毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

小林麻耶と親しいhappyちゃんが怪しい!子宮系セミナーって何?

小林麻耶さんはずっと心が弱っていたのか、旦那の國光吟さんに傾倒していましたね。

國光吟さんもスピリチュアルでしたが、そのスピリチュアル界隈で人気のあるhappyちゃんというブロガーがいます。

小林麻耶さんはそのhappyちゃんとも親しく、そして「子宮系スピリチュアル」なるものがあり、子宮系にもハマっていたといいます。

なんか謎なことがたくさん出てきますね。

そのhappyちゃんてどんな人なんでしょうか?

世間では「怪しい」との声も聞かれます。

また、小林麻耶さんがハマったという、「子宮系セミナー」とはどんなものなのでしょうか?

みていきたいと思います。

 

小林麻耶と親しいhappyちゃんが怪しい!

happyちゃんは現在は改名されて「さちまる」や本名の「竹腰紗智」で活動しています。

元happyちゃんは、「引き寄せの法則」の語り部として、ここ最近、スピリチュアル好きな若い世代を中心に圧倒的な支持を得ています。

引き寄せの法則を実践したらどうなるかをブログに綴って、夢だった出版を半年で実現し、個人では出来ないような数千人のイベントを企画しています。

 

happyとして綴っていたブログは2018年末に閉鎖・削除して、「さちまる」「竹腰紗智(たけこしさち)」と改名して新しくブログやインスタをして以前と同じような発信を続けています。

見た感じ可愛くて若いのにすごいなぁという感じですが、このさちまることhappyちゃんはかなり影響力がある人のようです。

インスタのフォロワーは2021年7月時点で約3万人います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

SACHI(HAPPY)(@sachihappy2020)がシェアした投稿

自分のインスピレーションのまま生きる

「I AM THAT I AM(わたしはわたしである)」がhappyちゃんのお気に入りフレーズ。

この言葉を元に「iTHAT」という雑誌を監修しネットで販売しています(いました?)。

スピリチュアル界隈で有名な人達のインタビューや対談などが掲載され、happyちゃんの信者にとってはめちゃめちゃ興味があり、欲しいと思う雑誌です。

一冊3000円だそうです。

「iTHAT」の発売日にちょっとした事件?がありました。

皆さんいち早く手に入れようと発売時刻にショップにアクセスしますが、なかなか発売されません。

発売時刻にインスタライブがあり盛り上がっていましたが、一向に雑誌が発売されないことにどうしたんだろう?と思っていると、インスタライブでのちに“発売延期”が発表されます。

発売を待っていた人からは「どうして?」「理由が知りたい」とコメントが殺到。

ですが、happyちゃんとその取り巻きの人たちは慌てることなく、明確な発売延期の説明もないまま

「私自身は納得してやってることだから、この(延期の)流れを信じている」

「これは起こらなきゃいけないから起こっている。何かの意識変換」

「一流のクリエイターは急に変えることが多い。それは、インスピレーションを信じているから」

「なんか謝る感じがない! 今までだったら『ごめんなさい』って言っちゃいそうだけど、それに違和感があるっていうか。なんか、満足してる。気にしない自分の感覚ができたことがうれしい」

と満面の笑みで語っています。

 

happyちゃんのお友達のパールさんという人が雑誌の監修をしていますが、後日自身のインスタグラムに次のように投稿しています。

事前に告知を出さなかったことは、告知を出そうという感覚が起こらなかったから。普段の自分だったら間違いなく告知するのに。これって一般常識では完全なるミスだよね。そのことを理解した上で、私は自分の判断に自分で責任を持ちます。そしてそんな自分になれたことに喜びを感じてる。感情が揺さぶられ、どんな感情が起こったのか。そのことを知るために必要なことだったから。怒りも悲しみも、責めたり咎めたりする気持ちも自分の世界で起こった出来事として感じてみてほしい

引用元:サイゾーウーマンより

うーん、言ってる意味がよくわからない。。。

さすがにこれには

「たった一言“ごめんなさい”が聞きたかった」

「多くの人が楽しみにしていたのに、その気持ちを無視されているようで悲しい」

「どうしても『自分は悪くない』と言いたいんですね」

というコメントで炎上状態になったそうです。

その後、無事に雑誌は発売されたようですが、これにより心が冷めた人もいたんじゃないでしょうか。

そのせいかはわかりませんが、2019年6月のインスタフォロワーは約3万9000人でしたが、2021年7月では約3万人になっています。

さちまるInstagram

小林麻耶さんもhappyちゃんを「ハッピーにしてくれるエンジェル」とブログで言ってますので、その考え方などに傾倒していたようです。

小林麻耶ブログ

信じている人からは何を言っても「すごい!」「さすが!」「かっこいい!」となりますが、はたから見ると「何言ってるの?」「なんか怪しい」ってなりますよね。




happyちゃんの子宮系セミナー(イベント)って何?

