毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

COCO(子役)の事務所はどこ?哀愁しんでれら以外の出演作は?

2021年2月に公開された映画「哀愁しんでれら」が2022年7月からネットフリックスで配信開始となり、再び話題となっています。

映画公開時でも注目された子役のCOCOさんですが、ネットフリックスで見た人から演技がすごいと注目が集まっています。

そんなCOCOさんですが、事務所はどこかに所属しているのでしょうか?

哀愁しんでれらの他に出演作はあるのでしょうか?

 

ここでは

COCO(子役)の事務所はどこなのか

COCO(子役)の哀愁しんでれら以外の出演作はあるのか

についてみていきたいと思います。

 

COCO(子役)の事務所はどこ?

COCOさんが事務所に所属しているという情報はありませんでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

COCO(@coco_pinkprincess)がシェアした投稿

COCOさんがモデルとして載せているInstagramは、家族が運営しているアカウントです。

Instagramのプロフィール欄に以下のように載っています。

account run by family
[offers]
coco@funktique.com
[国内エージェント]
j.hamada@dme.dentsu.co.jp

引用元:COCOInstagramより

 

これを見ると「オファーは原宿のお店へ」ということなのでしょうか?

「国内エージェント」ではj.hamada@dme.dentsu.co.jpとあり、DMEは「電通ミュージック・アンド・エンタテインメント」のことであり、「電通ミュージック・アンド・エンタテインメント」を通じて、お仕事をしている感じなのかなと思います。

 

「電通ミュージック・アンド・エンタテインメント」ホームぺージ

DMEとは・・・

株式会社 電通ミュージック・アンド・エンタテインメント(略称:DME)は、2002年7月に株式会社 電通音楽出版と、株式会社 電通 エンタテインメント事業局音楽事業部が融合して設立されました。
アーティストとクライアントのマッチングコーディネートといった広告ビジネスと、音楽出版機能を持つ会社としての音楽/エンタテインメント・コンテンツの開発投資といった権利ビジネスとを二本の柱にしています。

引用元:電通ミュージック・アンド・エンタテインメントホームページより

以上のような事業を行っています。

 

主に音楽出版権、管理業務、CM音楽タイアップのコーディネート、音楽キャンペーンのプランニング、アーティストのイベントへの協賛事業を行っています。

音楽関係だけでなく、イベント出資やインディペンデント映画作品への出資なども行っています。

COCOさんとの関わりはどういった感じなのかはわかりませんが、お仕事の窓口となっているのかなと思われます。

 

上記の「j.hamada@dme.dentsu.co.jp」の「はまだ」はお父さんの名前なのでしょうか?(それとも担当者?)

DMEに所属なのか、ただお仕事セッティングのためなのかはわかっていません。

 

 

 




COCO(子役)の哀愁しんでれら以外の出演作は?

COCOさんがほかの作品に出演したという情報は得られていません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

COCO(@coco_pinkprincess)がシェアした投稿

COCOさんは、哀愁しんでれらに出演したのは渡部亮平監督からのオファーで実現しています。

それが初演技となっています。

結構COCOさんの演技が話題になったので、その後もいろんな作品に出演するのかなと思いましたが、そういった情報は見つかりませんでした。

COCO(子役)の演技力は?親の年収は1000万円!?全身ハイブランド小学生でヤバい!映画『哀愁しんでれら』に出ている子役のCOCOさんをご存じですか? この映画で演技をするのが初めてなんだそうです。 ですが、...

 

演技への度胸はInstagramのおかげ?

COCOさんは元々キッズインスタグラマーで有名人です。

人前でのポーズは慣れていて度胸が据わっている感じですね。

 

お芝居をやりたかったということではなかったと思いますが、渡部亮平監督の熱烈なオファーもあり、オーディションを受けたうえで映画に出演する経緯となっています。

オーディションに参加した時、「ほかの子たちはみんなめちゃめちゃうまくて、自分が何もできない」と渡部亮平監督に答えていました。

COCOさん自身、周りとのレベルの差を感じていたようです。

ですが「私はまだやったことないけど、やればできると思う」と言っていて、挑戦してみようという意思がハッキリとありました。

渡部亮平監督はそんなCOCOさんに、自分の初監督作品の想いも一緒に賭けてみることにしています。

結果、COCOさんは観た人が「憎たらしい子」と思うほど素晴らしい演技をしていましたね。

 

この度胸のあるところは、Instagramでモデルとしてカメラの前に立つことに慣れているからなのではと推測しています。

最初は子供らしい写りでしたが、今ではすっかり大人のモデル顔負けのポージングしていますからね。

 

COCOさんがお芝居をやりたい気持ちがあれば、また別の作品の演技も見てみたいなと思います。




まとめ

COCO(子役)の事務所はどこか、哀愁しんでれら以外の出演作はあるのかについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

COCOさんが事務所に所属しているかはわかりません。

また、哀愁しんでれら以外の作品に出演したかの情報もわかりませんでした。

ただ、電通ミュージック・アンド・エンタテインメントと関連はあるようです。

また、COCOさんの素晴らしい演技も見てみたい気もしますね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。