毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

崎山蒼志は歌下手なのか?声が独特でキャラもキョーレツ!

崎山蒼志(さきやま そうし)くんは今注目されているシンガーソングライターです。

“くん”と呼ぶのは18歳の高校生だからです。

2018年に、『バラエティ開拓バラエティ 日村がゆく』(AbemaTV)での企画「高校生フォークソングGP」で第3回グランプリを獲得します。

その後『日村がゆく』での映像がSNSで拡散、著名なミュージシャンが賞賛のコメントを寄せた事を機に注目され、知られるようになります。

 

崎山蒼志くんはシンガーソングライターですが、独特な世界観のある歌詞や曲、それに加えて見た目のインパクトがあって、一度見たり聴いたりしたら忘れられないと思います。

 

崎山蒼志くんは歌を聴くと

「あ、あれ?歌、下手・・・?」「声が不安定?」

と思いますし、キャラもなんだかクスッとしたくなる素朴さがあります。

 

そこで

崎山蒼志は歌下手なのか?声が不安定?

崎山蒼志はキャラもキョーレツ!

崎山蒼志のwikiプロフィール

としてみていきたいと思います。

 

 

崎山蒼志は歌下手なのか?声が不安定?

上手い下手ではかれない崎山蒼志くんの音楽のレベルがあります!

崎山蒼志くんは上手い下手の域を超えていて、決して下手ではないのです。

 

崎山蒼志くんの歌を聴くと歌下手なのか?と思っちゃいます。

正直音が安定してなくて、揺らいでる感はありますよね。

ですが、上手い下手ではかれない崎山蒼志くんの音楽のレベルがあるのです!

 

そして独特な歌声にはこんな声があります。

声の震え、抑揚、叫び、巻き舌、わざとすぼますように歌うその出来上がった歌唱法は、あたかも日本語詞を届けるために何十年もかけて開発されたようで…その歌い方を15歳の男の子がもう身につけている。

 

 

聴く人によっては「下手」と聞こえるかもしれませんが、誰かのマネではない崎山蒼志くんのオリジナルな歌声なのです。

だから著名なミュージシャンから絶賛され、彼のファンになる人が多いんですね。

スガシカオさんやくるりの岸田繁さん、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんなどの著名人が絶賛しています。

 

くわえて、崎山蒼志くんのギターすごいです!

素人の私でもこの人のギターはすごくてうまいと思います。

早弾きなのにしっかりした音で聴く人を魅了します。

初めて聴く人の心を一瞬で惹きつけますね。

 




崎山蒼志はキャラもキョーレツ!

崎山蒼志くんが最初に知られたのは『バラエティ開拓バラエティ 日村がゆく』(AbemaTV)での企画「高校生フォークソングGP」で第3回グランプリを獲得し、その後映像がSNSで拡散されたことによります。

 

その時の映像がこちら↓

 

見た目で判断したらいけませんが、そんなかっこよくギターを弾いたり、作詞作曲するようには見えません。

 

「え~!こんな子が?」と一瞬びっくりしましたが、ギターを弾く姿はめちゃめちゃかっこいいです!

SNSを中心に話題となり、スガシカオさんやくるりの岸田繁さん、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんなどの著名人が絶賛し、一晩でTwitterフォロワー数が5,000人増えるなど反響を呼んでいます。

2019年は『フジロックフェスティバル ’19』などのフェスにも出演しています。

 

こんな素晴らしい崎山蒼志くんですが、素朴な見た目がなんとも愛されキャラな感じです。

 

『日村がゆく』に出たとき(中3)は自転車に乗れないという悩みが・・・(笑)

しかし翌年のフェスで自転車に乗れるようになったと報告。

去年のフェスで見た時、崎山くん「‥自転車乗れるようになりました…」客「ウォオオオ!!!!!!!!!おめでとー!!!(指笛)」ってなってて笑った

YouTubeコメントより

 

なんとも微笑ましいです。

キャラがなんともいいですよね。

先日「スッキリ」に出たときは、高校生の崎山蒼志くんに成長していましたね!

声も安定してきた気がします。

 

YouTubeでのコメントから崎山蒼志くんの印象などは・・

  • いつも思うが高校生の語彙力じゃないんよwww
  • 色気づいてただのおしゃれシンガーソングライターになってしまうのかと思ってたら崎山くんは崎山くんのまま進んでいてくれてうれしい
  • 売れたのは日村のやつのおかげだけど 伸び続けるのは本当に才能ある証拠だよな、なんか嬉しい
  • たまに脚ピョンってやるよね かわいい
  • 山崎じゃなくて、崎山なところも好き。

 

山崎じゃなくて、崎山なところも好き。←確かに(笑)

語彙力は半端ないですね!

これからも崎山蒼志くんのいい部分は変わらずに、成長していい大人になって欲しいですね。

 




崎山蒼志のwikiプロフィール

崎山蒼志 さきやま そうし

2002年8月31日 静岡県浜松市生まれ 18歳

4歳からギターを弾き始める

小学6年生より作曲を始める

2015年からストリートなどで音楽活動開始

2018年『日村がゆく』に出演 SNSで注目される

2021年1月メジャーデビュー

音楽を始めたきっかけは、お母さんがビジュアル系バンドが好きで、4歳のときにたまたま見ていたテレビでthe GazettE(ガゼット)を見てギターをやりたいと思ったことだそうです。

小学生の頃からギターを弾きながら歌っていて、お母さんがすごく褒めてくれて、それですごく肯定感を感じられたと話しています。今もライブも観に来てくれているそうです。

やはり褒めて育てるって大事ですね。

そこで何か否定されたら、今の崎山蒼志くんはないですもんね。

ご両親が好きなことをやらせてくれるという理解もあって、これまで作った曲は400曲以上というからすごいですね。

 

メジャーデビューする前からドラマにも楽曲を制作したりとその才能は計り知れないです。

まだ18歳。このあとどんな曲が生まれるのかめちゃめちゃ楽しみです。




まとめ

シンガーソングライターの崎山蒼志くんに注目してみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

一見、歌が下手な印象ですが、そうではないというレベルであることがわかっていただけたでしょうか?

キャラも独特で素朴な感じで、年齢より落ち着いていますよね~。

あと、本人の才能を伸ばすのもご家族の理解もあってこそですよね。のびのびと音楽ができるのも、家族のおかげですね。

まだ10代ですしメジャーデビューしたばかりなので、曲とともに崎山蒼志くんがどんな風に成長していくのか楽しみです。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。