子宮を労わるアイテムと謳われる布ナプキンやふんどしパンツ、膣ケアグッズなどの〈おまた〉関連アイテムが販売され、助産師や人気ブロガーのミニトークショーも開催されます。

女性の下半身にパワーストーンを入れる〈ジェムリンガ〉というものもあります。

 

子宮系スピリチュアルはhappyちゃんというより別の人がやっているようです。

「子宮の声に従って生きる」

子宮委員長はるというスピリチュアル界隈を席巻した人物がいます。

現在は八木さや(吉野紗弥佳)さんと言って、風俗嬢の過去があり、化粧品をプロデュースしたりアーティストとしても活動しているようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

さやりんご(@sayaringo.38)がシェアした投稿

“子宮系女子”の開祖である人物です。

2015年頃から“子宮を大事に”と説く書籍や、女性器に入れるパワーストーンを宣伝し、セミナーで女性からの人気を得ています。

この八木さやさんはhappyちゃんと親友の関係です。

 

happyちゃんは2016年頃、長崎県壱岐島を訪れるようになり、地元で不動産を購入し、ゲストハウス『月の器』という拠点を設けています。

この頃から島には「子宮系女子」という集団が出入りするようになります。

happyちゃんは小林麻耶さんと親しいことで知られ、徐々にhappyちゃんの信者も島を訪れるようになります。

島では観光客増に寄与したということで、happyちゃんを観光大使に任命しています。

happyちゃんの壱岐島での騒動

2018年、happyちゃんは約2000人を壱岐市内のキャンプ場に集めイベント「縄文祭」を開催します。

巨大なステージを設置し、歌えや踊れ、キャンプファイヤーだの寝袋で野宿だのと大騒ぎ。結果的に、キャンプ場の芝生を荒らし、昼夜問わず騒音を立て、市民から大ひんしゅくを買ったのです。

引用元:サイゾーウーマンより

夜中も大騒ぎをして、住民からクレームが殺到しました。

このことで、happyちゃんの観光大使を解嘱になります。

ここでもhappyちゃんは公式に謝罪していないといいます。

 

happyちゃんに代わって壱岐島に移住した子宮系女子

今度は入れ替わるように八木さやさんが壱岐島に移住してきます。

この島に移住したのは以前来た時に魚がおいしくて一目惚れしたからとのこと。

八木さやさんは拠点の「月の器」を買い取り、2021年2月には地元の男嶽(おんだけ)神社の38歳の宮司と結婚しています。

八木さやさんは夫の姓の吉野紗弥佳として活動しています。

八木さやさんはバツイチで、八木は前の夫の姓です。

小林麻耶さんとも関係があって、TBSの『有田哲平の夢なら醒めないで』という番組に出たことがあり、出演したのは小林麻耶さんが推薦してくれたからといいます。

 

小林麻耶さんは元々人気カウンセラーの心屋仁之助さんのファンだったようで、八木さやさんとの出会いも、心屋仁之助さんを通じてのようです。

小林麻耶さんも子宮系女子として認知されるようになります。

子宮系女子は「自分の思うままに生きる」(happyちゃんも同様)なので、嫌なことはやらない、我慢はしないということがあり、小林麻耶さんが番組をドタキャンや人に迷惑をかけているという実感がないのも、そのせいだったかもしれませんね。




小林麻耶の子宮系女子に対するSNSでの声は?

子宮系女子って知る人ぞ知る話のような気がしますが、これに対してのSNSでに声はどんな感じでしょうか?

子宮系はカルトみたいなもので、孤独な女性がターゲット。特に産後、思うようにいかない体調や育児に「こんなはずじゃなかった…」と悩める女性がハマりやすい。子宮系で散在し、人間関係や夫婦関係を悪化させている人たちをわりと知ってる。本当に注意が必要。
パワーストーン、女性器に入れちゃうのか
狂ってるな
これに引っかかって自分の子宮の声しか聞かない主婦がかなりわがままになって家庭崩壊したのTwitterで見た
小林麻耶も入れてるって言われてたよね…
菌が入って不妊の原因になりそうだよ…
またこいつら⁉︎
ハッピーて女、縄文祭りの時に芝生ボロボロにして再生不可にした奴じゃん。
消えてほしい。
小林麻耶本当に、洗脳されてしまったんだね。麻央ちゃん亡くした悲しみに付け入られたんだね。早く洗脳から全て抜けて、麻耶ちゃんに会いたいって言ってる、れいかちゃんと勧玄君と会えますように。

心が弱っている時は何かに頼りたい気持ちはわかります。

ですが、一歩間違えると、自分や家族を不幸にしてしまうこともあります。

少しでもおかしいと感じたら、やめる勇気も必要ですね。




まとめ

小林麻耶さんとhappyちゃんについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

、八木さえさんの話にまで

元happyちゃんにとどまらず、八木さえ(吉野紗弥佳)さんの話にまで派生しましたが、どちらも“自分の内なる声に従い自由に生きる”という感じのようです。

中にはあまりに傾倒し過ぎて家庭を壊してしまった人もいますので、ほどほどにしておかないと人生が狂ってしまったら何の意味もありません。

小林麻耶さんも依存体質な様なので、心が弱ってしまったときは注意しないといけないですね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。