毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

仲野太賀の好きなタイプは?恋愛観や歴代彼女から検証!

若手俳優で実力のある仲野大河さん。

ドラマや映画に引っ張りだこで人気もありますね。

仲野太賀さんが好きな人も多いと思います。

仲野太賀さんはマメだと聞くので、女性からもモテるんじゃないでしょうか。

損な仲野太賀さんの好きなタイプはどんな人なのか気になりますよね!

恋愛観や歴代彼女から検証してみようと思います。

 

ここでは、

仲野太賀の好きなタイプは?

仲野太賀の恋愛観

仲野太賀の歴代彼女

についてみていきたいと思います。

 

仲野太賀の好きなタイプは?

たたずまいが凛としていて、地に足がついている人。

ちゃんと自分のことを知っている人」と、語っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mǽstər(@taiga_nakano_jpn)がシェアした投稿

仲野太賀さんの憧れの人に有村架純さんがいます。

有村架純さんに関しては、好きすぎて一度恋人役のオファーを断っています。

そのことを『しゃべくり007』で菅田将暉さんに有村架純さん本人の前で暴露されて、大慌ての場面がありました。

有村架純が好きという男性は多いと思いますが、仲野太賀さんはガチのようです。

好きなタイプは有村架純さんのような女性なんでしょう。

たたずまいが凛としていて、地に足がついている人。それから、ちゃんと自分のことを知っている人が好きですね。

引用元:シネマトゥデイより

 

仲野太賀くんの好みのタイプは自分をしっかり持った女性のようですね。

派手じゃないけど日本の女性らしい芯のある人が好きなんですね。

なんだか古風な感じがします。

「子どもの頃から勉強ができなくて、クラスでも騒がしい方だったので、自分とは真逆のおとなしくて知的な女の子に引かれていました。ビジュアル的には、海とか森とか田舎とか自然が似合うナチュラルな感じが好きかな」

引用元:エンタメOVOより

自分とは真逆のおとなしい人に惹かれるそうです。

また、自分が仕事の優先順位が高いので、相手もそういう人であってほしくて、お互いを高めあえる関係がいいと話しています。

 




仲野太賀の恋愛観は?

仕事と彼女とどちらの時間もバランスよく幸せに過ごしたいようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mǽstər(@taiga_nakano_jpn)がシェアした投稿


恋愛をするとどうなるタイプか?の質問に

仕事もやって、彼女と過ごす時間もとって、バランスよく常に幸せって感じですね。

とこたえています。

 

先ほども述べましたが、彼女には自分と同じように仕事も頑張って、お互いに高めあっていける関係がいいと言っていますね。

常にべったりしているわけではなく、仕事の時間も大切に、彼女の時間も大切にしたいようですね。

仕事も彼女も大事にする仲野太賀さん素敵ですね!




仲野太賀の歴代彼女

仲野太賀さんの歴代彼女は3人の名前が挙がっています。

二階堂ふみ

二階堂ふみさんは噂は出まいたが、実際にはお付き合いはなかったようです。

2014年6月の「A-studio」で、二階堂ふみさんが「たいちゃん」と親しく呼んだので、「付き合ってるんじゃないの?」と噂になりました。

ですが、噂だけだったようで、その後次に出てくる門脇麦さんとお付き合いをしています。

 

門脇麦

2013年の大河ドラマ「八重の桜」で初共演。

その後、2015年1月公開の映画「アゲイン28年目の甲子園」で再び共演し、交際に発展。

2017年にも一緒にいるところを目撃されています。

 

森川葵

森川葵さんとは交際が続いてて結婚秒読みと言われています。

2019年の12月にフライデーに撮られてから、交際は続いているようです。

2019年の秋に森川葵さんが高橋一生さんと破局して、仲野太賀さんが傷心の森川葵さんを励ますうちに親密になったそうです。

 

 

歴代彼女3人とも、仲野太賀さんがいう「ちゃんと自分を知っている」女性というのが共通な感じです。

外見はそこまで派手ではなく、中身の“芯のしっかりした女性”というのが共通点のように思います。




まとめ

仲野太賀さんについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

仲野太賀さんは男女問わずモテモテで、彼女の存在は常にあったようです。

誰とでも仲良くなれるそうで、人としても魅力がある人なんですね。

仲野太賀さんのようなクラスの中心にいる明るい人は、同じく目立つ明るい人が好きに見えますが、意外と地味な子が好きというのも好感が持てます。

結婚秒読みとされる森川葵さんとの今後も気になりますね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。