毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
エンタメ

チケプラトレードのやり方仕組みは?売れなかったらどうなるの?

有観客ライブの開催がだいぶ行われるようになり、やっと通常の状況に近づいてきたようでうれしく思っている人も多いでしょう。

ライブにどんどん参加される方も増えてきていますよね。

やっと好きなアーティストの会える機会が出来て、どうしてもチケットをゲットしたいといろんな会場に申し込む人も多いでしょう。

そんな時にチケットが思ったより余分に取れてしまったり、行く予定にしていたのにやむを得ず行くことを諦めなければならない状況になることもありますよね?

そんな時に公式でチケットのトレード(リセール)が出来たら安心ですね。

チケットプラスは、昨今問題となっているチケットの転売の防止を目的とした会員制のチケット販売サイトで、公式としてトレード(リセール)も行います。

そんなチケプラのトレード(リセール)のやり方や仕組みについてみていこうと思います。

また、売れなかった時はどうなるのかもあわせてみていきますね。

 

ここでは

チケプラトレードの仕組み

チケプラトレードの売る時(出品)のやり方

チケプラトレードの買う時のやり方

チケプラトレードで売れなかったらどうなるのか

についてみていきたいと思います。

チケプラトレード(リセール)出品のやり方

チケットのトレードは「チケプラ」で行うことが出来て、アーティストのファンクラブと連携しています。

チケプラは、ファンクラブ会員同士が定価でチケットのやりとりができる、オフィシャルファンクラブ公認のチケットトレード」サービスです。

仕組みとしては転売サイトとは違うので、

  • 定価取引が出来る
  • 入場保証もある

という安心感があります。

チケット代金やチケットの受け渡しはチケプラが代行してくれます。(※別途トレードシステム手数料がかかります)

では、詳しい出品のやり方をみていきます。

出品方法

チケプラトレード出品の流れ

  1. 出品手続き
  2. 抽選・購入者決定
  3. トレード成立
  4. チケット代金入金される

※事前に販売代金送金用の口座登録が必要です。

マイトレードの「登録者情報確認」の「口座情報の登録・修正」から口座の登録が出来ます。

チケプラトレード出品やり方

チケプラ https://tixplus.jp/

会員登録が必要です。(Plus member IDの取得) 新規会員登録はコチラ

(※Plus member IDやアーティストそれぞれの認証IDを持っている方は、そのまま利用できます)

  1. トレードマイページの「出品できるチケット一覧」から出品したいチケットを選択
  2. トレード期限までチケットごとに毎日抽選が行われ購入者を決定(購入者が決定するまで毎日抽選が行われる)
  3. 購入者の支払い完了でトレード取引成立
  4. トレード成立後、登録口座へ入金される

チケプラトレード出品について詳しくはこちらから

同行者指定で、同行者が行けなくなった時もトレードが出来ます。

手続きは応募者本人のみ可能、同行者の分も応募者での手続きとなります。

※応募者のチケットを出品する場合はまとめての出品になります。

1枚当たりシステム利用料金600円(税抜)がかかります。

出品の取り消し

出品してから抽選前までは、出品の取り消しができます。

マイトレードメニューのマイチケットの「出品履歴」から「出品中」の出品チケット一覧から、出品の取り消しをしたいチケットを選択します。

※購入者決定後は取り消しできません。




チケプラトレードで購入のやり方

チケプラトレードでは出品だけでなく、購入をすることが出来ます。

惜しくも抽選からハズレてしまっても、こちらでゲットできるチャンスがありますね!

チケプラトレードで購入のやり方

チケプラトレード購入の流れ

  1. 購入手続きをする
  2. 抽選・購入者決定
  3. トレード成立
  4. チケット受取

 

チケプラトレード購入やり方

チケプラ https://tixplus.jp/

会員登録が必要です。(Plus member IDの取得) 新規会員登録はコチラ

  1. トレードチケット一覧から、購入したいチケットと枚数を選択(SNS認証が必要なチケットはチケットを受け取るスマホの電話番号を入力)
  2. 抽選が行われる(期間中、毎日毎日抽選が行われ、当選するまで自動でエントリー)
  3. 支払い完了で取引成立
  4. 電子チケットアプリでチケットの受取

チケプラアプリ

チケットトレード購入について詳しくはこちらから

紙チケットもアプリにて電子チケットで表示されます。

1枚当たりシステム利用料金300円(税抜)がかかります。

購入申し込みの取り消し

抽選期間中であれば取り消すことが出来ます。

マイトレードメニューのマイチケットの「申込履歴」から「申込中」の申込チケット一覧から購入申込を取り消したいチケットを選択します。

 




チケプラトレードで売れなかったら?

チケプラトレードで出品できるのは安心ですが、万が一トレードが成立しなかったら(売れなかったら)、どうなるのでしょうか?

チケプラ公式サイトには

チケットを出品されましても、必ずトレードが成立するとは限りませんのでご了承ください。

不成立となった場合、「出品者」のチケットは購入者(出品者)のものとなり、代金の返金はございません。

 トレード利用規約を必ずご確認の上、ご利用ください

引用元:チケプラトレードより

と記載されています。

売れなかった場合には、チケットは出品者のものとなって(手元に戻る)、代金も返金されないようです。

 

人気のある公演なら売れないということはないと思いますので、こうなるのは少ないのでは?と思います。

残念ながら行けなくなってしまったチケットは、すごく行きたかったのにチケットを一次申込み(公式ファンクラブ)の抽選でハズしてしまった人の手に、公式を通じて渡ることが一番望ましいですね。




まとめ

チケプラトレードのやり方や仕組み、売れなかったらどうなるのかについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

チケプラは公式ファンクラブと連携していますので、Plus member IDで共通しています。

出品も購入もできるので、やむを得ず行けなくなった時は売りに出せますし、ファンクラブ先行でハズレてしまっても、チケットをゲットできるチャンスが出来てとてもいい仕組みだなと思います。

転売で高額に不正に売られていたり、泣く泣く高いチケットを買ったのに転売の為入場できなかったりと、いろんな問題がありました。

本人登録も進んでいて、登録者じゃなければいけないので、本来行きたいと思っているファンの人に多く公平にチケットが渡るのはとてもいいことですよね。

そして、アーティストとしても安心な仕組みだと思います。

今後はこういった仕組みが普通になっていくのでしょうね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。