毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

眞子さまなぜ別れない?強情で呆れる!皇室離脱はあるのか?

眞子さまが小室圭さんと婚約会見を開いてから早3年あまり。

一向に進展する様子もなく時間が過ぎている感じです。

小室圭さんに対して国民の感情はよくなることはありません。

 

眞子さまは「結婚は私たちが生きていくために必要な選択です。」と結婚への強い気持ちを示されています。

ですが、父親である秋篠宮さまは「多くの人に納得してもらい喜んでもらう状況にならないと納采の儀は行えません。」とおっしゃり、そして天皇陛下も「多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております。」と述べられ、国民が喜ぶ状況でないと結婚は認められないと遠回しな表現をされています。

親なら、やはり心から喜んで祝福できる相手でないと、結婚を認めたくはないですよね。

 

眞子さまはそのお気持ちをわかっているとは思いますが、なぜそこまでして自分の気持ちを貫くのでしょうか?

小室圭さんから気持ちが離れない理由があるんでしょうか?

 

ここでは

眞子さまなぜ別れない?強情で呆れる!

眞子さまは小室圭に色ボケしてる!国民の声は?

眞子さまは皇室を離脱はあるのか?

についてみていきたいと思います。

 

眞子さまなぜ別れない?強情で呆れる!

眞子さまが小室圭さんに惚れ込んでいて、離したくないからだと思われます。

その気持ちは強情とも頑固とも思えます。

眞子さまの恋愛事情

眞子さまのこれまでの恋愛の噂をみていきます。

初恋は学習院幼稚園から高校までの同級生のA君という存在がいます。

A君は幼稚園から高校まで学習院で、大学から都内大学の医学部に進学、現在は病院に勤務するエリートだといいます。

体育会系でバスケ部の長身のイケメンなので、女子にモテモテで彼女がいる期間が長かったそうです。

そのA君を眞子さまは10年ほど思い続けていたようですが、初恋は成就しなかったのです。

高校生の間まではAさんのことを心に思っていたんでしょう。

 

眞子さまはその後2010年に国際基督教大学(ICU)に進学されます。

ICUに通っていたころ、右手薬指に指輪があることを確認されています。

その頃、ネット上では知れ渡っている“凌平”君という彼氏がいたようです。

この時「飲酒疑惑」があり、スキー部での写真にアルコールが写っていて、その写真が拡散されて騒ぎになりました。

この件は複数のメディアが報じ、宮内庁やICU側は火消しに躍起になっていた。そして、

「お誕生日に先立つ記者会見では『成年としてふさわしい行動を心掛けたい』と話しておられた眞子さまは、『疑われるような振舞いをしてはなりません』と、紀子さまからきついお叱りを受けてしまったのです」

巷では青春のひとコマで済む話も、皇族となれば事情は異なる。これら写真の流出源は、眞子さまの“元カレ”と称される学生。

引用元:デイリー新潮より

 

この騒ぎが元で凌平君との仲は終わったようで、凌平君はその後フランスに留学したのち、コンサル会社に勤めています。(2017年6月時点)

 

小室圭さんと出会ったのは翌年の2012年。

その後まもなく交際をスタートしています。

 

これらの情報から凌平君とお付き合いがあったのなら、お付き合いされた男性は小室圭さんで二人目ということになりますね。

学生の頃は出会いもあり、ある程度自由な部分もあったでしょうから、男性とお付き合いしやすい状況だったのではないでしょうか。

そんな学生の頃に出会った小室さんを逃したら?恋愛の機会を失うと思うのかもしれません。

 

眞子さまが小室圭さんと別れない3つの理由!

眞子さまが小室圭さんと別れない理由はいくつかあると思います。

個人的な意見でもありますが、分析してみたいと思います。

①眞子さまが惚れ込んでいる

この理由が一番大きいんじゃないでしょうか?

別れない理由なんて「理由なんてない」という感じだと思います。

「好きだから」なんだと思います。

 

眞子さまにとっては“運命の人”だと感じる人のようです。

 ’12年6月、おふたりは海外留学に関する意見交換会で出会われ、その翌々月には早くも“結婚を前提に”交際がスタートするなど、眞子さまからすれば小室さんは“運命の人”だと感じられたそうです

引用元:週刊女性プライムより

 

今現在、思うように小室圭さんと会えなくて、2人にとっては困難な状況にあります。

困難な状況がさらに気持ちを盛り上げるというか、燃えさせているのではないでしょうか。

古いですけど歌にあったように、“会えない時間が愛育てるのさぁ~”って感じで、余計に相手を美化してしまっていると思います。

周りに反対されて、この困難な状況だからこそ、何とか一緒になりたいという気持ちが強くなっているんだと思います。

 

②眞子さまにはあとがない?

