毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

岸井ゆきのの父親が古屋隆太は嘘?両親や兄弟など家族を調査!

女優の岸井ゆきのさんは個性があってナチュラルでかわいいイメージがあります。

演技力も定評の高い岸井ゆきのさんですが、家族はどんな人なのか気になりますね。

岸井ゆきのさんの父親は古屋隆太さんとワードが出てきますが、実際はどうなんでしょうか?

また、母親や兄弟などの家族構成も知りたいですね。

ここでは

  • 岸井ゆきのの父親が古屋隆太は嘘だった?
  • 岸井ゆきのの両親はどんな人?
  • 岸井ゆきのの兄弟など家族構成

についてみていきたいと思います。

岸井ゆきのの父親が古屋隆太は嘘?

岸井ゆきのさんの父親は古屋隆太さんではありません。

なぜ、岸井ゆきのさんの父親は古屋隆太さんといわれるのでしょうか?

古屋隆太さんは、俳優でありナレーターです。

岸井ゆきのさんと古屋隆太さんは、2012年に「あの山の稜線が崩れてゆく」で共演していて、親子役を演じています。

その時の写真から実の親子のように見えて、「親子なのでは?」と噂になったようです。

 

2012年当時は、岸井ゆきのさんは20歳、古屋隆太さんは40歳。

実際に親子と思われてもおかしくない年齢ですね。

当時、まだ役者としては若かった岸井ゆきのさんですが、この頃から「目チカラ」があり、演技も光るものがあったようです。

きっと本当の親子のように見えたんだと思います。

過去に古屋隆太さんは、岸井ゆきのさんのことを“娘”なんてツイートしているので、余計に誤解されちゃいますね。

ちなみに古屋隆太さんには息子さんがいて、2022年時点で13~14歳になります。

娘さんじゃないんですね。

残念ながら、岸井ゆきのさんの父親は古屋隆太さんではありませんでした。

 

ちなみに「あの山の稜線が崩れてゆく」で母親役をした石橋けいさんも、母親と思われていたようです。

石橋けいさんは、岸井ゆきのさんと13歳しか年が離れていないので、それはありえないですけどね、、




岸井ゆきのの両親や兄弟など家族構成は?

岸井ゆきのさんの家族構成は、父親・母親・兄の4人です。

家族は一般人のため、あまり詳しい情報はありません。

 

岸井ゆきのさんの実家は神奈川県秦野市にあります。

岸井ゆきのさんの出身中学が秦野市立南が丘中学校であるとのことから、実家は南が丘の団地だと言われています。

 

父親とはとても仲が良く一緒に食事に行ったり、父親が釣り好きなこともあり、船に乗って釣りに行くこともあるといいます。(2015年のインタビューで)

なかなか年頃の娘と父親と2人で食事ってあんまりないと思いますが、普通に行けちゃうんですね。

それだけ家庭環境が良いということですよね。

 

また、母親は演劇鑑賞が好きだったようで、よく子供ミュージカルに連れて行ってくれたといいます。

子供の頃から演劇やお芝居というものが身近な存在だったようです。

自然と舞台などに興味を持ち、役者になる道を選んでいたんでしょうね。

母親が役者になるきっかけを作ってくれた感じですね。

小さい頃から生のお芝居を観ていたなんて、きっとその頃から感性が磨かれて、今の演技に結びついているのかもしれません。

 

岸井ゆきのさんの兄弟は、兄が1人います。

2人兄弟ですね。

岸井ゆきのさんはお兄ちゃん子で、男の子の遊びをしていたようで、当時女の子に人気だったセーラームーンも見たことがなかったとインタビューで話しています。

そして将来は「男の子になると思って生きていた」なんて言っています。

お兄ちゃんとも仲が良くて、ずっと一緒に遊んでいたんでしょうね。

 

私はそこまで仲良しとは思ってないんですけど、周りからは「すごく仲良しだね」って言われます。

最近はコロナ禍で難しくなってしまいましたが、よく家族4人で集まるんですよ。

そうやって集まるのって24~5歳ぐらいまでは恥ずかしくてイヤだったんですけど、私も大人になったのか今はすごく家族がいとおしく思えて。

みんなで集まって、気持ちを共有し合えるので家族っていいなと思います。

引用元:Get Navi webより

岸井ゆきのさんの家族はみんな仲良しで素敵だなと思います。

きっと小さい頃からいい関係が築かれていたんでしょうね。

仲の良いことが普通だったので、仲が良いと思っていなかったようですね。




まとめ

岸井ゆきのさんの両親や兄弟など家族についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

父親は噂されている古屋隆太さんではありませんでしたね。

実際には両親や兄弟は一般人で、家族関係は全員仲が良いということがわかりました。

岸井ゆきもさんは小さい頃から自然に触れたり、お芝居を見る機会があったりと、そういった環境にあったからこそ感性が磨かれて、今の役者生活に活かされているんだと思います。

キラットひかる演技の原点は、岸井ゆきのさんの家族にあったんでしょうね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。