毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

濱口竜介監督の結婚した妻や子供は?父や兄も東大卒で経歴は?

濱口竜介監督の「ドライブ・マイ・カー」がアカデミー賞国際長編映画賞に輝きました。

2021年7月にはカンヌ国際映画祭のコンペティション部門で脚本賞も受賞しています。

そんな濱口竜介監督とはどんな人物なんでしょうか。

結婚して妻や子供がいるのか気になりますよね?

また濱口竜介監督は東大出身ですが、父親や兄も東大出身のようです。

濱口竜介監督の家族や経歴に注目してみたいと思います。

 

ここでは

濱口竜介監督の結婚した妻どんな人で子供はいるのか

濱口竜介監督の父や兄も東大卒業生

濱口竜介監督の経歴について

についてみていきたいと思います。

 

濱口竜介監督の結婚した妻や子供は?

濱口竜介監督が結婚しているという確かな情報はありません。

ですので、子供さんがいるということもわかっていません。

 

しかし、こちらの写真をご覧ください。

画像︰東京大学大学院人文社会系研究科より

こちらは東京大学文学部卒業生のインタビュー記事です。

濱口竜介監督の左手薬指には、指輪が光っていますよね?

お洒落でつけるタイプには見えないので、結婚していいるんじゃないでしょうか?

2017年12月のインタビュー記事です。

濱口竜介監督は1987年12月16日生まれで2022年3月現在で43歳です。

 

2017年12月当時は39歳の頃。

指輪が結婚指輪だとしたら、39歳の頃には結婚をしていたということになります。

結婚をしていたとしても公に発表しているわけではないようなので、子供さんの情報もありません。

発表はしていませんが、アカデミー賞の授賞式でも指輪をしていましたので結婚している可能性は高そうです。




濱口竜介監督は東大出身で父や兄も東大卒業生!

濱口竜介監督は東京大学を卒業しています。

先ほどの写真も東大卒業生のインタビューでした。

東京大学を受験したのは父親と兄が東大だったからと、このインタビューで語っています。

東大を受けたのは、単に父も兄も東大だったんです。同じ家庭にいると、特に兄との間にそこまで学力差があるというふうには思えなかった(笑)。それであまり多くを考えずに受けたんですけど、兄は現役で行って、僕は1年目、落ちたんです。「やっぱり、あの当時の学力で受かるはずがなかったな」と浪人中に勉強したときに思いました。

引用元:東京大学 文学部卒業生インタビューより

そんな理由で東大を受けれてしまうのはすごいですが、1年目は不合格でした。

東京大学へは初めから文科Ⅲ類志望でした。

理由は明確ではなかったようですが、選択の基準として「イヤじゃないことを選ぶ」ということで決めています。

 

東京大学文学部を卒業したのち、映画の助監督やテレビ番組のアシスタントディレクターを経て、東京藝術大学大学院の映像研究科を専攻しています。

一度学校から離れ社会人として働きますが、映画監督を養成するコースで改めて学びなおしているんですね。

父親

父親は公務員で2年ごとに転勤していたので、濱口竜介監督ももれなく学校を転校することになります。

2歳でイランに、その3年後に大阪茨城新潟岐阜と転々としています。

中学で千葉に行き、そこから父親は単身赴任をしています。

海外赴任もあることから、国家公務員なのではないでしょうか。

兄は2歳年上で東大には現役で合格しており、濱口竜介監督もいけると思ったようですが、そうは簡単にはいきませんでした。

東大に行ったのは兄の影響が大きかったようで、兄も行けるんだから俺も入っていいはずだと負けん気は強かったと話しています。

しかし、父もそうですが兄弟そろって東大出身とは、とても頭がいいことがわかりますね。

兄弟についてはお兄さん以外の情報がないので、2人兄弟だと思われます。

 




濱口竜介監督の経歴は?

