毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
世の中

洋食キッチンジロー大量閉店その後は?残った店舗へのアクセスは?

 

東京都内を中心に展開している洋食店「キッチンジロー」

この度、全15店舗中13店舗を2020年9月30日をもって閉店すると発表しました。

 

なぜ大量閉店することに?

キッチンジローは1964年(昭和39年)に創業。

多いときで50店舗以上を展開していましたが、今では東京都内と大阪市内に15店舗を展開していました。

 

2018年に西日本最大手ファミリーレストラン「ジョイフル」の傘下となって、経営基盤の強化を図ってきました。

ジョイフルはファミリーレストラン業界で3位で、西日本中心に約800店を展開、2015年に東京に初進出。

キッチンジローでは「ほろよいジロー」の出店など、グループで経営の立て直しを進めていました。

 

ところが、2020年の新型コロナウィルスの影響で、6月にジョイフルグループの赤字店舗の約200店舗の閉店を発表していました。

 

キッチンジローは特に東京都心に多く、新型コロナウィルスの感染拡大による影響で売り上げが減ってしまったようです。

 

人々の反応、そしてキッチンジローの今後は?

Twitterには閉店を悲しむ声が上がっています。

 

創業50年以上、安さボリュームで、ハンバーグやエビフライなどのメニューがあって、学生やサラリーマンに人気のファミリーレストラン。

 

イートイン、デリバリー、テイクアウトで洋食定番のハンバーグ、帆立ミルクコロッケ、から揚げを中心とした定食メニューを得意としています。

 

秋葉原のジャンク通りにある外神田店は、アニメ作品などに登場する機会も多く、コラボ企画を実施したりしていました。

 

街に普通にあるのが当たり前だったキッチンジロー。

ここにも新型コロナウィルスによってそんな風景が変わってしまうんですね。。。

 

2020年10月以降は

九段下店(東京千代田区)中之島フェスティバルプラザ店(大阪市北区)の2店舗が営業を続けます。

 

キッチンジロー 九段下店

キッチンジロー九段下店

画像:キッチンジローホームページより

東京メトロ東西線 九段下駅より徒歩1分
東京メトロ半蔵門線 九段下駅より徒歩3分
都営新宿線 九段下駅より徒歩3分

九段下駅から120m

 

キッチンジロー 中之島フェスティバルプラザ店

キッチンジロー中之島フェスティバルプラザ店

画像:キッチンジローホームページより

京阪中之島線 渡辺橋駅 徒歩2分(120m)

大阪市営四つ橋線肥後橋駅1-A口 徒歩2分

 

残る店舗があることがファンにとっては救いですね。

何とかコロナに負けず頑張ってほしいです。

 

まとめ

2020年は、新型コロナウィルスの影響で、いろんなところに思いもよらない影響が出ています。

 

その中でも飲食店、外食産業は大打撃ですね。

時代に合わせて新しいやり方への変化が求められているのかもしれません。

昔から親しまれてきたお店がなくなるのは悲しいですよね。

キッチンジローの残った店舗の奮闘を祈っています!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。