毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

江口のりこが不機嫌で無愛想?ドラマに出すぎで存在感ありすぎる!

江口のりこさん、最近ドラマなどによく出られてますね。

私は「その女、ジルバ」を観ていて、江口のりこさんの役どころに目を惹くものがあるのですが…

バラエティに出てもあまり笑わない印象の江口のりこさん。

そんな江口のりこさんに対して「不機嫌」「無愛想」「テレビに出すぎ」との声も聞かれます。

 

江口のりこさんに対する声をまとめて、なぜそう言われるのか検証していきたいと思います。

 

ここでは

江口のりこが不機嫌で無愛想と言われるのはなぜ?

江口のりこがドラマに出すぎで存在感ありすぎる!

江口のりこファン急増中!

についてみていきます。

 

不機嫌で無愛想と言われるのはなぜ?

江口のりこさんは確かに笑わない印象がありますね。バラエティで不機嫌な顔をしていたことが原因のようです。

その時の声をみていきましょう。

 

これは年の初めのドレミファドンに番組対抗で出た時のことですね。
こういうノリの番組でも江口のりこさんは「我が道を行く」って感じで、自分のスタイルを崩さないですね。

観る人によっては楽しい番組なのに不愉快に思う人がいてもおかしくありません。

表情によっては怖く見えちゃうかもしれませんね。

 

また、2020年11月に出演した「スッキリ」にも批判の声が…

江口は登場からうつむいたままで、拍手が起きる中でも一切笑顔はなし。

「生放送、初めてなんで。いやですね。だって、なんか、うーん…ちょっと困ってます」と、戸惑う様子を浮かべる。

トーク場面でも、出演中のドラマ共演者に「明るく接することは?」と聞く加藤に対し、江口は「無理です」「する気もないです」と全くにべもない返事。

共演者とのBBQに憧れているというが、「人とやる方が楽しいけど、気を遣うじゃないですか? それが苦手。人がいるならやめとこうかなと…」など結局断ってしまうというエピソードも明かしていった。

おおよそ庇いようのない酷い態度に、ネット上には《なんで大物っぽく喋ってんの?》《こんなヤル気無いならテレビ出るなよ》《生放送には向いてないな》など、批判的な声がまいじつが報じた。

引用元:gooより

生放送だし、慣れないと大変ですよね!

その中でも「共演者とのBBQに憧れている」には笑えますね。

本当は参加したいけど、めんどくさいになっちゃうんでしょうね。

わかる気もします。

 

素の部分は見せないで欲しいとの意見も…

  • スッキリ見た時最初の感じがめっちゃ悪くて軽く放送事故レベルだった。
    慣れてなくて緊張してるって言ってたけど途中自分が弄られてることにほんとにムッとしてるのがすごくわかった。
    もうあんなん見たくないから女優としてだけ出てほしい。
  • 冗談通じない感じですよね。
    かなり前にケータイ大喜利にゲストで出ているのを見たけど、[どこが面白いんですか?]みたいな事を真顔で言ってて、場が凍りついて放送事故みたいだった。
    バラエティは絶対にでない方がいいと思う

  • 好きだけど、あんまりプライベートとかは見せない方が良いですよね
    何かで見た時、めっちゃ性格が悪くてびっくりしました
    役者さんとしては大好きなので、バッシング受けるの見たくない

江口のりこさんの良さは役者の部分で発揮されるので、バラエティには出て欲しくないと思う人もいます。

バラエティ向きではないのかもしれませんね。

 




江口のりこがドラマに出すぎで存在感ありすぎる!

江口のりこさんは、ここ最近ずっとドラマに出ていますよね。

それに対しても「出すぎ」との声もあります。

 

2020年の夏の「半沢直樹」からずっとテレビドラマが続いています。

  • キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木(2020年9月11日 – 10月16日、TBS) – 木村ともこ 役
  • #リモラブ 〜普通の恋は邪道〜(2020年10月14日 – 12月23日、日本テレビ) – 富近ゆり 役
  • その女、ジルバ(2021年1月9日 – 、フジテレビ) – 浜田スミレ
  • 俺の家の話(2021年1月22日 – 、TBS) – 長田舞 役

 

