはなんにもなりません。

運転席や助手席から手の届く位置に設置しておくことがよいです。

 

窓ガラスを割るには、他のものでの代用は難しいので、脱出ハンマーは1台に1個は装備しましょう。

 

まとめ

 

異常気象が多い昨今。

コロナの影響で、バスや電車から車移動に変えた方もいるのではないでしょうか?

 

生活の足となる車を運転中にゲリラ豪雨などに遭遇したら、考えたくはないですが、いざと言う時のことを頭に入れておきましょう。

 

緊急脱出ハンマーだけでも、備えておけば安心だと思います。

 

自分の身は自分で守っていきましょう!