毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
災害

台風14号2020千葉県にいつ上陸?進路状況と利根川の氾濫についても

台風14号が発生しましたね。

9月の後半は台風の発生も少なく済みましたが、10月は台風がまだ発生しますので、油断はできません。

台風本体でなくても、秋雨前線を刺激して大雨の恐れもあります。

 

ここでは

『台風14号2020千葉県にいつ上陸?進路状況と利根川の氾濫についても』

として、最新の進路や千葉県への上陸がいつで、利根川の水位や氾濫の可能性の状況を、追いながらみていきたいと思います。

 

台風14号の最新進路状況

台風14号は現在、八丈島の南西約170㎞にあり、暴風雨を伴いながら時速20キロで東へ進んでいます。

中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は中心付近で30メートル、最大瞬間風速は40メートルです。

14号拡大(2020年10月10日 21時現在)

画像:tenki.jpより

11日9時には八丈島の南約120kmに達し、11日21時には八丈島の南南東約250kmに達する予想です。

台風14号はこの後、熱帯低気圧に変わり、12日21時には小笠原近海に達する見込みです。

 

進路の向きがさらに変わりましたね。

日本から離れていってくれてよかったって感じですが、本当にまた一周して戻ってきそうな進路で、なかなかないパターンですね。

 

先日の台風12号は、西日本や関東を直撃すると思われましたが、進むにつれ東の方に向いていったため、日本のキワを通り上陸はなんとか免れましたね。

千葉では、台風12号の時もかなり影響があったと思います。

 

直撃しない事に越したことはないですが、常に悪い状況を想定しておけば、取り越し苦労で済んでよかったねとなるので、備えだけはしておいた方がいいでしょう。




台風14号千葉県への上陸はいつ?

千葉県へ上陸せずに南へ進んでいます。

10日は夜にかけて伊豆諸島に接近し、前線は房総半島の沿岸付近まで北上する予想です。雷雨になるところがあるでしょう。

11日は湿った風の影響を受け曇りで、昼前まで時々雨となる見込みです。

千葉県の太平洋側の海上では、11日にかけてうねりを伴いしけるでしょう。

 




台風14号利根川の現状や氾濫の可能性は?

利根川は古くより「暴れ川」として知られており、度重なる氾濫で、人々の生命や財産が失われてきました。

大雨による河川氾濫の被害を少なくするためにも、河の状況をみて早めの避難などの対策をとってください。

昭和23年9月 千葉県香取郡佐原町

昭和23年9月 千葉県香取郡佐原町

画像:利根川下流河川事務所より

 

今後、水位も注意して、見ていきたいと思います。

 

10日22時現在、水位が少し増えている感じです。

今後も水位の変化に十分注意してください。

 

利根川下流河川事務所ライブカメラ

ライブカメラに移動します。

色んな地点のカメラから現在の状況を確認することができます。

天気が荒れているときは、危険ですので河を直接見に行かないようにしてください。




まとめ

『台風14号2020千葉県にいつ上陸?進路状況と利根川の氾濫についても』

として、みてきました。

 

これから状況は変わっていきますので、こちらでも最新の状況を追ってお知らせしていきますね。

 

危険になる前に、普段から備えをしておいてください。

そして、最新の台風情報に注意してください。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。