2021年の冬期は「その女、ジルバ」と「俺の家の話」が被っていて大忙しですね。

 

どちらのドラマにも江口のりこさんの存在感があり、江口のりこワールドに引き込まれていく人が増えています。

  • 「その女、ジルバ」の江口のりこは元ヤンキーあがりで努力で正社員かつ工場のリーダーになった苦労人という役だが、リストラ宣告され夜の工場で一人号泣するシーンに心を持っていかれた。泣きの演技だけではなく、それまでの細かい演技の積み上げにより人物像を作りあげた過程に役者としての底力を感じた。
  • 無表情なのに感情が見える、とても素敵な方。
    俺の家の話でもとてもいい。
  • 江口のりこさんって、格別に美人ってわけでも愛嬌があるわけでもないけど、すごく魅力的な女優さんだと思う。
    誰にも真似できない、唯一無二の存在って感じ。

  • 江口さん、今までで一番合っている役ではないでしょうか?ここ2、3回は江口さんのエピソード目当てで見ています。
    『記憶』『変身』と共に楽しみにしているドラマ!
  • 江口のりこ相変わらずうまいけど損な役回りかなと思っていたら、奥行きも感じさせるシーンも出てきて一気に応援したくなる役に。そういうところもリアルなんだよね。

ドラマに立て続けに出てはいますが、観るとその役柄や江口のりこさんの演技にみなさん引き込まれます。

派手な役じゃなくても、なんか気になるんですよね。その役の人物が。

それは江口のりこさんの役者のキャリアもあるんでしょうね。

1999年に劇団東京乾電池の研究性になり、2000年に入団してずっと役者をされています。

地道にやってきた実力派の女優さんですね。

出すぎ?かもしれませんが、なぜか心にすっと入ってくるような、忘れられない役者さんだと思います。




江口のりこファン急増中!

メディアへの露出が増えると“アンチ”が増えるのですが、江口のりこさんもそうかと思いきや意外と?江口のりこさんに好意的な人が多いのです。

 

  • 女優さんで開花してよかったね
    めったに笑わないから、たまに笑うととてもきれい
  • 江口さん本当いい役者さんだよね
  • この人の演技本当に好き。
    娘も大好きでこの人出てるだけで主役扱い級に喜んで見てる。
    安定感あるし、演技にクセもなく、どのタイプの役にもハマる。
    この人が高齢になってからの演技も今から楽しみ。
  • コウノドリのケースワーカーさん役、好きだった。本当にいそうで。
  • リモラブでもいい演技してるね。
    主人公が唯一弱音を吐ける人だし、江口さんが出てくれると安心できる。
  • 唯一無二の女優さんだと思います!
    良い意味で個性がない、役に完全になってしまう、すごい女優さんだと思います。
    ダウンタウンの番組で拝見したプライベートは、毒舌でおしゃべりでめちゃめちゃ面白い女性で、ますますファンになりました!

唯一無二という言葉がピッタリですよね。

誰にも真似できない、江口のりこさんだけの「役」があるんだと思います。

 

いろんな役をやる上で意識していることは?と聞かれ、

なるべく人の言うことを聞こうというくらい。気持ちよく仕事をしたいので、監督がこうしてほしいと言うならばそうします。作品は自分一人で作ってるわけではない。人の意見をとり入れた方が私は演技が豊かになる気がするので、自分の考えだけでやるのではなく周りの声を取り込みますね」

と江口のりこさんは答えています。

出演する作品も、オファーが来てスケジュールが合えばやるというスタンスだそうです。

オファーが来て「今回はこれなんだ」と思うそうです(笑)

江口のりこさんらしい“ひょうひょうとした”感じですね。

それが江口のりこさんの魅力なのかもしれませんね。

 




まとめ

ブレイクしている江口のりこさんについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

見た感じのまま飾らない江口のりこさん。

素ではあまり喜怒哀楽を見せないので、無愛想だとか不機嫌な感じと思われがちですが、そこが江口のりこさんの魅力でもあるのかなと思います。

どんなタイプの役にもハマることができる江口のりこさんは、これからも多種多様な役を演じていって欲しいなと思います。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

 

『その女、ジルバ』の関連記事はこちら↓