毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

オダウエダが棒読みで面白くない!吉本の出来レースにヤフコメ炎上!

THE W2021で念願の優勝を果たしたオダウエダの2人。

オダウエダは、コンビ名のとおり小田結希さんと植田紫帆さんが2014年に結成したコンビです。

結成8年目にしてTHE W2021で優勝に輝き、これからテレビで目にする機会も増えてきますね。

しかしネット上では、オダウエダのコントは棒読みで面白くないといったコメントが目立ちます。

また、オダウエダは吉本興業所属に所属していることから、吉本のごり押しではないかとまで言われています。

THE W2021での優勝はやらせとまで噂され、ヤフコメは炎上…

オダウエダのTHE W2021の優勝は、誰もが納得できる結果ではなかったようです。

 

ここでは、

・オダウエダが棒読みで面白くない!

・オダウエダは吉本の出来レース?

・オダウエダTHE Wやらせにヤフコメ炎上!

についてみていきたいと思います。

オダウエダが棒読みで面白くない!

オダウエダが面白くないと言われる理由は3つあります。

  1. 理由1:小田結希さんが棒読みで演技力がない
  2. 理由2:小田結希さんの声が特徴的で受け付けない
  3. 理由3:オダウエダのネタがマニアックで万人受けしない

理由1:小田結希さんが棒読みで演技力がない

オダウエダが面白くないと言われる理由の1つ目は、小田結希さんのセリフが棒読みで演技力があまり高くないためだと考えられます。

画像:日刊スポーツ
(左:植田紫帆/右:小田結希)

オダウエダで棒読みだと言われているのが、小田結希さんです。

小田結希さんはまるで小学生が音読しているかのようなしゃべり方、あまり抑揚もなく一本調子…という感じです。

 

コントはお笑いのネタだけでなく、お笑い芸人の演技力が大事です。

お笑い芸人が俳優としても活躍できるのは、演技力の高さがあるからです。

ネプチューンの名倉潤さん、ドランクドラゴンの塚地武雅さん、ハナコの岡部大さんは、NHKの連続ドラマに出演するほどの演技力の持ち主です。

お笑い芸人の力がある演技でコントの世界に引き込まれ、ネタを楽しむことができるのです。

 

そう考えると、小田結希さんが棒読みであまり演技力もないため、コントが面白くないと感じてしまうのも仕方がありません。

コントよりも、棒読みで一本調子なしゃべり方の方が気になってしまうようです。

ママさん
ママさん
棒読みと言われていますが、小田結希さんは普通からあのしゃべり方なのかもしれません。

理由2:小田結希さんの声が特徴的で受け付けない

オダウエダが面白くないと言われる理由の2つ目は、小田結希さんの声が特徴的で、どうしても受け付けられないためだと考えられます。

小田結希さんの声は、トーンが高くて特徴的、しゃべり方もメリハリがありません。

高い声で叫んでいると、余計に耳障りだと思ってしまう人も多いようです。

 

声に特徴があるお笑い芸人さんは多いですよね。

出川哲郎さん、安田大サーカスのクロちゃんやピンクの電話の清水よし子さんはキーンと響き渡るような声をしています。

声に特徴があるお笑い芸人さんみんなが、面白くないといわけではありません。

出川哲郎さんのように声に特徴がありながらも、ちがった面白さがあれば人気が出るものです。

画像:吉本興業
(左:小田結希/右:植田紫帆)

小田結希さんの声は特徴的というだけでなく、棒読みであることから苦手だと感じてしまう人が多いようです。

せっかくコントをしていても、声を聞くのが苦痛となればネタすら見てもらえなくなってしまいます。

もう少し早くしゃべるとか演技力を身につけるとか、特徴的な声をはねのける工夫をしてみると聞きやすくなるのかもしれません。

OLさん
OLさん
生まれ持った声は変えることができないですよね…

理由3:オダウエダのネタがマニアックで万人受けしない

オダウエダが面白くないと言われる理由の3つ目は、オダウエダのネタがマニアック過ぎると感じている人が多いためだと考えられます。

オダウエダの独特の世界観ともとれますが、それが少しマニアック過ぎるようです。

一部の人にとっては面白いネタかもしれませんが、万人には理解しがたいところがあります

 

