毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
イベント

【高校サッカー】青森山田が強すぎてつまらない!ロングスローで嫌われる

第99回全国高校サッカー選手権大会の決勝が1月11日に埼玉スタジアムで行われます。

決勝に進出したのは、山梨学院と青森山田ですね。山梨学院が11年ぶり2度目の決勝進出で、青森山田は3大会連続の決勝進出を果たしています。

青森山田は優勝すれば2年ぶりになりますが、その青森山田は強すぎるがゆえに「つまらない」と言われています。

そして、青森山田の『ロングスロー』がいま物議を醸していて、ロングスローに対して「嫌い」の声もあがっています。

 

そこで、

【高校サッカー】青森山田が強すぎてつまらない!ロングスローで嫌われる

としてみていきたいと思います。

 

【高校サッカー】青森山田が強すぎてつまらない!

青森山田は言わずと知れた名門校で、今回の決勝進出は3年連続となり、サッカーの強豪校であります。

2020年度は、24年連続26回目の全国大会に出場するというすごい成績を残しています。

今大会でも「青森山田が強すぎてつまらない」という声がたくさんあがるほどの強さがあります。

並大抵の努力ではそんな成績を残すことはできないと思いますが、その強さの秘密は何なんでしょうか?

 

青森山田 黒田剛監督の指導とは?

青森山田の黒田剛監督はどのような指導をしているのでしょうか?

 

青森山田は、「ポゼッション、ドリブル、カウンター、リスタート、メンタルなど、全てにおいて秀でたチーム作りを目指しています。」とインタビューでこたえています。

世界では何かに特化した選手や、偏った選手は必要とされないそうです。ですので、「心・技・体」のすべてのバランスを強く育成して、「何でもできる」チーム作りを目指して指導しているそうです。

卒業後もすぐに日本代表やJリーグでプロとして活躍できる選手を育成しています。

だから強いチームなんですね!

 

高校サッカーは、中学までのサッカーと違い、「心・技・体」のすべてにおいて覚悟や準備が必要だそうです。

可動範囲も広くなり、プレー強度も120分以上続くので、精神的・肉体的にも極度に負担がかかります。

新入生はすぐにケガをしてしまうので、中学生の間にストレッチなどで柔軟性を高めておくことがいいようです。

 

青森山田から今大会でもJリーガー内定

青森山田は、ここ5年で10人のJリーガーを輩出していて、黒田剛監督の25年の監督生活では44人ものJリーガーを輩出しています。

今大会でも2名のJリーガーが内定しています。

 

藤原雄大選手→浦和レッズ

 

タビナス・ポール・ビスマルク選手→いわてグルージャ盛岡内定

 




【高校サッカー】青森山田のロングスローが嫌いで賛否両論

青森山田は1月3日に行われた3回戦の帝京可児戦でスローインから3ゴールを挙げています。

これにはSNSで「嫌い」「つまらない」など批判する声や、「何がダメなの?」「ルール違反ではない」などの反論する声も挙がっています。

 

 

 

いろんな意見がありますが、勝利に結びつくのはゴールなので、いろいろなゴールの形があるということですね。

今大会では1月9日現在、3戦10得点のうち5得点はロングスローからの得点になっています。

 

青森山田の黒田剛監督は、ロングスローはあくまで数ある引き出しのうちの一つにしかすぎないと言っています。

なんでもやれるというのが黒田剛監督の指導です。

「何でもできなきゃダメ、というのがうちの考え方。カウンターもあればボールポゼッションしながら崩していく形もある。その中でリスタートもある。ロングスローだけではない。ありとあらゆることができて、その一つがロングスロー」

引用元:スポニチアネックスより

賛否両論が出るということは、それだけ注目されているということなんですね。

 




まとめ

【高校サッカー】青森山田が強すぎてつまらない!ロングスローで嫌われる

としてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

いよいよ全国高校サッカーの頂点に立つチームが決まります。

話題の青森山田と山梨学院の決戦になります。

いろいろな大会がコロナの影響で中止になる中、開催される試合での選手たちの精いっぱいのプレーを応援したいですね!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。