毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
災害

台風9号(2020年)大型で非常に強い勢力 進路は?沖縄の状況、九州は?

台風9号は、大型で非常に強い勢力となっています。

警戒が必要です。

 

『台風9号(2020年)大型で非常に強い勢力 進路は?沖縄の状況、九州は?』

として、気になる今後の勢力や進路についてみていきます。

 

台風9号現在の勢力

↑9月2日午後

大型で非常に強い台風9号は9月2日午後7時現在、五島市の西北西90キロにあって、暴風域を伴い時速30キロで北に進んでいます。

9月1日(火)に「非常に強い勢力」に発達しました。

 

台風の強さは最大風速で変わります。

 

強さ最大風速
猛烈な54㎧以上
非常に強い44㎧以上54㎧未満
強い33㎧以上44㎧未満

 

9月2日午後7時現在の台風の勢力は

中心気圧950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、

最大瞬間風速は60メートルで中心から半径220キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっています。

 

台風が進む沖縄の南から東シナ海にかけての海域は、海面水温が29度~30度と高く、台風は海面水温が27度以上で勢力を維持または勢力を強く発達します。

台風9号はそれより高い海面水温の海上を北上するので、急速に勢力を強める予想で、強い勢力のまま日本列島に接近する恐れがあります。

今後の進路 沖縄の状況、九州は?

台風は非常に強い勢力で沖縄地方を通過しました。

 

沖縄地方

台風9号は9月1日から2日にかけて沖縄地方を非常に強い勢力で通過しました。

 

沖縄電力によると1日午後4時、台風の影響で沖縄本島全域と久米島・慶良間地方の計1万6990戸で停電が続きました。

南城市で2860戸、久米島町で1870戸、今帰仁村で1770戸、名護市で1290戸などで停電しました。

2日の午前10時頃も640戸で停電が続いてます。

停電で蒸し暑い夜を過ごした方も多かったようです。

 

沖縄県内では、強風にあおられて転倒するなどして、1日までに8人が軽傷を負いました。

本島中南部は激しい雨と風にさらされて被害が相次ぎました。

外壁が剥がれたり、止めてある車が横転したり、大木が倒れたりしました。

 

サトウキビなどの農作物の被害も出ました。

 

引き続き次の台風も発生しているので警戒してください。

九州地方から西日本

9月2日(水)から3日(木)にかけて九州から西日本に接近しそうです。

9月2日(水)から3日(木)にかけては、風速25メートル以上の暴風域を伴ったまま、九州の西の海上を北上し、朝鮮半島へ進む予想になっています。

九州南部や九州北部では2日(水)~3日(木)にかけては暴風、高波、高潮、土砂災害、浸水、河川の氾濫に警戒してください。

 

2日から3日にかけては九州を中心とする西日本各地で警戒が必要です。

四国でも非常に強い風が吹き、3日にかけてうねりを伴いしけるでしょう。

四国や東海では3日にかけて非常に激しい雷雨になり、大雨の恐れがあります。

 

最新の台風情報に注意してください。

 

まとめ

台風9号は大型で非常に強い勢力に発達しました。

早めに頑丈な建物に避難し、家にいる場合も窓からなるべく離れるようにしてください。

進路によっては西日本にも影響が出てきますので、最新の台風情報に注意をしてください。

台風への備え

台風が近づくと風が強くなり、看板が飛んだり、木や電柱が倒れる恐れがあるので、外に出ないようにしてください。

河川や用水路の見回りはやめましょう。

また風が強くなる前に倒れやすい物や飛ばされそうなものは、家の中に入れるか固定しておきましょう。

停電時に備え、携帯ラジオ、懐中電灯、ろうそくなどの用意をしておきましょう。

外出を控えるため、食料は台風が来る前にチェックし、補充しておきましょう。

 

市町村のハザードマップを見て、避難経路も確認しておきましょう。

 

『台風9号(2020年)大型で非常に強い勢力 進路は?沖縄の状況、九州は?』

としてみてきました。

 

これから台風シーズンになりますので、少しでも被害が出ないよう皆さん十分気を付けてください。

 

台風10号も発生したので、そちらも今後の動きを見ていきます。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。