毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

張本勲をなぜ使い続けるのか?古い考えの老害サンデーモーニング

張本勲さんが女子ボクシングを侮辱する発言をして、その後初めての放送のサンデーモーニングで謝罪しました。

ですが、その謝罪にも批判が集まっています。

張本勲さんは過去にも発言で炎上していますが、なぜ番組は使い続けるんでしょうか?

何か理由があるんでしょうか。

番組に対しても考えが古い、老害だとの声もあがっています。

 

ここでは

張本勲をなぜ使い続けるのか?理由を検証!

張本勲を使い続ける古い考えの老害サンデーモーニング

張本勲やサンデーモーニングに対しての声

についてみていきたいと思います。

 

張本勲をなぜ使い続けるのか?3つの理由!

張本勲さんはこれまでに何度も批判を浴び炎上しているのに、なぜ番組は使い続けるのでしょうか?

 

①高齢タレントが必要とされている

まずは高齢タレントが必要とされているといいます。

他の世代からは「本当に必要とされているの?」と疑問に思いますが、毒舌で語ることが高齢者にはウケて、若い世代からは珍しく映るのだそうです。

政治家は高齢者が多いですが、タレントとしてはそんなにいない存在なんですかね。

同じ部類に梅沢富美男さんがいますが、梅沢さんはバラエティに若者と出演することが多く、それなりに面白いと個人的には思います。

張本さんの場合は、頭の固い人という印象がありますが…

 

②高齢の視聴者がターゲットだから

高齢者が視聴者として多い時間帯には、高齢のタレントが必要とされています。

サンデーモーニングはまさしくそれですね。

高齢者が見るから、それにあった出演者を出すということです。

また、ゴールデンタイムと言われる視聴率の高い時間帯にも高齢者が必要といいます。

若い世代のタレントばかりだと、高齢者は番組を見なくなります。

それを防ぐためにも、一定数の高齢者は必要なんだそうです。

高齢タレントを出して、高齢視聴者の代弁者になってもらうのです。

 

ただ、最近はこの高齢者世代の番組は見直されることが多いです。

それはスポンサーウケしないからです。

高齢者層は広告効果が低いからで、要はコマーシャルで流れる商品を買う人が少ないのです。

ちなみに広告効果の高いコア視聴率は子供から49歳までの男女が対象です。

世帯視聴率(あるテレビ番組が一定の地域内のどれだけの世帯で見られたかの割合)が良くても、コア視聴率が悪いと長寿番組でも終了になっています。

「アタック25」などはその理由が濃厚です。

 

③炎上商法

今流行り?の炎上商法だとも言われています。

炎上するとネットニュースなどでも話題になるので、普段その番組を見ていない人も、次にどんな発言をするのか、どんな謝罪をするのか、気になって番組を見ますよね。

それを意図してやっていると捉える人もいます。

炎上すれば視聴率が稼げますからね。

YouTubeなんかは炎上商法で再生回数を稼ぐ人もいますよね。

そういう点からすると、張本さんは“炎上しやすい人”なので、視聴率が稼げるなら使い続けたいと思うのでしょう。

 




張本勲を使い続ける古い考えの老害サンデーモーニング

張本勲さんの発言をどうこうしようとしても、張本さんの本質を変えることは出来ません。

その張本さんを使い続けるTBSやサンデーモーニングに問題があると思います。

もともと張本氏の人間性に問題があるのは以前から取り沙汰されてたよね?
プロ野球界であれだけの実績を残しながら、一度も監督やコーチの経験がない事からも明らか。
キャンプでの臨時コーチはあったかもだけど。
だから、起用する局側にも問題がある。

司会の関口宏さんも高齢になってきて、サンデーモーニングは高齢者の出演者が多いですよね。

 

一応?張本さんは謝罪していましたが、本人が先に言わなければならないところを、フリーアナウンサーの唐橋ユミさんが謝罪文を読んでいます。

関口さんから謝罪を唐橋さんに振るのもおかしいですし、当事者の張本さん本人は「反省しています」のなぜ一言だけなんでしょうか?

 

関口さん「私も会話の途中でも間違いを正せば良かったかということを反省をさせられました」

張本さん「今回は言い方を間違えて反省しています。以後気を付けます」と謝罪

 

形だけの謝罪にしか思えず、「本当に反省してますか?」「“言い方を間違える”っておかしくないですか?」と疑問の声も多いです。

言い方を間違えただけで、モノの考え方(思っていること)は変わってないんですよね。

 

張本さんは戦争も経験した苦労人であって、それだけに自分は努力してきた人間であるとの自負があるようです。

 

「自分ほど努力と苦労を積み重ねてきた人間はいない。ハリさん(張本氏)にはそういう自負が間違いなくある。だから、戦争を知らず、モノにあふれ、便利にもなった現世に生きる人たちに対して、つい偉そうにして“上から目線”になってしまうのだろう。

(中略)

番組に起用しているTBSや、その周囲の番組関係者もそういうハリさんをただ喜んで起用するばかりじゃなく『世間からの反応は厳しいんですよ』『少し自重したほうがいいですよ』と指摘しなければいけないはずだ。

(中略)

そしてこの超大物OBが失言を繰り返すたびに、他の球界関係者や選手たちが実は辛い思いをしていることも制作サイドのTBS側は今後肝に銘じておくべきだろう。何でも注目されればいいというコンセプトで番組作りをしているようでは、絶対に何らかの形で手痛いしっぺ返しを食らうはずである。

引用元:ITmediaビジネスより

 

苦労してきただけに張本さんは「上から目線」でものを言ってしまうようですが、番組で起用するなら、それを誰かが指摘しなけれいけないと思います。

今は昭和ではなく令和です。

時代は変わっているのです。

 

そして、知らないスポーツをスルーするのではなく、スポーツのコーナーなのである程度勉強することも大事だと思います。

ただ、不勉強で不見識な老害タレントが、新しいことを学ぶのを拒否して、時代遅れの主張を繰り返している姿は、まともな感覚を持った社会人や、これからまともな感覚を持つべき子どもたちに対して、広い意味で有害であるのは間違いないだろう。

引用元:東洋経済オンラインより

老害が有害ですね。

サンデーモーニングはそのあたりもちゃんと考えるべきだと思います。

 




張本勲やサンデーモーニングに対しての声

張本勲さんやサンデーモーニングに対して、次のような声が出ています。

この番組がこんなに素直に謝ること無いから、相当まずい状況なんだろうね。
人を見下した発言多い。
フィギュアのときも
女が頭を下げて司会と言ったオッさんがふんぞりかえってしぶしぶ謝罪って図がすごく日本らしい絵面でした

 

番組側もそんなに重く考えてなかったんでしょうか。

張本さんだけじゃなく、番組にも批判の声が出ていますね。




まとめ

張本勲さんをなぜ番組で使い続けるのかについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

張本さんは高齢で、長年生きてきたこれまでの考え方を変えるのは難しいと思います。

張本さん自身を変えるのが難しければ、番組側が使うことを考えないといけないですね。

その時代時代に合った番組作りが必要なのかもしれません。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。