毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

岡本圭人が自分勝手でわがまま!退所しない理由と留学の本当の理由は?

岡本圭人くんがHey!Say!JUMPから脱退することになりましたね。

岡本圭人くんは2018年9月から留学のためにHey!Say!JUMPの活動を休止していました。

留学前には「アメリカで1人で行くっていう留学の件で、いろんな人に迷惑かけたと思うし、結構みんなにもびっくりさせたと思うけど、なんかその分、好きだからこそ、Hey!Say!JUMPの力にもっとなりたいなって今日、あらためて思いました」とテレビ番組で語っていた岡本圭人くん。

2年間、演技や音楽を学んでグループに復帰する予定とのこと。当初は『グループ脱退』と報じられていただけに、ファンは『戻って来るとわかって安心した』と納得している様子です

引用元:サイゾーウーマンより

と報道されていて、ファンも岡本圭人くんがHey!Say!JUMPに戻ってくると信じてずっと待っていたと思います。

ところが、ここへきて「Hey!Say!JUMP脱退」のニュースに驚きを隠せないファンが多いです。

さすがに待っていた岡本圭人くんのファンからも「自分勝手」との声があがっています。

 

ここでは

岡本圭人が自分勝手でわがまま!

岡本圭人がジャニーズを退所しない理由は?

岡本圭人の留学の本当の理由は?

についてみていきたいと思います。

 

岡本圭人が自分勝手でわがまま!

岡本圭人くんが留学から帰ってきたと思ったら、「Hey!Say!JUMP脱退」というニュースにみんな驚いたと思います。

特に岡本圭人くんの帰りを待っていたファンはショックだったんじゃないでしょうか?

ショックを受けつつ事実を受けとめようとするファンもいれば、約束を破ったことに「自分勝手」と怒りを覚えるファンもたくさんいます。

ファンを2年以上待たせたうえに、今まで応援してきてくれたことのお礼や謝罪もないというのはファンとしたらがっかりですよね。

ファンに対して不誠実と言われても仕方ないです。

4月11日のグループの配信コンサートの最終日に出演するとのことなので、何かしらの挨拶はするのかもしれません。

きちんとファンへ伝えてほしいですね。




岡本圭人がジャニーズを退所しない理由は?

父親の岡本健一さんの存在が大きいから。

 

岡本圭人くんは留学前に退所も覚悟していましたが活動休止にとどまり、今回も脱退のみで退所にはなりませんでした。

それにはやはり父親である岡本健一さんの存在が大きいといいます。

本来なら2018年に辞めさせられていてもおかしくない立場だったのに留学を認められたことも含めて、やはり父親の力が大きいのでしょう。とはいえ、ジャニーズ事務所に残留しても国内で大きな仕事が舞い込む見込みは低い。今回は退所には至りませんでしたが、本人の意志がジャニーズの外での活動に向いていることは間違いないでしょう

引用元:文春オンラインより

俳優の道に傾倒したのも、父親の岡本健一さんの影響が大きい気がします。

岡本健一さんも俳優の道に進みましたからね。

ただ、ジャニーズの肩書があったとしても岡本圭人さんに仕事が来るのかはわかりません。

 

ましてや、ジャニーズの肩書が無くなったら、本人の努力がかなり必要となります。

ファンの皆さんは、Hey!Say!JUMPの岡本圭人で俳優はやれないのか?との声もあがっています。

実際、山田涼介くんや中島裕翔くんはアイドルと俳優業を両立してますよね。

岡本圭人さんはもうHey!Say!JUMPには気持ちがないということなんですかね。

 

脱退するなら、いっそ事務所を辞めてほしいとの声もたくさんあります。

かなり厳しい意見が多いです。

メンバーやファンを裏切って俳優業に専念するというのなら、父親の存在も無視してでも事務所を辞めて一から頑張る覚悟を見せてほしいですね。




岡本圭人の留学の本当の理由は?

環境をすべてリセットしたかったから。

 

当時、”Hey!Say!JUMPのために”と留学をしています。

岡本圭人くんは“Hey!Say!JUMPのために”留学をしていますが、2018年6月にグループを脱退するはずでした。

当時素行不良や留学の情報から『週刊文春』が脱退報道を出したことで、事務所は「留学のため活動休止」としたようです。

ですが、初めから復帰の見込みは低かったといいます。

2020年の夏には留学先の演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ」を卒業していますが、グループ活動には戻ってきていませんよね。

本来なら、真っ先にメンバーの元に戻り、ファンへの報告もするはずです。

そういう気が元々なかったということなんでしょう。

 

2018年当時、留学は「退所覚悟」だったといいます。

週刊文春の報道が出たこともあってか、事務所側からは「一時休止」となったようです。

これには父の岡本健一さんの存在もあったようで、当時退所とはなりませんでした。

岡本圭人くんの留学は演劇の勉強以上に「環境をすべてリセットしたい」という思いが強かったようです。

「岡本としても、個人の仕事の少なさから、グループ内での“格差”は強く感じていたはず。本音では、グループを脱退してソロ転身など、一度全てをリセットしたいという思いも、あったのではないでしょうか。しかし、岡本は事務所初となる“二世ジャニーズ”であり、健一は今でも現役の所属タレントだけに、『父親の顔に泥を塗ることは許されない』という現状がある。そのことも、活動を一時休止するという“落とし所”につながったのではと、メディア関係者は口をそろえています」

引用元:サイゾーウーマンより

岡本圭人くんは自分の置かれた立ち位置から、一からやり直すために環境をリセットする道を選んだようです。




まとめ

岡本圭人くんのHey!Say!JUMP脱退についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

待っていたメンバーやファンからしたら自分勝手と思うのも当然です。

表向きの理由が“Hey!Say!JUMPのため”であったとしても、きちんと報告してけじめをつけて脱退してほしいですよね。

4月11日のグループの配信コンサートの最終日に出演するとのことなので、岡本圭人君本人から挨拶があるかもしれません。

今回、メンバーやファンの信頼を裏切った分、しっかり役者として実績を上げて評価されるようになってほしいと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。