毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

Aマッソ加納の兄弟は?父親は激イタな人?実家や地元についても!

小学校からの幼なじみコンビ「Aマッソ」の加納愛子さんと村上愛さん。

2人そろって結婚を発表したことでも話題になりましたね。

Aマッソは、M-1グランプリ、キングオブコントとも準決勝まで進出したことがある実力派芸人です。

さらに、THE W 2021ではファイナリストとして12月13日の決勝戦にいどみます。

そんなAマッソのネタ作りを担当しているのは、「加納愛子さん」です。

加納愛子さんは、短編小説を書いたり、エッセイを連載したりと文学的才能ももちあわせています。

加納愛子さんは家族のことをときどき話題にしていますが、どうやら変わった兄弟や父親のようです。

兄弟や父親がどんな人なのか、ちょっと気になりますよね。

加納愛子さんは関西弁を話しているので地元は大阪のようですが、大阪のどのあたりに実家があるのかについても調べてみました。

 

ここでは、

・Aマッソ加納の兄弟は?

・Aマッソ加納の父親は激イタな人?

・Aマッソ加納の実家や地元はどこ?

について見ていきたいと思います。

Aマッソ加納の兄弟は?

Aマッソ加納愛子さんには、2歳上のお兄さんがいることが分かりました。

しかし、お兄さんは一般人ですので、名前やどこに住んでいるといった情報は見つけることができませんでした。

 

加納愛子さんは、お兄さんのことをエッセイでこのように書いています。

兄ちゃんがいる。二つ上の、調子がいいことだけが取り柄のヘラヘラした人間である。

小・中学はサッカーでキック&シュート、高校はバンドでロック&ロール。
大学へ入ると同時にバーでバイトを始め、シェイカーを振る音が青年期の訪れを告げるファンファーレとなった。

「なんか楽しそうモテそうカッコ良さそう教」信者の兄ちゃんは、お酒をエンジンにして遊びも女も好奇心の赴くままに満喫し、その後当然のようにバイト先に就職した。

今は結婚して3児の父となり、私の元にはバカ甥が屈託のない笑顔でウンコの唄を歌っている動画が送られてくる。

引用元:webちくま(2018年6月27日)

 

お姉さん
お姉さん
どうやらお調子者で自由人のお兄さんのようですね。

バイト先にそのまま就職したということですので、バーテンダーでもやっているのでしょうか。

もしくは、飲食業関係のお仕事をされているのかもしれません。

 

加納愛子さんは、頼りがいがなく、ふらふらしているお兄さんのことを尊敬する気持ちは1ミリもなかったようです。

しかし、いつも楽しそうにフワフワして生きているお兄さんの姿に、飽きることはなかったとも書いています。

能天気で悩みもないお兄さんのことを、どこかうらやましく思っていたのかもしれません。

大学生のお姉さん
大学生のお姉さん
どんな時でも底抜けに明るいお兄さんがいてくれるだけで、楽しく過ごせそうですよね。

 

「バカ甥が屈託のない笑顔でウンコの唄を歌っている動画が送られてくる。」…お兄さんのお調子者っぷりは今も変わっていないようですね。

お子さんも、しっかりとお兄さんの血を受け継いでいるのが分かります。

お兄さんの明るさは、今の加納愛子さんのネタ作りの根底にもなっているかもしれません。

画像:文春オンライン

「なんか楽しそうモテそうカッコ良さそう教」信者、と書かれているお兄さんが実際にかっこいいかどうか…気になりますね。

加納愛子さんもキュートでかわいらしいので、もしかするとお兄さんはかっこいいのかもしれません。

大学生のお姉さん
大学生のお姉さん
ぜひともテレビやYouTubeでお兄さんと共演してもらいたいですね。

 

加納愛子さんは1989年2月21日生まれで現在32歳(2021年12月)、お兄さんは2歳年上ですので34歳です。

加納愛子さんのお兄さんは34歳のお調子者、3人のお子さんのパパだということが分かりました。




Aマッソ加納の父親は激イタな人?

Aマッソ加納愛子さんの父親の名前と年齢が分かりました。

名前:加納大助さん
年齢:1955年生まれ 66歳(2021年現在)

 

Aマッソは「痛快!明石家電視台」(2021年12月6日放送)に初めて出演し、父親のエピソードを披露しました。

 

Aマッソのトークテーマは「#2人そろって父親が激イタ」、どんな激イタぶりなのか気になりますよね。

さっそく、放送内容をふり返ってみたいと思います。

■激イタエピソード1

中学校3年生のバスケの引退試合のときのことです。

父親が引退試合を見にくることになり、来てほしくなかった加納愛子さんは試合中も落ち着かず…
ついに試合会場にあらわれた父親は、一升瓶を片手に飲み友達を引き連れてきました。

さらに、コート際で酒盛りまではじめてしまい、それを注意した審判にむかってガチギレ…
「ラインには入っていない!」と審判にむかって言い張ったようです。

 

■激イタエピソード2

高校生のときに、当時付き合っていた彼氏と加納愛子さんの自宅前で話していました。

そこへ、激イタの父親が帰宅して彼氏に「こいつ、乳でかない?」とひと言。
デリカシーのかけらもない発言をしてしまいました。

彼氏もどう返答していいのやら、困り果てたようです。

加納愛子さん、父親のことをとにかくデリカシーがなさ過ぎる!と怒っています。

すごくおもしろいエピソードではあるのですが、確かにいろいろと配慮にかけるところがありますね。

しかも、思春期の中高生のときに父親にそんなことをされたら立ち直れないかもしれません。

 

加納大助さんはYouTubeに出演しており、相方である村上愛さんのお父さんとも共演しています。

こちらが、加納愛子さんと村上愛さんのお父さんが出演しているYouTubeです。

立ち位置といっしょで左が村上愛さんのお父さん、右が加納愛子さんのお父さんです。

父親同士でいっしょに一度だけ飲みに行ったことがあるようですが、その席でガチもめしたとのことです。

それ以来仲が悪いという2人ですが、動画を見る限りはそんな感じに見えませんでした。

それにしてもお父さん2人ともおもしろすぎます、さすが芸人の父親です!