こちらは、THE W2021の決勝戦で披露したネタ「ストーカー」です。

ストーカーというタイトルですが、結局は「ただカニが大好きなおじさん」というオチのコントです。

「断面図を見せてほしい」「カニを5万匹犠牲にして作ったキューブ」など、意味不明な展開がいくつかありました。

予想もつかない展開で、ついていけない人もいるでしょう。

 

コンビの世界観や独自のスタイルは大切ですが、理解しにくいネタであれば面白く感じることができません。

OLさん
OLさん
オダウエダのネタは、面白く感じる人とまったく理解できない人に二分されるのではないかと思われます。




オダウエダは吉本の出来レース?

オダウエダが面白くないと思う人が多いことから、オダウエダがTHE W2021で優勝できたのは吉本の「出来レース」という声があります。

つまり、吉本興業がオダウエダが優勝できるように何らかの圧力をかけたと言われているようです。


視聴者は、オダウエダの優勝はありえないと思っていたようです。

オダウエダが面白くなかったのに優勝したことから、吉本の出来レースだと言われています。

THE W2021のファイナリスト10組の所属事務所を調べてみました。

優勝オダウエダ吉本興業 東京
2位
Aマッソワタナベエンターテインメント
天才ピアニスト
吉本興業 大阪
1stステージ敗退
ヨネダ2000
吉本興業 東京
紅しょうが
吉本興業 大阪
茶々 吉本興業 東京
TEAM BANANA吉本興業 東京
女ガールズアマチュア
ヒコロヒー
松竹芸能
スパイク吉本興業 東京

 

ファイナリスト10組のうち吉本興業(東京・大阪)が7組、4分の3は吉本興業です。

吉本興業のお笑い芸人が多いため、どうしても優勝者が吉本興業になってしまう可能性は高くなってしまいます。

お笑い芸人の所属事務所としては、吉本興業は一大勢力。

一大勢力であると言って吉本興業の圧力でオダウエダが優勝したというのは、さすがに断定はできません。

 

過去のTHE W優勝者の所属事務所も調べてみました。

2017年優勝ゆりやんレトリィバァ吉本興業 大阪
2018年優勝阿佐ヶ谷姉妹ASH&Dコーポレーション
2019年優勝3時のヒロイン吉本興業 東京
2020年優勝吉住プロダクション人力舎
2021年優勝オダウエダ吉本興業 東京

 

THE Wがはじまってから6回目、優勝者が吉本興業だけにかたよっている…とも言い切れません。

ほかの所属事務所のお笑い芸人も優勝しています。

画像:THE W2021

オダウエダは、THE Wには4回出場し決勝戦は2年連続で2回目です。

オダウエダも予選から勝ち残り、2年連続でファイナリストに残れる実力はあったということです。

しかし、オダウエダのTHE W2021優勝にはどうしても疑問が残ってしまうようです。

テレビを見ていた人の中には、自分が好きなお笑い芸人や、面白かったお笑い芸人が優勝できなかったというのもあるのでしょう。

ただ単に、オダウエダがまったく面白いと思えなかったというのもあるでしょう。

そういった不満から、一大勢力である吉本興業の出来レースだと言われてしまうのかもしれません。

芸能界では過去に出来レースと言われる賞もあったことから、何かの圧力があったのでは?と考えてしまうのも分かります。

しかし、吉本興業の出来レースというのは、あくまでも憶測の域だと思われます。




オダウエダTHE Wやらせにヤフコメ炎上!

