毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
エンタメ

ザマスクドシンガーのマスクなしで対策大丈夫?収録日はいつ?密で声出しに違和感!

韓国発の番組「ザ・マスクド・シンガー」がAmazon Prime Videoでスタートしましたが、早くも物議を醸しています。

それは「コロナの感染対策」に対してです。

観客が密になってマスクなしで声を出す姿に違和感を覚える人が多数出ています。

コロナ前ならあった光景ですが、コロナ禍の今だと「これでいいの?」という感染対策に「いつの収録なの?」という声もあがっています。

 

ここでは

ザマスクドシンガーのマスクなしで対策大丈夫?収録日はいつ?

ザマスクドシンガーの密で観客声出しに違和感多数あがる

芸能界は特別?

についてみていきたいと思います。

 

ザマスクドシンガーのマスクなしで感染対策大丈?収録日はいつ?

「ザ・マスクド・シンガー」は観客を入れての収録で、見ると観客同士が近くマスクなし、アクリル板なしと、今のコロナ禍では考えられない状況です。

感染対策は大丈夫なの?と思います。

また収録日はいったいいつなんでしょうか?

マスクドシンガーの感染対策

「ザ・マスクド・シンガー」の収録の様子を見ると感染対策とはどこに?という感じがします。

ザ・マスクド・シンガー解禁映像

テレビでは出演者はマスクなしが多いですが、観客もマスクなしで、客席も間を空けずアクリル板もなし、声を出しています。

  • 2021年2月に厳格なコロナ安全対策の下で撮影
  • 撮影中も、制作チーム全体の安全性を確保しながら撮影
  • 出演者・制作スタッフ・観客を含む番組制作に関わる全ての人々に、定期的なPCR検査を撮影全期間において義務

とAmazonプライムは言っています。

 

見た目で対策を取っているとは到底思えないですが、

厳格なコロナ安全対策の下とは?

制作チーム全体の安全性を確保しながらとは?

「一体どこが?」という感じです。

 

マスクドシンガーの収録日はいつ?

マスクドシンガーの収録日は、2021年2月です。

2020年ではありません。2021年です。

2021年2月は3回目(2021年1月20日~2月7日)の緊急事態宣言が出されていた頃。

収録は解除された後だったかもしれませんが、有観客でのイベントが中止や延期になったりなど、人を入れてのイベントに慎重になっていました。

普通なら観客の間は空けて、マスクは必須、声は出さないという対策だと思います。

1年前の2020年ならわからなくもないですが、感染が広まり緊急事態宣言が3度も出されているのに、おかしいと思いますよね。




ザマスクドシンガーの密で観客声出しに違和感の声多数あがる

「ザ・マスクド・シンガー」での観客が“密状態・ノーマスク・声出し”に違和感を覚える人の声が多数あがっています。

マスクしないことが感染リスクを大幅に増やすことになることは当然なのにマスクもせず大声を張り上げ人が密状態では防止ではなく感染をするかどうか実験しているみたい。このような企画をおこな非常識さにいったい開催責任者や出演者達はどう考えているのか。
これだから、コンサートやフェスなんてやるなという風潮になる。
マスクしていない時点でPCRをやったってことも疑わしい。
アクリルあればオッケーみたいな風潮もなんとかすべき。
マスクなしの時点で対策をしたとは言えない。
例えばって書いてありますが、例えばではなくやっていた対策を箇条書きで全て書くべきではないですか?
全く具体的ではなく、後から考えた言い訳としか思えないですね。
これはアウトだね。ワクチンも始まってないしマスク着用は必須のマスト。弁解の余地ないよ。
昨年とか一昨年くらいに撮影して、
今やっと解禁になった映像かと思ってた。
まさか今年はないでしょって逆にフォローしたくなるほど密も密だし、出演者の間にアクリル板も無いように思えるし、観客も前後左右に密集して声を上げている。
いやビックリした、まさか今年の2月の話だったとは、、、
違った見方になりそうだ。

パッと見ただけで違和感を持った人が多くいました。

この収録のあと体調を崩した方はいなかったんでしょうか?

知らずに感染を広めた方はいなかったのか気になります。




芸能界は特別?

デルタ株になってから、芸能界でも感染が広まっています。

以前から疑問でしたが、アクリル板こそあるものの、出演者はマスクしなくても大丈夫なのか、スタジオで大声出してもいいのかと思っていました。

視聴者に面白い番組を届けるお仕事かもしれませんが、出演者はこの対策に不安はないのでしょうか?

こういう時期だからマスクをつけての番組や、ドラマがあってもいいんじゃないかと思います。

マスクなしというのは芸能人にとってもリスクがありますよね。

しかも不特定多数と会う世界ですし、なぜマスクしての収録や、こういう時期の特別な番組内容などに出来ないんでしょうか?

芸能界は特別なのか?と思えます。

ドラマやバラエティ撮影してる時の『ガイドラインに則って撮影しています』って、そもそもガイドラインがぬる過ぎるよね
我々一般市民だって職場で黙って仕事してる時もずっとマスクなのに、我々より確実に不特定多数と接する機会の多いタレントや撮影スタッフがノーマスク密密で撮影してたらそら感染広まるでしょって
別に今撮影してるんだからマスク着用したまま撮影すれば良くない?
いまだ多くの番組で出演者はマスクなしです。
ドラマだってみなさんマスクなしですよね。
そりゃあ可能な限り対策してるのでしょうが、
現代を舞台にしたドラマでマスクしないって、いまや不自然に感じます。
街中で誰もマスクしていないなんて、ファンタジーの世界ですよ。
(時代劇にお歯黒がないように、ある種の様式美なのかもしれませんが)
よくしっかり対策して撮影してます、みたいなテロップでるけど、全く理解できない。
ドラマも近距離でマスクなし。PCRの偽陽性もあるし、引っかからない期間もある。
感染力が強いデルタ株が流行っても、同じような対策ばかり。本当は強化して、県またぎの取材も無しにするくらいしないといけないはず。
とにかくテレビ業界は甘い。面白ければなんでもあり、視聴率さえ上がればなんでもあり、反省しない体質。スポンサーが社会的責任で監視するべき。それでも収まらなければスポンサー企業に対して不買運動などを通して消費者が行動するしかない。

今や、地方のロケも再開されてますが、県をまたいでの不要不急の外出はしないように言われている中で、あえてやらなきゃいけないのかも疑問です。

テレビだから、エンタメだからで許されるのかと思います。




まとめ

「ザ・マスクド・シンガー」の感染対策についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

テレビの世界では、“見た目の印象が良くないから”という感じでマスクなしでの収録ですが、これだけ感染者が芸能界でも増えているので、見直すべきではないでしょうか?

逆に率先して「このようにきちんと感染対策して収録しています」というのを目に見える形でしてほしいと思います。

「ザ・マスクド・シンガー」に対しては口先だけの感染対策で、とてもしているように見えないのが残念です。

番組が面白ければいいという問題ではないと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。