毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

張本勲はいらない!【謝罪文の内容全文】と老害だらけのサンモニ!

 

サンデーモーニングでの張本勲さんの女子ボクシングへの発言が波紋を広げています。

張本勲さんはこれまでの発言でも炎上することが度々あり、その度に張本勲さんは「いらない」という声があがっています。

今回は張本勲さんの発言に対し日本ボクシング連盟からTBSに抗議文が届いていました。

そのこともありTBSから素早くボクシング連盟へ謝罪文を送っています。

その内容とはどんなものだったのでしょうか。

 

ここでは

張本勲はいらない!老害がひどすぎる

TBSからボクシング連盟への謝罪文の内容全文

老害だらけのサンデーモーニング

についてみていきたいと思います。

 

張本勲はいらない!老害がひどすぎる

張本勲さんは出演するサンデーモーニングでたびたび“失言”をしていて、その度に批判を浴びています。

今回は、2021年8月8日の放送で張本勲さんが

「女性でも殴り合いが好きな人がいるんだね。見ててどうするのかな。嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね。こんな競技好きな人がいるんだ」

と発言したことが発端でした。

スポーツであるボクシングを「殴り合い」とか「“こんな”競技」とか侮辱するような発言ですし、「女性でもー」とか「嫁入り前のお嬢ちゃんがー」とか、女性を蔑視するような発言もしています。

いつの時代のことですか?

自身もスポーツに関わっていながら、他のスポーツをバカにしたり、女性だからと蔑視する発言はあり得ないですね。

SNSでは「いらない」「老害」との声がたくさん出ています。

この番組は出演者も年齢が高く、時が昭和のまま止まっている感じはします。

今はいろんなスポーツで女性も多く活躍しています。

女性だからとか、この競技はという考えになる方がおかしいですよね。




TBSからボクシング連盟への謝罪文の内容全文

張本勲さんの発言に対し、日本ボクシング連盟はTBSに対し抗議文を送っていて、それに対しTBSからは、素早く日本ボクシング連盟へ謝罪文を提出しています。

そこには張本勲さんからの謝罪も含まれています。

謝罪文の内容は以下の通りです。

 

サンデーモーニングでの張本勲氏の発言について

私どもが放送している「サンデーモーニング」8月8日放送での張本勲氏の発言に関し、貴連盟より遺憾の意を表す書面を拝受いたしました。

張本氏の発言は、オリンピック女子ボクシングフェザー級の入江聖奈選手(日本体育大学)が金メダルを獲得したことについて、日本中が沸き立つ快挙であり、この目覚ましい成果に対し「あっぱれ」との賛辞を贈り、称賛することが本意でした。
しかしながら、張本氏の発言の中には、ご指摘のように「女性及びボクシング競技を蔑視した」と受け取られかねない部分があり、これについては本来であれば番組内で対応すべきでした。当番組として、不快に思われたボクシング関係者や視聴者の皆さまに誠に申し訳なく存じます。

今回の発言について、張本氏は、次のように述べています。
「私は元々ボクシングが大好きで、白井義男さんやファイティング原田さんが世界チャンピオンになった時に、飛び上がって喜びました。今回、入江選手が金メダルを取った時も、飛び上がって喜んでいました。今回の私の発言は言葉が足りませんでした。入江選手の快挙を称えると共に、自分も金メダルを取れるのではと思って、ボクシングをやる女性が増えてほしいということを本当は言いたかったのです。言葉足らずで反省しています」

私どもとしては、コメンテーターの発言も含め、番組の姿勢が「多様性を否定する」かのように受け止められることのないよう、一層留意しながら番組作りを進めて参ります。

「女子競技は男子競技以上に、安全面に配慮されている」との貴連盟のお考えについて理解を深めながら、今後ともボクシング競技をはじめとするスポーツの素晴らしさを伝えて参りたいと存じます。
ご理解を賜れば幸いに存じます。

 

張本勲さんは「言葉足らずで反省しています」としていますが、「言葉足らず」って言い方が正しいのかと疑問に思います。

言葉を足したらちゃんと伝わったのか?ですよね。

張本勲さんの発言には、根底に女性に対する蔑視があるように思います。

だからあのような言い方になるのではないでしょうか?

昭和の古い考え方だと思います。

今の時代には合ってないですね。

 




老害だらけのサンデーモーニング

張本勲さんが女子ボクシングを侮辱するような発言をしたときに、司会である関口宏さんは否定や発言を止めることもせず、相づちを打って受け流しただけでした。

これには謝罪文の中でTBSが「番組内で対応すべきだった」と述べています。

暗に関口宏さんが張本勲さんの発言の処理をきちんとすべきだったとのようにも思えます。

関口さんが出来なかったとしても、番組のスタッフが今の発言はマズいと認識して、本番中に謝罪など出来たら世間での反応も違ったのかもしれません。

ただ、そう思う人がスタッフや共演者にいたとしても、実際に張本さんに注意できるのかは難しいところですね。

このように世間から批判の声が出たことで、張本勲さんは自分の発言が問題だったとはじめて気づいたんじゃないでしょうか。

番組自体、年配の方が多く考え方も偏っていたり古かったりと、今の時代と合ってない感じですね。

 




まとめ

張本勲さんの発言や謝罪文についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

張本さんはご自分の感覚だけで発言されているようですが、今は女性だからこうだとかそういう時代ではないので、もう少し考えて発言してほしいですね。

またテレビ局側も出演者の発言に対して注意を払ってほしいと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。