 

特に、昔の彼女のことを話す加納大助さんの表情と、父親の彼女の話を聞いている加納愛子さんの表情がなんとも言えません。

画像:YouTube

また動画の中で、加納大助さんが本棚に収まっている本をつぎつぎと取り出すところがあります。

本棚にはびっしり本が並んでおり、かなりの冊数があるのが分かります。(撮影場所は実家)

どうやら加納大助さんは、本が好きなようです。

「本やったらなんぼでも買ったる」は全然嬉しい言葉ではなかった。
何度言われても、「そらまあ、安いからな」と思っていた。
ゲームはあかん、服もあかん。欲しかったら自分で買え。でも本やったらかまへん。親父はよくそう言った。

引用元:文春オンライン(2021年5月号)

 

加納愛子さんも読書が趣味であり、さらに作家としても活躍しています。

2020年11月に書籍化した「イルカも泳ぐわい。」は、重版されるほどの人気があります。

2021年7月からは「小説新潮」でエッセイ「行儀は悪いが天気は良い」の連載がはじまりました。


アメトーク(2021年12月2日放送)の「読書大好き芸人」にも出演し、オススメ本や好きな作家への熱い想いを語っていました。

ママさん
ママさん
本好きであるところや文才があるところは、お父さん譲りなのかもしれません。




Aマッソ加納の実家や地元はどこ?

Aマッソ加納愛子さんの現在の実家は「大阪府住吉区」です。

以前は大阪府阿倍野区に住んでいたそうですが、住居が立ち退き対象になり阿倍野区の隣の住吉区へ引っ越したそうです。

生まれは「大阪府阿倍野区」ですが、現在の実家がある場所は「住吉区」ということになります。

 

住吉区に引っ越ししたのは、加納愛子さんが小学生のとき。

転校先の小学校で、相方である村上愛さんと出会います。

小学校5年生のときに、村上愛さんと同じクラスになったのがきっかけで仲よくなり、今は2人そろってお笑い芸人として大活躍ですね。

画像: ワタナベエンターテインメント
(左:村上愛/右:加納愛子)

 

こちらは、3時のヒロインの福田真貴さんのTwitterです。


加納愛子さんは福田真貴さんと同郷で、隣の中学校だったようです。

福田真貴さんは大阪市立住吉第一中学校ではないかと言われていますので、加納愛子さんは住吉中学校であると推測されます。

地図上では2つの中学校はかなり近い距離に位置しており、隣の中学校という表現もピッタリです。

ただし、2人とも出身中学校は公表していませんので、あくまでも推測になります。

 

加納愛子さんはエッセイで、実家の近くにあった中華料理屋さんのことを書いています。

我が家の出前といえば近所の中華料理屋「飛雲(ひうん)」。

引用元:Yahooニュース(2021年10月22日)

 

現在(2021年)中華料理屋の「飛雲」は閉業しているようですが、確かに住吉区にあったようです。

飛運は、住吉小学校と住吉中学校の近くにあったようですね。

飛運から出前をとっていたということですので、加納愛子さんの実家はこの周辺ということになります。

 

ちなみに、実家にはいつも誰かが遊びに来ていたようです。

小学生の頃、大阪の住吉にあるうちの家にはしょっちゅう色んなおっさんが遊びにきた。

親父の地元のツレのおっさん、親父とオカン共通の知り合いのおっさん、「世話なってる先輩や、挨拶せぇ」なおっさん、「ツレちゃうわこんなやつ(笑)」なおっさん。

引用元:ブックハン(2021年9月24)

 

おもに加納大助さんの友だちが遊びに来ており、子どもながらにインパクトがあるおじさんたちの記憶が残っているようです。

中には警察に捕まってしまったおじさんもいるようです。

 

能天気で明るいお兄さん、さらに個性が際立っているお父さんのお友だち。

加納愛子さんは子どもの頃から、刺激のある毎日を送っていたのではないかと思われます。

にぎやかでうるさくて…パンチが効きすぎた日常だったのかもしれません。

そんな子ども時代の経験が、きっと今の加納愛子さんの笑いのいしずえになっているはずです。




まとめ

Aマッソ加納愛子さんの兄弟、父親は激イタな人、実家や地元についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

加納愛子さんには2歳年上で既婚者のお兄さんがいることが分かりました。

また、お父さんは加納大助さん、66歳

確かにデリカシーがなさすぎる行動をとり、少々ぶっ飛んでいるようです。

しかし、今は娘といっしょにYouTubeに出演し、加納愛子さんの活躍を喜んでいるように見えました。

やはりいくつになっても、娘はかわいいのでしょうね。

きっとTHE Wの決勝戦での活躍を期待しているものだと思われます。

3年連続で進出しているTHE Wの決勝戦、2021年こそは優勝に輝くのではないかと期待が高まります。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。