毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
イベント

紅白歌合戦2021辞退のAやBは誰で理由は何?辞退者一覧も!

ひと昔以上前は大晦日の紅白歌合戦が楽しみだった人も多かったと思いますが、最近はつまらないとの声も聞かれます。

その理由としてはその年に純粋に売れた人が出ていないからと感じる人も多いようです。

また出場するアーティスト側も辞退する人も多いようですね。

2021年は髭男が落選したと言われていましたが、どうやら辞退したとのことです。

そんな中、他にも辞退したアーティストがいるようで、CM曲が話題で連ドラの主題歌も歌ったAさんや、子供からお年寄りまで知っているヒット曲を持つBさんも辞退したと報道されています。

そのAさんやBさんとはいったい誰なのでしょうか?

理由や辞退者の一覧についてもみていきます。

 

ここでは

紅白歌合戦2021辞退のAやBは誰で理由は何?

紅白歌合戦2021辞退者一覧

紅白歌合戦2021辞退についての声

についてみていきたいと思います。

 

紅白歌合戦2021辞退のAやBは誰で理由は何?

紅白2021の出場を辞退したとされるAさんやBさんとは誰なんでしょうか?

CM曲が話題で連ドラの主題歌も歌ったAとは?

候補としては以下の方が考えられます。

藤井風さん

ドラマ「虹色カルテ」主題歌   『旅路』

CM Honda「VEZEL」     『きらり』

 

Vaundy

ドラマ「ボクの殺意が恋をした」主題歌 『花占い』

トヨタ「カローラクロス」など多数   『Tokimeki』

 

緑黄色社会

ドラマ「緊急取調室」主題歌          『LITMUS』

スズキ「ソリオバンディット」CMなど多数  『Landscape』

まだ他にもいるかもしれませんが、この辺りの方の可能性があるのかも?です。

 

子供からお年寄りまで知っているヒット曲を持つBとは?

子供からお年寄りまで知っているヒット曲を持つBさんは誰でしょうか?

以下の方なのかも?と予想します。

 

Adoさん

『うっせぇわ』

2020年にヒットしたAdoさんの代表曲ですね。

子供たちにも流行り社会現象となりました。

 

秦基博さん

『ひまわりの約束』

2014年のヒット曲の『ひまわりの約束』はアニメ映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌でした。

今でもよく耳にしますね。

子供から大人まで親しまれた曲です。

 

Bはイニシャルではないかもしれませんね。

 

出場しない理由としては、髭男はツアー中で出場出来ないようです。

五木ひろしさんは自身の節目として辞退されたようですね。

井上陽水さんは「恥ずかしい」?という理由だそう。

B’zは「年末はオフ」としています。

あくまでも出場を辞退ということで、都合が合わなかった方もいたと考えられます。




紅白歌合戦2021辞退者一覧

紅白2021の出場を辞退(落選)したとされる方々の一覧です。

Official髭男dism
桑田佳祐
優里
Creepy Nuts
森山直太朗
米津玄師
藤井風
Hey!Sey!JUMP
ジャニーズWEST
なにわ男子
back number
King Gnu
SEKAI NO OWARI
EXILE
三代目J SOUL BROTHERS
Mr.Children
B’z
BTS
五木ひろし
瑛人
Kis-My-Ft2
JUJU
Little Glee Monster

 

落選だけとは限らず、オファーがあったとしても自身の活動で都合が合わず、辞退したとも考えられますよね。

様々な理由があるようです。

 




紅白歌合戦2021辞退についての声

紅白の出場辞退についての声はどうなのかみていきます。

昭和の頃は視聴率が70~80%もあった紅白歌合戦。

当時はテレビぐらいが楽しみだったんだと思いますが、令和となった現在では楽しみ方も多様化され、紅白を見なくても他にも番組はありますからね。

また時代の流れで紅白自体も面白くなくなってきたと感じる人も多いと思います。

アーティスト側も出場する意味を考えるのかもしれませんね。




まとめ

紅白2021の出場辞退についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

この人は出場するだろうという人が出ないのには理由があって、必ずしも落選ではなく、オファーはしたけど都合が合わず泣く泣く辞退した人もいるようですね。

また、アーティストも紅白に出場する意味を考えたりもするのでしょう。

音楽番組が少なくなり、SNSの発達で活躍の場も変わってきていて、ヒットの仕方もテレビだけじゃないですからね。

今後の紅白がどのように変わっていくでしょうか。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。