オダウエダがTHE W2021(2021年12月13日)の優勝に輝きました。

画像:日刊スポーツ

しかし、この優勝には納得できない人が多かったのか、予想とちがったのか、ヤフコメが炎上するまでになりました。

 

一番多かったのは、オダウエダが面白くないのに優勝したことが不満だというコメントでした。

視聴者は、決勝戦に進出したAマッソや天才ピアニストの方が圧倒的に面白かったようです。

THE W2021を最初から見ていた人にとっては時間を返して…と言いたくなる結果だったのでしょう。

こちらがヤフコメに投稿されたコメントの一部です。

えー!一番ありえないと思ってたけどー
今、頭の中が???ってなった。
正直、驚いています。全然面白くなかったのに、優勝? 冗談でしょ? 私の3時間を返して下さい。
ありえない。3組の中で絶対無いと思ってたペアの優勝。決まった瞬間、呆れてテレビ消したわ。この3時間を返してほしい。

 

オダウエダに票を入れた審査員に対しても怒りが爆発しています。

一部では、面白くなかったオダウエダがかわいそうだから票を入れたという「同情票」だといったコメントもありました。

審査員同士で腹の探り合い?忖度?があったのかもしれません。

オダウエダに票を入れたアンガールズの田中さん、笑い飯の哲夫さん、友近さんの3人がやり玉に挙がっています。

いやあの三組のネタなら、天才ピアニストでしょ。
オダウエダが1番おもろなかった。
審査員3人のセンス疑うわ〜
過去最低の審査。
自分の好みは抜きにして、まったくウケてないどころかスベってた。
ご褒美のテレビ一周したら消えるんやろな。
同情票が2票入った瞬間?あれ?まさか?キター!やっちまったな。最後に笑えない、、、、空気が変な感じで終わるなんて。本人達は悪くないけど、審査員だれが責任とるのかな?可哀想な結果。
審査員の小物感(特に田中や哲夫)、世間とズレれにズレまくってる感性、正直何でオダウエダが優勝したのか本当に理解に苦しむ。
真剣勝負に同情票とかやめろや。くそつまらん。

 

お笑いの審査というのは、とてもむずかしいと言われています。

M1グランプリの審査員も気が重いとぼやくほどの大役、お笑いの審査には明確な審査基準がないためです。

笑いのセンスや笑いのツボは人それぞれ、自分が面白いと思ったことも他の人にとってはまったく面白くないこともあります。

 

THE W2021の優勝は、審査員と視聴者の感性にかなりずれがあったのかもしれません。

また、テレビから伝わってくる雰囲気とTHE Wの会場の雰囲気にもちがいがあったのかもしれません。

テレビを見ている人には分からない空気感があったとしても、きちんと説明があれば納得できた人も多かったのではないでしょうか。

自分はAマッソか天才ピアニストだと思った。オダウエダは左の棒読み演技が気になってしまった…。
日テレは番宣時間を削って最後の優勝者コメント、大会総括の時間をとらないと駄目でしょ。
審査員の投票理由を知りたいです。
自分が面白いと思った芸人が優勝しなかった悔しさもありますが、票が割れていたこともありますし、総評でもいいので知りたいです。
しかしながらちょっとこれは…と疑念を持ってしまう結果でした。

決勝戦に対する審査員のコメントがなかったことが、不満を大きくさせてしまった一番の要因でしょう。

審査員1人1人のコメントが聞きたいと思ってしまうのも当然です。

どうしてオダウエダが優勝したのかについて解説してほしいということですね。

 

また、視聴者の意見や投票制度をとり入れてほしいというコメントもありました。

1stステージ敗退者からは国民投票で1組が選ばれるというシステムでした。

決勝戦でも視聴者の意見が反映される国民投票のシステムがあると、一体感もあり視聴者も納得できる結果になったのかもしれません。

ママさん
ママさん
THE W2022では、ぜひとも改善してほしいところですね。




まとめ

オダウエダが棒読みで面白くない!吉本の出来レースにヤフコメ炎上!についてみてきましたが、いかがでしたでしょか。

 

THE W2021は、オダウエダが優勝し賞金1,000万円を手にしました。

しかし、オダウエダのコントは棒読みで面白くないといったコメントが多くありました。

確かにオダウエダの小田結希さんの声は棒読みに聞こえ、ネタもオダウエダ独自の世界観があります。

面白いと思う人もいれば面白くないと思う人もいるでしょう。

THE W2021優勝をきっかけにブレイクするかもしれないオダウエダの2人。

どんな活躍をみせてくれるのか、期待しましょう。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。