毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

【画像】森喜朗会長の死相に騒然!滑舌と顔色が悪すぎて引退希望の声殺到!

東京オリンピック開催についての発言などで、問題視されている東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長。

この度、女性にたいする発言で謝罪会見を開きましたね。

その時の様子を見ていましたが、発言の内容もさる事ながら、なぜ日本はこの高齢な方に大事な仕事を任せているんだろう?という疑問が出てきました。

 

滑舌も悪いし、記者の声も聞き取れない、これでいいんでしょうか?

森喜朗会長は83歳ですよ!

会見を見ていて痛々しい感じがしました。

みなさんは思いませんでしたか?

 

そこで森喜朗会長について

死相に騒然!体は大丈夫?

滑舌が悪い、耳も遠いし仕事になる?

みなさんの反応は?引退の声殺到!

としてみていきたいと思います。

 

森喜朗会長死相に騒然!体は大丈夫?

森喜朗会長が顔色が悪いというのは前から声があがっていました。

2020年の3月に東京オリンピックの1年延長が決まり、その時にも「顔色が悪い」「体は大丈夫なのか?」と心配する声が出ています。

オリンピック組織委員会の会長という多忙な職務に、当時82歳で過去の病気で現在も闘病中という森会長にどうして任せたのか?

森喜朗会長は2015年に肺がんを患っています。持病を持っているし、コロナ禍の中で命を縮めるようなことにならないんでしょうか?

一年前に「死相」が出てるとも言われています。

よほど顔色悪く、やつれて見えたんですね。

 

今回の会見もそうですが、見ていてほんとに痛々しいので、休ませてあげて欲しいです。

ツイートしている方が言うように、逆にオリンピックがあるから元気でいられるんでしょうか?

どっちなんだろう?

表舞台に立たせることも正直どうなのかと思っちゃいます。

 




会見では、森喜朗会長の滑舌が悪くて声が聞き取りにくくなかったですか?

何を言ってるんだろう?って感じです。

質問する記者に対して、マスクをしていると聞き取りにくいからとマスクを外させたり、このコロナ禍の中どうなんでしょうか?

耳もだいぶ遠いようですね。

そして気になったのが、記者がまだ質問内容を話しているのに遮るようにして話したり、しまいには逆ギレするような態度でしたよね。

この会見を見て、いい印象は全くなかったです。

年寄りの屁理屈に感じられました。何なんでしょうか?

 

皆さんが言っているように、何言ってるのかわからないし、反省の色は見えないし、オリンピックという大事な仕事を任せていいんでしょうか?

森喜朗会長は、今年の初めの挨拶で「これが最後の仕事」と話してはいますが、そもそもこんな高齢の方に最初から任せるのは酷だったんじゃないでしょうか?

そんな疑問しか浮かびません。

 




森喜朗会長に対するみなさんの反応は?引退希望の声殺到!

そんな森喜朗会長に対して皆さんはどんな風に思っているのでしょうか?

菅総理もよく考えて欲しいですね。

 

 

 

もう本当に今さら叩いて持って感じですが、問題発言をした2月3日の夜にはハッシュタグ「#森喜朗氏は引退してください」と辞任を求める声が高まっていました。

そのツイートは4日の昼の時点で、2万6千ツイートされています。

今回の会見で、森喜朗会長は「辞めるつもりはない」と続投の意思を表明しています。

 

この会見を見て元衆議院議員でタレントの杉村太蔵さんは

「久々にすごいのを見た。恐ろしいのはこれが世界に流されいること。

この人の下で開かれるオリンピックなんかやっていられない、とスポンサーが離れるのではないか」

と危惧しています。

 

世界中の反応も気になるところですね。

 

森喜朗会長自身もご自分の発言や、態度、体調面についても見直したほうがいいんじゃないでしょうか。

 




まとめ

森喜朗会長の会見を見て、

死相と顔色の悪さ

滑舌や耳の聞こえの悪さ

みなさんの反応

についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

日本の政治自体 高齢の方も多く、海外との大事な仕事は若い人にバトンを渡したほうがいいんじゃないかと思います。

若い人に任せられないなら、ご意見番として裏でフォローするとかできないものでしょうか?

そんな政治は簡単じゃないかもしれませんけどね。

 

今回の森喜朗会長の会見を見て姿が余りにも痛々しいのと、「老害」という言葉が思い浮かぶような、何の意味がある会見だったのかと思えてしまいました。

 

森喜朗会長もご自身の体を大事に、今後の進退を考えてもらいたいなと思います。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。