濱口竜介監督の経歴についてみていきます。

1978年12月16日  神奈川県に生まれる

1998年 一浪して東京大学文学部入学

2003年 1年留年して大学卒業後、映画の助監督、テレビのADをする

2006年 東京藝術大学映像研究科に入学(27歳)

2008年 修了作品の「PASSION」がサン・セバスティアン国際映画祭や第9回東京フィルメックスのコンペティション部門に選出され注目を浴びる」

2011年~2013年 東日本大震災のドキュメンタリー作品東北記録映画三部作「なみのおと」「なみのこえ 新地町」「なみのこえ 気仙沼」「うたうひと」を酒井耕監督との共同監督で作りあげる

2012年 ENBUゼミナールの映像俳優コースの講師を務める

学生の卒業制作「親密さ」の監督をする

2013年 演劇ワークショップを担当

ワークショップ参加者を中心とした映画「ハッピーアワー」を監督

2015年8月 第68回ロカルノ国際映画祭へ「ハッピーアワー」が出品され、4人の出演者が国際コンペ部門の最優秀女優賞を受賞

2016年3月 「ハッピーアワー」が芸術選奨新人賞受賞

2016年5月 「ハッピーアワー」が第25回日本映画批評家大賞選考委員特別賞を受賞

2018年  「寝ても覚めても」で初の商業映画を監督

第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品される

2020年  深田晃司監督とともにクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」を立ち上げる

この活動が2020年度の日本映画ペンクラブ賞を受賞

2020年  黒沢清監督『スパイの妻〈劇場版〉』の脚本執筆に野原位らと共に関わる

第94回キネマ旬報ベストテンにおいて脚本賞を受賞

2021年3月 「偶然と想像」が第71回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品され銀熊賞を受賞

2021年7月 村上春樹原作「ドライブ・マイ・カー」が第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、史上初となる脚本賞を受賞する

「ドライブ・マイ・カー」はニューヨーク映画批評家協会賞が2021年の作品賞を授与される

続いて全米映画批評家協会賞・ボストン、ロサンゼルスの批評家協会賞・ゴールデングローブ賞も受賞

2022年 さらに「ドライブ・マイ・カー」は第94回アカデミー賞で作品賞・監督賞・脚色賞・国際長編映画賞(旧外国映画賞)の4部門にノミネートされ、国際長編映画賞を受賞

2022年2月 ベルリン国際映画祭では、国際審査員団の一人に抜擢される

東京大学に入学した当初は、映画への関心はありませんでした。

映画研究会に所属したことで、映画への関心が急速に高まります。

大学4年の時に映画監督になるにはどうしたらいいかわからない、就職もピンとこないと迷いが出るも、大学院の試験を受けますが落ちて留年しています。

 

その後、就職活動をするも軒並み落ち続け、研究室の先生が心配して「映画監督になった人間を知っているから紹介してあげる」と言われ助監督の仕事に就きます。

助監督の仕事は、現場のスピード感や文化などについていけず2現場くらいで辞め、別のところで修行しろと言われ、経済のテレビ番組を作る会社を紹介してもらい、1年ほど働きます。

その頃、ちょうど東京藝術大学大学院に映像研究科が出来たので、大学院に行くことを決め2年間学びます。

この時も1期では受からず、1年塾講師などをして翌年に受かって入学しています。

 

学生の頃から監督として作品を作っています。

監督としてはセリフを言っている人の声が、“ほんとう”に見えるか、そういったキャスティングをしていると話していました。

 

また濱口竜介監督と一緒に仕事をした人はみんな大好きになるという人柄の良さがあるそうです。

濱口監督は「感謝」を大事にしていて、たくさん映画で受賞していますが、出演者やスタッフへの感謝の言葉が多いです。

そういったことから、「また一緒に仕事をしたい」と思う人が多いようですね。

そういった出演者やスタッフとの心の繋がりもあって、よりいい作品が出来ているのではないでしょうか。

 

 

「寝ても覚めても」「ドライブ・マイ・カー」を観るならU-NEXTで!

映画観るなら<U-NEXT>

 




まとめ

濱口竜介監督の家族や経歴についてみてきましたが、いかがでしたでしたでしょうか。

 

濱口竜介監督は公表はしていませんが、左手薬指に指輪をしていることから結婚していると思われます。

子供さんの存在はわかりません。

また東大出身ということで頭がいいことがわかりますね。

最初から映画に興味はなかったのですが、大学で映画研究会に入ったことで急速に傾倒していき映画への道を進みます。

その後の活躍は目覚しく、携わった作品が次々と注目されていて、数々の賞を受賞するなど才能を発揮していていますよね。

これからも濱口竜介監督が素晴らしい作品を作られることを期待しています。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。