毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
災害

台風10号2020年特別警報級 気になる進路、週末から週明けに沖縄、九州へ 特別警報出たらどう対処?

大型で強い台風10号は九州全域を暴風域に巻き込みながら進んでいます。

9月7日(月)午前7時現在の位置は、長崎県対馬市の北西約30キロにあり、北に時速40キロで進んでいます。

中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速は60メートルです。

 

特別警報級の勢力の心配がされていました。

※特別警報とは、警報の発表基準をはるかに超える大雨などが予想され、重大な被害が起こる恐れが著しく高まっている場合に出されます。

 

しかし、近年にない勢力に変わりはないので引き続き厳重な警戒が必要です。

台風9号に続き10号とダブル台風に各地への影響が心配されます。

 

気になる進路や勢力などを追ってみていきたいと思います。

気になる進路と台風10号の状況


台風10号は強い勢力で、7日(月)午前7時現在、山口県と九州北部が暴風域入っています。

鹿児島県ではこれまでにない暴風・高波・高潮となる恐れがあり、厳重な警戒が必要です。

 

九州北部や四国では、高波や非常に激しい雨に厳重な警戒が必要です。

西日本や東日本でも局地的な激しい雷雨となる恐れがあります。

台風が離れても、暴風、高波、高潮、大雨になる予想ですので、厳重な警戒をお願いします。

 

台風の強さや大きさの基準は最大風速や、風速15メートル以上の半径の範囲で決まります。

強さの階級分け
階級最大風速
強い33メートル以上 ~ 44メートル未満
非常に強い44メートル以上 ~ 54メートル未満
猛烈な54メートル以上
大きさの階級分け
階級風速15メートル以上の半径
大型(大きい)500km以上~800km未満
超大型(非常に大きい)800km以上

引用元:気象庁ホームページ

 

 

台風10号、関西直撃の2018年の21号や、歴史的に被害のあった、第二室戸台風や伊勢湾台風に匹敵する被害の予想

現在、日本周辺の海面水温が30度近くと高くなっていて、台風が発生・発達しやすくなっています。

台風は海面水温が28度以上で発達しやすく、上空の風が弱いとの条件が揃えば、急速に発達します。

日本沿岸の海面水温が高いことから、日本列島に近づいても勢力を落とさず接近・上陸の可能性があります。

 

記憶に新しい、二年前の2018年の台風21号は非常に強い勢力を保ったまま日本に上陸しました。

上陸時の台風21号の勢力は、中心気圧が950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、関西の市街地での最大瞬間風速は50メートルでした。

屋根が飛んだり、車が横転したり、関西国際空港が水没、船が空港道路に衝突して、行き来が出来なくなりましたよね。

 

今回の台風10号は、2018年の台風21号よりも勢力が大きい中心気圧940ヘクトパスカルが予想され、風などの条件も加われば

「第二室戸台風」1961年

中心気圧925ヘクトパスカルで高知県室戸岬の西方に上陸

日本に上陸した中で一番気圧が低いです。

暴風高潮による被害が大きかったです。

 

「伊勢湾台風」1959年

中心気圧929ヘクトパスカルで潮岬の西に上陸

第二室戸台風より台風のエネルギーは弱いですが、高潮で第二室戸台風より甚大な被害が出ました。

 

などの歴史的被害を出した台風に並ぶ勢力になりそうです。

 

今後発生する台風にも十分注意してください。

 

 

特別警報が出たらどうするのか

 

では、特別警報が出たらどうしたらいいでしょうか。

 

「特別警報」が発表されたら、ただちに地元市町村の避難情報に従うなど、適切な行動をとってください。

気象庁は、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけます。これに加え、警報の発表基準をはるかに超える大雨や大津波等が予想され、重大な災害の起こるおそれが著しく高まっている場合、「特別警報」を発表し最大級の警戒を呼びかけます。

特別警報が対象とする現象は、18,000人以上の死者・行方不明者を出した東日本大震災における大津波や、我が国の観測史上最高の潮位を記録し、5,000人以上の死者・行方不明者を出した「伊勢湾台風」の高潮、紀伊半島に甚大な被害をもたらし、100人近い死者・行方不明者を出した「平成23年台風第12号」の大雨等が該当します

特別警報が発表された場合、お住まいの地域は数十年に一度の、これまでに経験したことのないような、重大な危険が差し迫った異常な状況にあります。ただちに地元市町村の避難情報に従うなど、適切な行動をとってください。
特別警報のイメージ図

引用元:気象庁ホームページ

 

命を守る行動をお願いします。

台風が来る前に備えを

 

6日午前気象庁が緊急会見。

 

家の周りの飛ばされそうなものなどを片づけたり、固定をしておいてください。

(なるべく屋内にしまえるものは、入れたほうがよいでしょう)

窓に養生テープや飛散防止フィルムを張ったりしておくと、窓に物が飛んできてもガラスの飛び散りを防げます

家の中の備蓄の確認。くれぐれも必要な分の補充にしてください。

 

停電や断水に備えておきましょう。

懐中電灯、ラジオ、非常持ち出し袋などの確認。電池など足りなければ必要分の補充を。

カセットコンロのボンベなど。

飲料水、非常食の確保。

スマホなど充電しておく。(連絡や情報の確認できるよう)

ガソリンは早めに補充しておく。(停電で家のエアコンが効かなくなったり、避難所に行けない時など車で過ごすことも考えられる)

お風呂に水をためておく。(断水でトイレに使用など)

 

まとめ

台風9号の影響に続いての、次の台風10号の発生。

日本周辺の海面水温が高いことで、勢力を維持しながら接近します。

台風10号が過ぎても、今後発生する台風にも警戒が必要です。

特別警報並みの勢力でなくとも、今までの台風とは違うという認識でいてください。

天気が荒れる前、動けるうちに避難してください。

台風の今後の動向に注意しながら、被害が大きくならないように、早め早めの備えをしておくようにしましょう。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。