毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
世の中

番組の卒業コーナー必要?内輪だけの盛り上がりにやりすぎの声!

番組改編の時期が来ました。

この時期になると番組が新しく変わったり、MCなどの交代もありますね。

特に今期はフジテレビでは「めざましテレビ」「とくダネ!」日本テレビでは「ZIP!」「スッキリ」、TBSは「グッとラック!」など、MC交替になる番組、終了する番組があります。

長年続いた番組が終了したり、人気のあったMCが番組を卒業するのは、その番組を見続けたファンにとっては感慨深いものがあるでしょう。

名残惜しい気持ちになりますね。

番組の入れ替わりの期間満了が近づくと卒業コーナーを番組が設けたりします。

過去の映像などを見て懐かしんだり、MCへのサプライズ企画などしたりしますよね。

私はスッキリを見ていたんですが、水卜麻美アナと近藤春菜さんが辞める最終週は、毎日いろんな方からの2人へのコメントが流れたり、2人への企画などあったりしました。

2人のことは嫌いではないのですが、毎日2人への卒業コーナーがあることに、何となく違和感?を感じていました。

こんなに番組で尺をとる必要があるのかな?という疑問も浮かびました。

番組内のメンバーが仲が良いのはわかりますが、内輪だけでの盛り上がりにしか感じられません。

 

ここでは

番組の卒業コーナー必要?

内輪だけの盛り上がりにやりすぎの声!

番組入れ替わりはシンプルでいいのでは?

についてみていきたいと思います。

 

番組の卒業コーナー必要?

そもそも番組の入れ替わり、交替は(特にアナウンサーの場合)ただの人事異動ですよね。

これを「卒業」と言うのかな?と思います。

そしてお祝い?コメントも「卒業おめでとうございます」って、なんか変な感じが。。。

期間満了がおめでとうなの??

って、番組見ながら違和感を感じてました。

こういう企画が定番化してきてるのにはテレビ局側の理由がいくつかあるようです。

 

  • 番組のファンへのサービス
  • 番組の温かみをイメージづける

 

番組ファンへのサービス

番組にはずっと見てくれている視聴者であるファンがいますよね。

その人たちは番組に対しての思い入れがあるし、出演者にも愛着があります。

その出演者を感動的に見送りたいという心理があるようです。

 

「感動や涙などのドラマチックなシーンを作れる」

「番組と出演者のファンサービスになる」

となるんだそう。

もちろん見送りたい気持ちはありますが、毎日やる必要があるのか??

このような感動や涙のシーンは番組のファンを大きく喜ばせる一方で、その他の人々から、「大げさ」「やりすぎでは?」などと思われるなど視聴者の温度差を生みやすい構成・演出。

引用元:オトナンサーより

確かに温度差は生まれるでしょう。

喜ぶファンもいれば、こんなに大げさにやらなくてもと思う人もいます。

番組の温かみをイメージづける

ほかに卒業コーナーを放送することで「温かい番組」「チームワークがいい」「ファミリーの結束が強い」などの好イメージを視聴者に与えられるそうです。

確かに仲がいい雰囲気は伝わってはきますけどね。

「番組を離れる個人のために多くの出演者とスタッフが結束して、時間と労力をかけた企画を用意する」という過程も「本人がそれに感動し、心から感謝する」という図式も古くから、「日本人の琴線に触れる」と言われ続けてきた定番。特にコロナ禍の重苦しいムードに覆われた現在は通常時以上に人の温かさや仲の良さなどが求められている時期だけに、番組卒業コーナーは効果的なのです。

引用元:オトナンサーより

見ていて「この人卒業するんだ。悲しいなぁ・・・。番組の出演者、仲良かったんだね」とは思いましたが、演出が大きすぎると「ん??」てなります。

 

 




内輪だけの盛り上がりにやりすぎの声!

長く番組をやっていると出演者同士仲良くもなるので、番組以外でも交流はあるでしょう。

そういった場面が少しは見えてもいいんですが、あまりにそれが前面に出されると内輪だけで盛り上がってんじゃないの?と思えます。

「スッキリ」ではいろんな企画(旅行・ライブなど)をやってましたが、本人たちは楽しいかもしれませんが、こんなにいろんな企画をやる必要がある?と疑問が出ます。

実際にライブなんかでは、いろんなアーティストの方たちと親交があったとは思いますが、ここまでこれでもかこれでもか!とサプライズのオンパレードに「正直もうお腹いっぱいです。」となりました。

サプライズは本人たちも嬉しかったでしょうし、やる側も満足感があるとは思いますが、見ている視聴者的には内輪の盛り上がりは公共の電波を使わず別でやったら?と思っちゃいます。

この傾向は日本テレビに強い感じですね。




番組入れ替わりはシンプルでいいのでは?

昔は番組の入れ替わりは、最終日に「お疲れさまでした~」と言われ「最後に一言」みたいな感じであいさつをして終わりという感じでした。

そこに花束があったりとか。

私はその程度でいいと思うんですが、最近の「卒業コーナー」の派手さは何なんでしょうと思いますね。

最初にも言いましたが

「卒業おめでとうございます。」

というフレーズおかしくないですか?

“おめでとう”って、何かの修了課程ですか?

ただの交代ですよね?

 

特に局アナだったら、ただの“人事異動”にそこまでの演出が要りますか?

タレントじゃないので、最終日に「お疲れさまでした」と花束贈呈くらいを、最後の10分くらいでいいんじゃないでしょうか?

 

この先もこういった企画をやりすぎるとテレビから離れる人がますます増えそうです。




まとめ

番組での卒業コーナーについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

卒業コーナーを見ていて、「自分だけが思っているのかな?」と思っていましたが、同じように感じていた人もたくさんいました。

あまりに番組の中だけで盛り上がっていると、視聴者は“冷める”感じがします。

好きな番組でもやりすぎは番組離れやテレビ離れにつながると思います。

そういった視聴者の声があるということをテレビ局は受け止めてほしいと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。