毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
グルメ

“媛スマ”全身トロの高級魚 お取り寄せ可能でどこで買える? 調理法は?

皆さん、“スマ”という魚をご存じですか?

私も初めて知ったのですが、全身がトロといわれるほど、脂がのっててマグロに匹敵するほど美味しいそうです。

 

「媛スマ」は愛媛県産の養殖スマを包括した愛称で、「伊予の媛貴海(ひめたかみ)」というスマのブランドもあり、媛貴海以外のスマをほかの県の産地と差別化するために、「媛スマ」と命名されました。

図:大きい円「媛スマ」の中に、小さい円で「媛貴海」が含まれている

えひめのスマの関係イメージ図

画像:えひめ水産イノベーション・エコシステムより

 

 

そんな媛スマってどんな魚でなんでしょうか。

コロナ禍で個人でも購入できるようになり、食卓に並べることもできますが、どんな調理法があるか、見ていきたいと思います。

 

“媛スマ”ってどんな魚?

図:お腹に斑点、背中にトラ模様があるスマの写真に、普通のものは60cm 3〜4kg、大きいものは1m 10kgの説明。

画像:えひめ水産イノベーション・エコシステムより

 

スマは、スズキ目サバ科スマ族 小型のマグロ類で肉食

インド洋・太平洋の熱帯・亜熱帯に広く分布します。

 

スマは、個体数が多くなく、群れを作って泳がないことから、スマを専門で釣る釣り方はしないです。

市場への流通が少ないのもこのためです。

築地などの中央市場にはほとんど入荷されず、水揚げ産地で消費される希少な魚です。

全身トロで、臭みがなく細かな脂乗り、柔らかい食感が特長です。

日本ではほとんど漁獲されていないため、幻の魚と呼ばれています。

 

すごく美味しそうですね。

食べてみたいです。

愛媛県では媛スマを養殖しています。

個人でも購入出来ます

希少な魚なので、今まで飲食店など主にお店に卸していましたが、新型コロナウィルスの影響で出荷が激減して、出荷待ちの媛スマがたくさんいる状況でした。

 

そこで、せっかく美味しいスマを一般の個人の方にも食べていただけるよう、販売を始めました。

数量限定で2キロ前後のものが送料込みで、12000円税込です。

 

詳しくは

愛南漁協公式オンラインショップ

愛南漁協ホームページ

 

スマの調理法は?

スマは脂がのっているので、お刺身はもちろん美味しいです。

背は、中トロのような感じ。

腹は、大トロです。

ただし、鮮度が落ちやすいので、新鮮なものだけにしましょう。

 

【レシピ紹介】

画像とすべてのレシピは愛媛県ホームページから

 

媛スマのタルタル

スマのタルタル

 

媛スマと大根のステーキ

スマ大根のステーキ

 

媛スマのネギ塩レモン

スマ塩レモン

 

媛スマのマリネジャガイモを添えて

スマのマリネ

 

媛スマのサラダみかんソース

スマのサラダみかんソース

 

媛スマイタリアン

スマイタリアン

 

媛スマのオクラトマト

スマのオクラトマト

 

媛スマのから揚げガーリック風味

スマの唐揚げガーリック風味

 

媛スマとキムチの旨丼

スマとキムチの旨丼

 

媛スマのユッケ

スマのユッケ

 

 

ムニエル竜田揚げもヒルナンデス!で紹介されてましたね。

 

購入したら、ぜひ試してみてください!

 

まとめ

幻の魚、“媛スマ”につてみてきましたがいかがでしたでしょうか。

 

本来は個人で購入できない魚ですが、この機会に口にしてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。