毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

優里は女たらしだった?彼女複数に支えられたヒモ男で呆れる!

ギター1本アーティストでブレイクしている優里さんに熱愛報道が出ましたね。

お相手はハロプロの「Juice=Juice」のメンバーの高木紗友希(たかぎ さゆき)さんです。

2人は半同棲とのことで仲良くしているようですね。

 

今、売れていて仲の良い彼女もいて、絶好調な優里さんですが、売れる前はお金がなかったとのことで、さぞや苦労していたのかなと思ったらそうでもなかったようです。

お金がなかったわりには仕事はしていなかったそうで、どうやら複数の彼女?に支えてもらっていたそうです。

それって“ヒモ”??ってこととちょっと驚きです。

 

そこで

優里はヒモ男?

優里女たらしでイメージダウン?

 

優里はヒモ男?

優里さんはお金がなかった頃は複数の彼女?(女性)に生活を支えてもらっていました

 

優里さんは昔バンドを組んでいましたが、その頃からお金がなく『あと2千円しかない』ということがあったそうです。

当時を知る人は、そんな時でも優里さんが働いてるところを見たことがないそうです。

てなると、どうやって生活していたんでしょうか?

親からの仕送り?

いえいえ、優里さんは「イケメンで歌がうまい」ので女性からめちゃめちゃモテていたそうです。

生活を支えてくれる人が何人もいたとか。

  • ご飯をごちそうしてもらう
  • 服を買ってもらう

などお世話してくれる人がいて、生活には困らなかったようですね。

 

要は“ヒモ”だったわけですね。

イケメンていうのは得ですよね~!

複数の女性たちも好きでお世話していたと思いますけどね。

優里さんのためならお金も惜しまずにお世話をしてあげたかったんでしょうね。

 




優里女たらしでイメージダウン?

いい感じでバズっているのにイメージダウンになりそうです。

 

『ドライフラワー』めちゃいい曲ですよね。

なんか切なくて、メロディーも声もすごく心に響きます。

この歌をまたイケメンの優里さんが歌うからいいんですよね。

優里さんのイメージもとてもよかったと思います。

 

熱愛報道自体は、いい年齢だし、交際相手がいても不思議じゃないので、幸せになってほしいとは思います。

ただ、お金がなかった頃の「ヒモ生活」はイメージが違いますよね。

がっかりした人もいるんじゃないでしょうか。

当時どんな感じで女性たちに話して支えてもらっていたかはわかりませんが、記事では次のように書かれています。

昼にある女性とデートをしてご飯を奢ってもらい服を買ってもらって、夜にはまた別の女性にご飯を奢ってもらうなんてこともありましたね。渋谷でかなり顔が利いたので、自分のことを『渋谷の王』だと言っていたこともあります(笑)

引用元:文春オンラインより

 

『渋谷の王』と言っていたのがどんな口ぶりかはわかりませんが、話し方によっては偉そうにうそぶいていたとしたら、かなりのイメージダウンですね

そんな人が作った曲と思うと、素直に聴けない人もいるかもしれません。

 

優里に対するSNSでの反応は?

この報道に対してのNSでの反応をみていきたいと思います。

  • 歌も上手いしいい曲だけどヒモみたいな男なんだとしたらちょっともういいかな…と思ってしまった。いい曲歌っときながら素性がバレたファンキー加藤みたいな?ちょっと違うか。渋谷の王とかほんとに言っちゃう人だとしたらガッカリ
  • 渋谷の王って、ただのヒモ男じゃん。
    このニュースを見るとこの男の歌を聞きたいとは思わないなぁ。。。
  • イケメンで、真面目なさわやかな雰囲気を
    かもしだしていたけど、実際は、こんなもんだったのかぁ…一定数の女性ファンは減りそう。
  • 優里ってコロナ渦で久しぶりに開催されたフェスに出演してスタッフも関係者も万全の対策をして「これを皮切りにフェスが出来るようになったらいいね」って意気込みでやってたのに、そのフェス終わりに難波の人通りの多い路上でゲリラライブして叩かれてた人ですよね…
  • 昨日か一昨日、自称・六本木の帝王が逮捕された話を読んだばかりだから調子に乗るとダメになるんだと思う。これまでの話も歌は上手くても人としてはちょっと…って感じだから一発屋で消えるんじゃないかな。

 

やはり、この報道にこんな程度の人だったのかと思う人も多いですね。

歌がいい歌だけにそのギャップが激しいですよね。

売れるとその人となりも暴かれるところもあるので、この報道が真実ならば残念としか言いようがないです。




まとめ

今、バズっている優里さんの知られざる女たらしの部分と、ヒモ生活についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

恋愛することは悪いことではないですが、(相手にもよりますが)有名になると出てくる人としての行いは隠すことはできません。

イケメンゆえの若気の至りだったかもしれませんが、イメージダウンは避けられないかもしれません。

『ドライフラワー』が売れて、波に乗ってきているところへの報道で人気に影がささないといいですが・・・

今後の展開を見守りたいと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。