毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

才賀紀左衛門のモラハラが酷い!あびる優へのDVや本当の親権は?

才賀紀左衛門さんの元嫁のあびる優さんが文春に告発文を出しました。

才賀紀左衛門さんが親権を持ち、娘のよつはちゃんを育てていますが、どうやら事情が違うようです。

ただ、才賀紀左衛門さんはモラハラだと言われていて、あびる優さんに対してDVもあったとも言われています。

実際にどうだったんでしょうか?

本当の親権はどっちだったのかもあわせてみていきます。

 

ここでは

才賀紀左衛門はモラハラが酷いのか

才賀紀左衛門のあびる優へのDVはあったのか

本当の親権はどっちなのか

についてみていきたいと思います。

 

才賀紀左衛門はモラハラしている?

才賀紀左衛門さんは事実婚している絵莉さんや、元嫁のあびる優さんに対してモラハラがあったとされています。

モラハラと言われることとは

才賀紀左衛門さんがしたと言われているモラハラは次の通りです。

絵莉さんに対して

  • 体調不良なのにきつく当たる(逆ギレする)
  • 絵莉さんが自分の方を向いていないと別れを切り出す
  • つわりの苦しさを理解しない
  • 言葉で追い詰める

この時は、絵莉さんの妊娠が判明する前でしたが、体調がすぐれない絵莉さんに仕事を頼みたかった才賀紀左衛門さんは、「体調悪いから無理」という絵莉さんに対してムカついて

「お前なんやねん!もう知らんわ」

「お前なんやねん!もう好きしろや」

と言っています。

普通は体調悪いと言ったら「大丈夫か?」と聞くと思いますが、自分の方を向いてくれないと拗ねてしまうようですね。

絵莉さんはブログの読者から「モラハラなんじゃないのか?」とのコメントを受け、「モラハラではなくて自己中なだけ」とブログで綴っています。

モラハラは一切ないと否定しています。

 

あびる優さんに対して

  • 「お前は俺のATMなんだからしっかり働け」と言う
  • スマホでアザの写真を撮っても、捨てたり水没させたりする

この事が本当なら、ひどいモラハラですね。

あびる優さんのことが大好きで、「優ちゃん、可愛い」とテレビで話していたのを見たことがあったので、こんなことをされていたのかと思うと信じられないですね。

上記はあびる優さんからの告発で明らかになった内容です。

本当のところはわかりませんが、才賀紀左衛門さんは自分をかまってほしい人なのかなという印象ですね。

絵莉さんにお子さんが生まれたら大丈夫でしょうか?




才賀紀左衛門のあびる優へのDVはあったのか

才賀紀左衛門さんからDVがあったと、あびる優さん本人が話しています。

そのDVの内容は以下の通りです。

  • 結婚1ヵ月後からDVが始まる
  • 突き飛ばす
  • 水をかける
  • 子供の前でも蹴る

(これらの行為は臨月時にもあり)

これらの内容も事実なら、あのラブラブだった才賀紀左衛門さんからは想像がつきません。

あびる優さんは交番に駆け込み、被害届を出すように勧められましたが、公になることを考えて出せずにいたようです。

 

ただ、事実婚をしている絵莉さんに対する発言などを見ると、そういったことがあったのかもしれないとも思えます。




親権はあびる優が持っていた?

娘のよつはちゃんの親権は実はあびる優さん側にあります。

才賀紀左衛門さんとあびる優さんは2019年12月に離婚が成立しています。

離婚の段階では親権の話し合いは出来なかったようで、以前から離婚したかったあびる優さんは離婚報道が出たタイミングで先に離婚をして、のちに親権者変更と引渡しを申し立てることにしたといいます。

その後2020年1月に親権者変更と引渡しを求める調停を起こします。

その間、何度もよつはちゃんに会いに行っていて、よつはちゃんも「ママに会いたい」と泣いていたそうです。

あびる優さんは2020年8月引き渡しを求める調停を申し立てます。

そして2021年2月には、よつはちゃんの親権をあびる優さんに変更して引き渡すことを東京家裁は命じています。

才賀紀左衛門さんはそれを受けすぐに抗告しますが、2021年4月に東京高裁は抗告を棄却します。

その後引渡しの合意書も締結されますが、才賀紀左衛門さんは引渡しを拒否しています。

ということで、現段階(2022年7月時点)ではあびる優さんに親権があるのです。

詳しくは文春オンラインをご覧ください。

 




才賀紀左衛門が娘に刷り込みをした?

よつはちゃんは短い期間にあびる優さんに対する態度が変わっていて、才賀紀左衛門さんによって刷り込みがされたと言われています。

 

あびる優さんのことを「ママ」と言っていたよつはちゃんが、いつの間にか呼び方は「優ちゃん」と変わり、「ママに捨てられた」と言うようになります。

しまいには家裁の調査官に対してあびる優さんのことを、「ママじゃないから。優ちゃん。人間でもないし。動物だよ」と言っていたようです。

小さい子がママのことをこんな風に言うでしょうか?

実の娘にこんな風に言われたら悲しすぎますよね。

 

才賀紀左衛門さんがよつはちゃんを離さないのはブログの為だといいます。

才賀紀左衛門さんの収入はブログが主になっているからです。

詳しくは週刊文春オンラインをご覧ください。

 




まとめ

あびる優さんに対する才賀紀左衛門さんのモラハラやDV、本当の親権についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

文春への告発で、あびる優さんへのモラハラ・DVが浮き彫りとなった才賀紀左衛門さんですが、実際にそうだったとすればなかなか酷いなと思います。

またよつはちゃんの親権も実はあびる優さん側が持っていたということで、引き渡しが出来ない理由に、よつはちゃんに刷り込みがされていたことがあるようです。

これも事実なら実の母親としてはとても辛いことですよね。

今後、どうなっていくのかは進展を見守っていきたいと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。