毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
世の中

Twitterサークルとは何なの?やり方はどうする?SNSでの声は?

「Twitterサークル」がテスト開始するとのことですが、「いったい何??」と思った人が多いですよね?

どんな機能があって何のためにあるのか知りたいですよね。

あると便利になったりするんでしょうか?

やり方もどういう風なのか調べてみました。

 

ここでは

Twitterサークルとは何なのか

Twitterサークルのやり方はどうするの

についてみていきたいと思います。

 

Twitterサークルとはいったい何?

Twitterサークルは

限られたユーザーツイートを送信したり、小さなグループで意見を共有したりするための機能です。

Twitterサークルのメンバーは作成者が選びます。

Twitterサークルで共有されたツイートには、そこに追加されたユーザーだけが返信したり、反応を示したりすることができます。

引用元:Twitterヘルプセンターより

普通のツイートは誰にでも見られる「全員に公開」するものですが、Twitterサークルとは小さなグループの中でのツイートという感じのようですね。

いわゆるインスタの親しい友達機能なイメージでしょうか?

 

まだ「テスト段階」とのことです。

Twitterサークルの決まり事

Twitterサークルには色々決まりごとがあるようです。

導入段階の為使える人は限られているようです。

  • 作成できるのは全世界の限られた数のユーザーのみ
  • 作成者は参加するメンバーを選べれる(最大150人)
  • フォローしていないすべてのアカウントから追加できる
  • サークルは1アカウントにつき、1つのみ
  • サークルのメンバーは作成者のみが確認できる(ほかのメンバーはサークルメンバーを見られない)
  • 作成者はツイートの表示を全員かサークルか選べる(Twitterサークルorフォロワー)
  • Twitterサークルのメンバーは自分でサークルから削除(退出)は出来ない(参加したくない会話はミュートする)
  • 作成者がアカウントを停止した場合、Twitterサークルのツイートは表示されなくなる

詳しくはTwitterヘルプセンター

 

非公開とは違う

非公開・・・・アカウントのフォロワーだけがツイートを見られる

Twitterサークル・・・・サークルかフォロワーか選んでツイート(どちらかが見られる)

 




Twitterサークルのやり方は?

Twitterサークルのやり方手順です。

  1. メインメニューから [ツイートする] を選んでツイート作成画面を開く
  2. [全員] を選ぶと、ツイート作成画面内に [オーディエンスを選択] メニューが表示される
  3. [Twitterサークル] オプションの隣にある [編集] をタップ
  4. [Twitterサークルを編集] の検索機能を使用して、サークルに追加するメンバーを検索して選択するか、おすすめリストに表示されたユーザーを選択。ユーザー名の隣に表示される [追加] または [削除] をタップ
  5. [完了] をタップし、ツイートを作成する。
  6. 完成したら [ツイートする] をタップ。ここで作成したツイートは、あなたのTwitterサークルのメンバーだけが見たり、返信したりすることができる。

Twitterサークルのメンバーの設定・追加・削除

上記手順の③~④の時の「編集ボタン」で行います。

共有方法

  1. ツイート作成画面を開いたら [全員] を選び、[オーディエンスを選択] メニューを表示する。
  2. オーディエンスに [Twitterサークル] を選んでから、ツイートを作成して共有する。

よく見たら自分のアカウントにもTwitterサークル機能が付いててびっくり!!Σ(゚д゚;)

いつの間に…

使う時あるんかな??




TwitterサークルへのSNSでの声は?

Twitterサークルに対する声を集めました。

さまざまな意見がありますが、その他大勢に聞かれたくない会話や、うちわで盛り上がりたいとかそんな時に使えるんでしょうか?

ただ、サークルのメンバーに勝手に入れられたり、仲間から外されたりの問題がないともいえない気もします。

皆さんはどう感じたでしょうか?




まとめ

Twitterサークルとは何で、やり方はどうするのかについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

Twitterサークルは作成者が選んだ小さなコミュニティでの情報の共有のようですね。

選ばれた人は自分から退出することは出来ず、参加したくない会話はミュートするというのが不便な感じもします。

どこまでこのTwitterサークルが需要があり活用されるのかは、まだ試験段階なので参加したユーザーの声を待つしかないですね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。