先ほども述べたように、学生の頃のように恋愛しやすい状況じゃないので、小室圭さんを逃したら出会いがないと思っているかもしれません。

眞子さまは今年で30歳になられます。

年齢的にもいい歳なので、早く結婚したいという気持ちもあると思います。

焦りもあるんじゃないでしょうか。

年齢的に結婚を早くしたいお気持ちもわからなくはないですが、焦ってあとで後悔はしてほしくないです。

 

③慰謝料が発生する

過去に皇族が婚約内定を破棄させ慰謝料が発生したケースがあります

明治26年、大正天皇となる当時の皇太子が結婚相手に内定していた伏見宮禎子(ふしみのみやさちこ)女王と破談しています。

理由は伏見宮禎子女王に病気の疑いがあったためだといいます。

この時、内定破談の慰謝料として当時の5万円(現在の7億円)の公債証書(こうさいしょうしょ:国または地方公共団体が公債の債権者に対して発行・交付する証券)を渡しています。

今回婚約を破棄することにより、国の血税から慰謝料が小室圭さんに渡ることになれば、いっそう国民の反感を買うことは目に見えます。




眞子さまは小室圭に色ボケしてる!国民の声は?

小室圭さんといつまでも別れないことに、国民はどんな風に思っているでしょうか。

眞子さまに対しての反応

眞子さまに対しては次のような反応です。

  • こんなに言われ続けているのに、まだ目を覚まさないって本当凄いよなぁ
  • こんなこと天皇陛下にコメントさせるなよ眞子さんよ。まずは親子できちんと話せ!三十路間近になってデモデモダッテはさすがに痛いよ。
  • 状況を変えたければまずはお相手を変えましょう。
  • いい加減目を覚ませよ眞子
    天皇陛下に迷惑かけるな
  • 眞子様もねぇ、いい大人がいつまでも駄々こねないで下さいよ
  • もうそんなに結婚したいのならすればいい
    ただ税金には一切手を出さず全てを捨てる覚悟で嫁に行ったらいいんじゃないかな
  • 普通ここまで反対されてたらやめるよねぇ
    なんかもう意地になってるだけかと思う
    恋愛経験少ないお嬢様が恋すると暴走して怖いわ
  • これを逃したら結婚できないかもしれないですからね
  • たぶん、あまり恋愛されてこなかったのかもね…。だから恋愛に溺れてしまって周りが見えない。まぁ若い人にありがちだよね。4人くらいと付き合ったら今の男がいかにダメか気づくと思うけど。反対されると燃え上がるしね。

 

恋愛経験が少なくて周りが見えないのでは?との声があがっています。

ただのわがままとも見えるようですね。

  • 下品な話でほんとごめんだけど、身体が忘れられないみたいになってると思う
    箱入りアラサー次を見つけるのも難しいだろうし、下半身の執着
  • 下世話だけど、この2人ってすでに肉体関係あるのかな?
    皇室って婚前交渉許されてるの?
    なきゃそれなりに別れられると思うんだけど

 

体の関係があって忘れられないのでは?との声もあります。

どちらにしろ、恋愛経験が少ないとこれを逃したらあとがないと思ってるように見えるようですね。

色ボケしているとしか見えないようです。

 

小室圭さんに対しての反応

小室圭さんに対しては次のような感じです。

  • 無理だよ
    あんなチャラくてバカでいじめの過去があるほど性格悪くて変な噂とか情報とかばかりのやつ
  • 無理です
    あまりにも不安要素が多すぎて
    というか、そもそも安心出来る要素が一つも見当たらない
  • ここまで言われて身を引かない小室母子はどういう神経してるんだろうね
  • で、今小室は何やってんの?
    確か1月にリモートでもいいから意思表明しろみたいなことやんわり言われてたよね
  • 小室に税金使われるならホームレスにお金あげた方がまだいい。
    ああいう小汚い種類の人間が金のなる木を手に入れてホクホクして生きるとかぞっとする
  • ていうか小室はニューヨーク州の弁護士資格試験は合格したの?、これから受けるとしてもニューヨークは感染者多いのに試験は実施されるの?、それに必要な単位は取得出来てるの?、帰国して結婚したらどこに住むの?、小室は何の仕事をして眞子さまを養っていくの?
    何も決まってないのに結婚結婚ってちょっとおかしいんじゃない?、しかも母親の借金問題は?自分の過去の虐め問題や、えげつない写真流出の説明は?

 

小室圭さんに対しては嫌悪感しかないようです。

信用もないし、小室圭さんが相手では絶対国民は納得できませんね。

小室圭さん側から、身を引くことはないんでしょうか?




