毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

ののかちゃん(村方乃々佳)は歌で斜視になった?3歳でストレス感じる?

ののかちゃんはCMに出たり、テレビ番組にも出たりと、可愛い姿と歌声を届けてくれています。

ののかちゃんが歌のコンクールに出たときはまだ2歳でしたが、誕生日を迎えて3歳になりました。

そんなののかちゃんですが、テレビを観ていた人から「斜視じゃない?」と斜視を疑う声が多数あがっています。

そこで、ののかちゃんの歌と斜視との関係や、3歳なのに忙しくてストレスはないのかみていきたいと思います。

 

ののかちゃん(村方乃々佳)は歌で斜視になった?画像で検証

ののかちゃんがストレスを感じているかはわかりません。

 

ののかちゃんは歌が好きで、歌のコンクールで有名になり、ずっと歌を歌っています。

先日、テレビに出ていたののかちゃんを観た人から「ののかちゃんは斜視じゃない?」「斜視に見える」と声があがっています。

歌と斜視は関係あるのでしょうか。

しゃべくりに出たときとSHOWチャンネルに出たときの ののかちゃんです。

右の方を向いた時の顔が、右目が少し外を向いてるように感じます。

多分、この時に「あれ?」と思った人がいたんじゃないでしょうか?

こちらは最初の話題になった歌のコンクールの時です。

やはり右目が左目より外を向いている感じです。

また、内側によって見えるとの声もあります。

ののかちゃんは斜視なんでしょうか。

 

斜視とは

両目の視線が目標に向かってそろわず、片方の目の視線が別の方向に向かっている状態「斜視」といいます。
子どもの約2%に見られ、眼の向きにより「内斜視、外斜視、上下斜視」に分けられています。

子供の頃に発症する斜視は、右目で見ていれば左がずれる(左が斜視)、左目で見ていれば右がずれる(右目が斜視)になる共同性斜視がほとんどです。

ののかちゃんは共同性斜視っぽい?

原因

眼を動かす筋肉や神経、眼球周囲の組織の異常や目の位置のバランスを保つ中枢(脳)の異常によりおきる

種類

子供の外斜視で多いのが「間欠性外斜視」だそうで、これは手術が必要と言います。

内斜視は2種類あり、調節性内斜視は眼鏡で治療ができることもあるようです

乳児内斜視は手術を行なう事もあります。

また、斜視のようで斜視でない偽斜視というのもあり、偽斜視は成長とともにだんだんと斜視には見えなくなってきます。

治療

斜視の治療には、①眼鏡をかける、②手術、③訓練などあります。

 

ののかちゃんの場合は、共同性斜視か偽斜視かもしれませんね。

もし斜視がひどいなら、ご両親も心配するでしょうから、何かしらの治療はすると思います。

歌とは関係なさそうです。




ののかちゃん(村方乃々佳)は3歳でストレス感じてる?

ののかちゃんは歌が好きで、好きな歌を歌いたいという気持ちはあると思います。

ですが、最近テレビに出てるののかちゃんは楽しく歌えてるんでしょうか。

ジャスティンビーバーを歌うってすごいですね。

ののかちゃんが歌いたかったのかな・・・?

最近はあいみょんも歌って、その歌詞の記憶力や音程の取り方は、3歳なのにすごいとしか言いようがありません。

ただ、ののかちゃんは本当に好きで歌ってる?

しゃべくりに出てた時もあんまり楽しくなさそうにも見えました。

また、CMのメイキングとかも見ましたが、決まったことを何回もやって、大人でも疲れそうなのに、本当にののかちゃんはやりたいの?と思っちゃいます。

どんなスケジュールも駄々をこねることなく笑顔でこなして、嫌がることなく歌も歌っていますが、もし無理してたら・・?

3歳の子にそこまでのハッキリした感覚があるかわかりませんが、どこかで嫌だなと感じていたら、ストレスになりますよね。

しかもスタジオとか入る時は元気よく「お願いしまーす!」とか言ってるけど、そこまでやらなやいけないの?という疑問が出てきます。

今は事務所に所属しているから、仕事として挨拶もしなきゃいけないんでしょうが…

YouTubeもしょっちゅう撮ってるので、プライベートは常にカメラが回っていますよね。

今はあまりわからないかもしれないけど、もう少し大きくなったらこんな生活嫌にならないのかな?と余計な心配をしてしまいます。

楽しく歌っていた歌が嫌にならなきゃいいけどなと思う今日この頃です。




まとめ

ののかちゃんの斜視やストレスについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

3歳になったののかちゃん、歌やCD発売やCMと3歳とは思えない忙しさですね。

本当にののかちゃんが好きでやっているならいいんです。

斜視(かどうかもわかりませんが)は、それとは関係ないと思いますが、いろんなことがストレスに感じていたら、いつか体に不調として出てくるかもしれません。

そんなことにならないといいなと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。