毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
世の中

プレミアム付食事券東京の延期で再開いつ?期間延長や払い戻しも調査!

「Go To Eat(ゴートゥーイート) キャンペーン Tokyo」東京プレミアム付食事券が11月20日から販売されていましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、11月27日~12月17日の期間一時販売停止となりましたね。

抽選に当たって、手元に持っている方も多いんじゃないでしょうか?

一時停止に伴い、農林水産省は食事券の使用やポイントの利用も控えるよう呼びかけています。

こういう時だから控えるのは仕方ないと思う人も多いと思いますが、もともと東京プレミアム付食事券は、使用期限がありますよね。

使えない期間があるのなら、期間を後ろに延ばしてほしいですよね?

それと使えない期間があるために、使い切れなかった食事券は払い戻しってしてもらえるんでしょうか?

 

そこで、

プレミアム付食事券東京の延期で再開いつ?期間延長や払い戻しも調査!

としてみていきたいと思います。

 

プレミアム付食事券東京の延期で再開いつ?

「Go To Eat(ゴートゥーイート) キャンペーン Tokyo」の東京プレミアム付食事券は、11月27日~12月17日の間、新規発行・販売が一時停止になっていますが、12月17日以降再開されるんでしょうか?

コロナの感染人数で一時停止期間が延びるかもしれませんし、再開が先になる可能性もありますよね。

情報が入りましたら追記します。

 

プレミアム付食事券東京GOTO一時停止で期間延長や払い戻しは?

「Go To Eat(ゴートゥーイート) キャンペーン Tokyo」の東京プレミアム付食事券は、11月27日~12月17日の間、新規発行・販売が一時停止になっています。

東京プレミアム付食事券GOTO一時停止で期間延長は?

2021年4月以降の延長や食事券を追加発行する方針になりました。※追記

東京プレミアム付食事券の期限が2021年3月末までとなっていますが、一時停止に伴って使用を控えるよう農林水産省は呼びかけています。

期間内であっても使えない期間があると、使い切れない可能性がありますよね。

となると、使用期間の延長をしてもらいたいですね。

 

「食事券発行の期限は来年1月で、利用はオンライン予約によって付与されたポイントと合わせ3月が期限だが、農水省は期限の延長も検討している。

とのことなので、今後使用期間の延長があると思われます。

食事券の追加発行も検討しているようです。

 

Go To トラベルを2021年6月ごろまで延長する方針とのニュースが入ってきていますので、それによってはGo To Eatの同じくらい延長もあるかもしれません。

Go To Eatも4月以降も延長する方針です。

どれくらいの延長になるかは、情報が入りましたら追記します。

 

東京プレミアム付食事券GOTO一時停止で払い戻しは?

もし、一時停止で使いきれなくて余ってしまった場合、払い戻しはしてくれるんでしょうか?

基本的に東京プレミアム付食事券は払い戻しは出来ません。

期間内に使い切ることがいいのですが、例えば新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、しばらくの間増え続けたとしたら、農林水産省も考えるでしょうね。

東京プレミアム付食事券がずっと使えず、食事券の制度が中止とかになったら、払い戻しもあるかもしれません。

払い戻しというよりは、期間延長の方があるかなと思います。

新型コロナウイルスで打撃を受けているお店にとっては、お客さんに来てもらった方がいいですよね。




東京プレミアム付食事券GOTO一時停止でみなさんの声は?

東京プレミアム付食事券GOTO一時停止になったことで、みなさんはどう思っているでしょうか?

当たったのに引き換えできないという人もいますね。

当たったことを忘れないようにしないといけないですね。

 




まとめ

プレミアム付食事券東京の延期で再開いつ?期間延長や払い戻しも調査!

としてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

東京や全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大しています。

ようやく経済が回り始め、年末年始の稼ぎ時がやってきて、これから以前のような客足に近づくところでしたが、ここへ来て新型コロナウイルス感染拡大となり、お店側にとってもお客さん側にとっても気持ちが沈むような状況ですよね。

 

GOTOキャンペーンの一時停止も致し方ないことかなと思います。

ここは、少しガマンして、早く復活出来るようにみんなで協力していきたいですね。

一時停止によって、使う期間が減った分の期間延長などの対応を、農林水産省にはしてもらいたいなと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。