毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

オプラウィンフリーのギャラはいくら?メーガン妃インタビューでは7億円!?

メーガン妃のインタビューをしたオプラ・ウインフリーさんはテレビ司会者であり、プロデューサーであり、俳優、慈善家でもあります。

オプラ・ウインフリーさんはテレビトーク番組で人気を得て、アメリカでの知名度や影響力の高い人です。

そんなオプラ・ウインフリーさんのギャラや、年収が気になりませんか?

メーガン妃へのインタビューでも相当もらっているようです。

 

ここでは

オプラ・ウインフリーのギャラや年収はいくら?

メーガン妃インタビューでいくら稼いだ?

オプラ・ウインフリーとはどんな人?

についてみていきたいと思います。

 

オプラ・ウインフリーのギャラや年収はいくら?

オプラ・ウィンフリーさんの年収は約40億円です。ギャラは多い時で1億9千万円でした。

2020年の『世界で最も高給取りの有名人ランキング』でオプラ・ウィンフリーさんは91位にランクインしています。

3700万$で日本円にして約40億円です。

 

ちなみに大阪ナオミさんも90位で同じくらいです。

1位はカイリー・ジェンナー(ファッションモデル・女優)で5億9000ドル、日本円にして約600億円!!

2010年の「ザ・オプラ・ウィンフリー・ショー」におけるオプラ・ウィンフリーギャラは年間3億1500万ドル(約340億円)でした。

ザ・オプラ・ウィンフリー・ショーは1986年に始まったトーク番組で司会をオプラ・ウィンフリーさんが務め、2011年まで続きました。

 

約25年間での放送回数が4,561回。

1年に約180回放送されています。

ギャラの多かった2010年の1回あたりのギャラは、なんと1億9千万円!!!

1回ですよ!

びっくりしますよね。

 

2010年頃が年収のピークのようですね。

340億円て、なんだかわけのわからない数字です。

 

『オプラ・ウィンフリー・ショー』の2007年の1年間の報酬は2億6000万ドル(約200億円)で、アメリカテレビ界随一の高給取りであるとウイキペディアに書かれています。

毎年年度第1回目の放送では番組の会場に来た観客に豪華なプレゼントを渡していたそうです。

その中身は、観客全員に新車現金オーストラリア旅行などです。

やることも太っ腹ですね。

 

2001年には高級住宅街のカリフォルニア州モンテシートに5000万ドルの豪邸を購入しています。(下の写真)

スプラッシュニュース/ニュースコム

約束の地、モンテシト、カリフォルニア州。

オーナー:オプラ・ウィンフリー,27億ドル相当

購入価格:2001年5000万ドル

メディアクイーンの23,000平方フィートのグルジアスタイルのマンスは40エーカー以上に位置し、茶室、600以上のバラの茂み、高級なアウトハウスを誇っています。

引用元:Forbesより

 

それだけ稼いでたら豪邸も買えちゃいますね!

 

慈善家でもあるので、これまでに250億円もの寄付をしているといわれています。

2007年にはアフリカに小学校を設立。

2008年には2億円の寄付をしています。

 




メーガン妃インタビューでいくら稼いだ?

CBSからプラ・ウインフリーさんの運営する制作会社に約7億6000万円から約9億8000万円支払われたといわれます。

 

英メーガン妃とヘンリー王子にオプラ・ウィンフリーさんがインタビューしたTV番組は、配信サービス全盛の米国でも1700万人以上が視聴しました。

インタビューの冒頭でオプラは、ヘンリーとメーガンに対するどんな質問もタブーはない約束で、2人に対して出演料は支払われないと述べた。

オプラはメーガンに対して、「私がどんな質問をするかはお伝えしていないし、聞いてはいけない質問もない。あなた方に報酬も支払われないということで合意していますよね」と語りかけ、メーガンは「そのとおりです」と答えた。

引用元:News week日本版より

CBSからプラ・ウインフリーさんの運営する制作会社に約7億6000万円から約9億8000万円支払われたそうです。

CBSは放送の合間に流れるCM広告料を普段の倍に設定し、映像の権利利益を買収していて、海外での放映権も含まれているだろうから、これくらい高騰したのだろうといわれています。

メーガン妃とヘンリー王子はいっさいギャラを受け取っていないとのことで、オプラ・ウィンフリーさんは丸儲け?だったんでしょうか。




オプラ・ウインフリーとはどんな人?

オプラ・ウインフリーさんがどんな人か気になりますね。

プロフィールをみてみましょう。

オプラ・ゲイル・ウィンフリー 

本名 オーパ・ゲイル・ウィンフリー(PとRを間違われて「オプラ」と呼ばれていたことから、オプラの芸名になった)

1954年1月29日 アメリカ ミシシッピ州

テレビ司会者 番組プロデューサー 実業家 慈善家

 

オプラ・ウインフリーさんは未婚の若いカップルの間に生まれ、親族や知り合いから虐待を受けていました。

9歳からいとこの友人とされる19歳の子に性的虐待を3年間も受け、14歳で妊娠して出産しています。生まれた子は、11週間後に亡くなっています。

高校生ごろからラジオ局で働き、19歳でテレビ局に就職、21歳には夜のニュース番組のキャスターに採用されます。

ニュース原稿を読み上げたときに、感情移入して泣いてしまったり、ニュースの向き合う姿勢とアドリブが話題を呼びます。

その後、朝のニュース番組、昼のトーク番組に抜擢、1984年に『AM Chicago』というトークショーを担当し、85年に番組名は『オプラ・ウィンフリー・ショー』へと変更されました。

『オプラ・ウィンフリー・ショー』はスピリチュアルな話題など幅広いテーマを取り上げて、たくさんの視聴者から支持を得ています。

1986年には番組制作会社「ハーポ」を設立し、ハーポ傘下でケーブルチャンネル局の「OWN(オプラ・ウィンフリー・ネットワーク)」を開局し、2018年にはアップルとコンテンツ制作に関する契約を結んでいます。

 

1998年に慈善団体「エンジェル・ネットワーク」を設立して、女性の地位向上・子供の教育機会を与えるために55の学校を建設しました。

女優としても活躍し、数多くのノミネートや受賞を果たしています。

 

幼い頃の壮絶な経験から、子供のためや女性のために活動をしています。

そんなオプラ・ウィンフリーさんを支持する人も多く、彼女が番組内で売れた本がベストセラーになったり、視聴者から慈善団体にたくさんの寄付が集まったりしていました。

過去に辛い思いをしてきたからこそ、人の痛みがわかり、人のために動くことが出来るんでしょうね。

 




まとめ

メーガン妃にインタビューをしたオプラ・ウィンフリーさんについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

オプラ・ウィンフリーさんの稼ぎは日本とは桁違いすぎて、想像もつかない資産を持っています。

今でも純資産は役300億円です。

すごいを通り越しています。

その資産を無駄にせず、子供たちの学校を建てるために使ったり、人のために行動が出来てすばらしいなと思いました。

なので、オプラ・ウィンフリーさんを支持する人が多いのも納得ですね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。