毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
災害

台風14号2020兵庫県いつ上陸?進路状況と武庫川の氾濫についても

台風14号が発生しましたね。

9月の後半は台風の発生も少なく済みましたが、10月は台風がまだ発生しますので、油断はできません。

台風本体でなくても、秋雨前線を刺激して大雨の恐れもあります。

 

ここでは

『台風14号2020兵庫県いつ上陸?進路状況と武庫川の氾濫についても』

として、最新の進路や兵庫県への上陸がいつで、武庫川の水位や氾濫の可能性の状況を、追いながらみていきたいと思います。

 

台風14号の最新進路状況

台風14号は現在、八丈島の西南西約200㎞にあり、暴風雨を伴いながら時速20キロで東へ進んでいます。

中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は中心付近で30メートル、最大瞬間風速は40メートルです。

14号拡大(2020年10月10日 19時現在)

 

画像:tenki.jpより

11日6時には八丈島の南約100kmに達し、11日18時には八丈島の南南東約210kmに達する予想です。

台風14号はこの後、熱帯低気圧に変わり、12日15時には小笠原近海に達する見込みです。

 

進路の向きがさらに変わりましたね。

日本から離れていってくれてよかったって感じですが、本当にまた一周して戻ってきそうな進路で、なかなかないパターンですね。

 

 

先日の台風12号は、西日本や関東を直撃すると思われましたが、進むにつれ東の方に向いていったため、日本のキワを通り上陸はなんとか免れましたね。

直撃しない事に越したことはないですが、常に悪い状況を想定しておけば、取り越し苦労で済んでよかったねとなるので、備えだけはしておいた方がいいでしょう。




台風14号兵庫県への上陸はいつ?

兵庫県への上陸は免れ通り過ぎました。

11日の兵庫県は、北部では曇り、朝晩は雨の降るところがあります。

南部ではおおむね晴れる見込みです。

 




台風14号武庫川の今の状況や氾濫の可能性は?

「兵庫県は7割が山地を占め、水害の危険が懸念されます。川の傾斜が激しいので山から瀬戸内海まで、土砂崩れを起こす危険性がある。六甲山周辺や麓の都市は浸水よりも土砂災害の危険性が極めて高い」

と言われていて、武庫川が氾濫する可能性もあります。

武庫川が氾濫すれば、西宮市や尼崎市の大部分が水没します。

99年には実際に武庫川が氾濫して、多くの住宅が浸水する被害が起きています。

 

そんな被害にならないよう、武庫川の水位などに警戒して、万が一警戒水位を超えそうなら、早めの避難などの対策を取ってくださいね!

 

今後、武庫川の水位など見ていきたいと思います。

 

10日21時現在は、水位の上昇はみられません。

 

武庫川ライブカメラ

武庫川生瀬(西宮市生瀬)

武庫川南部(尼崎市大庄西町)

河の様子はライブカメラでチェックして、荒れた天気の時は危険なので、見に行かないようにしてください。




まとめ

『台風14号2020兵庫県いつ上陸?進路状況と武庫川の氾濫についても』

として、みてきました。

 

危険になる前に、普段から備えをしておいて下さい。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。