眞子さまは皇室を離脱はあるのか?

眞子さまにそこまでの覚悟があるかはわかりません。

皇室を離れた眞子さまと小室圭さんが結婚したいと思うのかもわかりませんが、国民の感じ方としては小室圭さん(特にお母さん)はお金が目当てに見えます。

このままでは小室圭さんとの結婚は不可能に近い感じがします。

国民が小室圭さんが相手では納得しないからです。

残される道は、眞子さまが皇室を離脱し、一般人になり小室圭さんと結婚することですね。

内親王である眞子さまは自らの意思で皇室を離れることが出来ます。

皇室典範第十一条に《年齢十五年以上の内親王、王及び女王は、その意思に基き、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる》とあります。

眞子さまが一般人になれば、誰と結婚しようが自由だということです。

 

この場合、結婚される際に支払われる一時金については、

「皇室経済法では、独身での離脱でも婚姻による皇籍離脱と同額の支給が可能になっています。ただし、国民の反発は避けられません。もしもそういった“法の抜け道”を利用した結婚で、一時金まで支給されるということになれば、余計に国民の反発を生みかねません」

引用元:女性自身より

とのことで、一時金に相当するものを渡すことはできますが、国民の反感を買うことは間違いないです。

 

眞子さまがどうしても小室圭さんと結婚したいなら、皇室も離脱して一時金も捨てるという選択肢一択になりそうです。

眞子さまにそこまでの気持ちがあるでしょうか?

 

そして、小室圭さんにそこまでして結婚する意志があるのかも気になりますね。

皇族の眞子さまだから結婚したいと思っているなら、一般人になった眞子さまに魅力を感じるのか?と思いますし、

お金が目当てだとしたら、皇族離脱した眞子さまから離れる可能性もありますね。

仮に眞子さまが皇室離脱して一般人になった途端に、小室圭さんが離れたら眞子さまは何もかも失うことになっていまいます。

そこで目が覚めたとしても遅いですよね。

眞子さまには今一度冷静になって考えてほしいです。

 

  • 皇籍離脱してから一般人同士として入籍し、その後は小室の警護や留学に充てた税金全額を30年くらいで返納できる税率で納税してください。それが済んだら自分の家族養うためにせいぜい納税すればいいよ。
  • そんな30歳になって無職の奴と結婚しても幸せになんかなれないよ。
    早く目覚ませよ
  • 放棄するぐらいなら、こんなにズルズルと長引いていないのでは?と思います。
    小室さんに離脱のメリットは何もないでしょうし、勝手な想像ですが離脱してでも一緒になろうと言ってもらえてはいないでしょう。
    死ぬ気で個人的に一緒になりただけなら、皇室に縛られなくて良いのになと思ってしまいます。
  • それはKK側が何としてでも阻止しそう。仮に支度金を遠慮して結婚にこぎつけたとしても、週刊誌にA家ネタを売ったり、リアリティ番組やテレビ通販に出たり、自分のキャラクターグッズを販売して荒稼ぎを企みそうな予感。
  • 皇室を離脱し、一時金を辞退したうえで、警備とか住まいとか身分とかもろもろの皇室待遇を辞退したうえで、海外にお住まいになるなら誰も何も言わないでしょう。というか結婚するならそれ以外の道は無いでしょう。
  • 一時金辞退して、完全に民間人になり、小室に結婚迫ったら捨てられるよ。小室圭が自分のどこに惹かれてるのかお分かりでない?
  • Kは金目的だから…
    破断して別の方を見付けられたら良い
    そう簡単にはいかないのも承知だけども
  • 税金の無駄遣いなんですよ…
  • 離脱したら小室家の野望が打ち砕かれることになれりますので、それはあり得ないでしょう。それ以上の気持ちがあるとは思えませんけどねえ。

 

皆さんの意見も厳しいです。

破談にするのが一番望ましいですけどね。。。

 

本人たちとご家族がが一番モヤモヤしていると思いますので、早く解決してほしいですね。




まとめ

眞子さまが小室圭さんとなぜ別れないのかについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

国民からすると、小室圭さんとの結婚は納得がいかない、税金を使わないでほしい、あるいはもうどうでもいいといった意見です。

秋篠宮さまや天皇陛下としては、国民からも祝福される結婚を望むということです。

誰からも祝福されるのは結婚相手が「小室圭さん以外でないと難しいです。

 

眞子さまは皇室離脱をして小室圭さんと結婚するのか、小室圭さんとの結婚を破談にするのか選択が迫られるところです。

一般の人とは立場が違うので自由がなくてお気の毒ですが、国民の税金が使われるというのはそういうことなんだと思います。

冷静になって考えていただきたいです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。