毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

異汗腺湿疹の原因は食べ物やストレス?ノッチ次女の病気が気になる!

 

芸人の“ノッチ”さんの次女ゆうかちゃんが「異汗腺湿疹」という病気になっていることがわかりました。

 

「異汗腺湿疹」て聞いたことがない人が多いと思います。

小水疱が手のひらや足底に出来て皮がむけたりして、炎症が起きたり、痒みが伴うようです。

汗をかく季節になると症状が出て苦しんでいたようですね。

 

この「異汗腺湿疹」とはどんな病気なのでしょうか?

原因は食べ物なのでしょうか?ストレスなのでしょうか?

 

気になったのでみていきたいと思います。

 

異汗腺湿疹の原因は食べ物やストレス?

異汗腺湿疹の原因は不明ですが、金属アレルギーやアトピー体質的なもの、ストレス、多汗症、避妊薬、喫煙などとの関連性が認められた方もいます。

金属アレルギーに合併することが多い疾患と言われていて、金属を含むも食べ物もあり、食べ物も関係がありそうです。

<ニッケル> ココナッツ・きなこ・チョコレート・大豆・青のり・茶・クルミ・コーヒー

<コバルト> レバーなど肉類・魚介類・チーズなどの乳製品

<クロム>  ひじき・ホタテ・アサリなどの貝類、カツオ・ししゃも・きなこ・パルメザンチーズ・ココア・松の実

<マンガン> 玉露茶・ヘーゼルナッツ・高野豆腐・クルミ・松の実・生揚げ・アーモンド・木綿豆腐・ほうじ茶

<亜鉛>  牡蠣・牛ロース赤肉・ウナギ蒲焼き・カニ・高野豆腐・ほたて・パルメザンチーズ

<銅>  牛レバー・牡蠣・ヘーゼルナッツ・納豆・きなこ、するめ、木綿豆腐、玄米ごはん

金属アレルギーの方はこれらの食べ物をとり過ぎないようにしたほうがいいようです。

 

異汗腺湿疹は水虫と間違われやすいそうです。




異汗腺湿疹の仕組みや症状治療法は?

異汗腺湿疹は聞いたことがない人が多いと思います。

実際にどんな病気なのでしょうか?

異汗腺湿疹になる仕組み

  1. 汗が汗腺で作られ、汗管を通じて皮膚の表面に分泌されます。
  2. 角質層に水分が溜まり、汗が出過ぎると角質層がふやけます。
  3. 汗の出口が水分過多でふやけて塞がり、汗が皮膚内に溜まります。
  4. 出られない汗が痒みを起こし、角質層を傷つけて肌荒れを起こします。

汗が溜まるというより、汗による刺激が関与していると考えられているようです。

異汗腺湿疹の症状は?

  • 手足の皮膚に小さな水泡が出来る
  • 周りが赤くなり、少し白く濁る
  • 皮がむける、ブツブツができる

小さな水泡ができて、その周りが赤く痒くなったり、白く濁ってきます。

その後、皮がむけたり、ブツブツができたりします。

無症状のこともありますが、大きな水疱がむけて痛くなることもあるようです。

 

水泡は手のひらや手の指、足裏などにできたりします。

夏や季節の変わり目にできます。

 

異汗腺湿疹の治療は?

  • 外用薬
  • 内服薬
  • 光線療法

外用薬で治療をすることが一般的ですが、汗疱の原因が皮膚の深いところにあるため外用薬だけでは薬が届かないので治りにくいです。

治療法を組みあわせて、調子がかなり悪いときはステロイドの内服も行います。

 

水虫と似ている

異汗腺湿疹は、水虫とよく似ていて、専門家でも見分けるのが難しいそうで、顕微鏡検査が必要となります。(菌がいないか確認します)

水虫と違う点は、真菌(カビ)などによる感染症ではないので人にはうつりません。

 

治療はどのくらいの期間かかる?

異汗腺湿疹は、数ヵ月毎および数年の間隔を空けながら、突然発生してそして消滅して、一時的に強いかゆみを伴います。

初夏に多くて、年ごとに再発を繰り返します。




ノッチ次女の病状は?

ノッチさんの次女ゆうかちゃんは、手のひらや足の裏などにプツプツした小水疱と、皮がむけて赤く炎症が起きています。

ゆうかちゃんは、

手と足の汗で皮膚がふやけてしまい、

汗腺がふさがり、水ぶくれみたいになり

痒みが出てきてしまう

引用元:デンジャラス・ノッチ嫁オフィシャルブログ

 

 

ノッチさんの奥さんの佐藤友美さんはブログで、次女ゆうかちゃんの病気を伝えています。

佐藤友美『デンジャラス・ノッチ嫁オフィシャルブログ

↑こちらは2020年5月18日の記事です。

治療にはイオントフォトレーシス療法という、患部を水に浸し、そこに直接電流を流し、発汗を抑える治療方法があるようです。

手のひらと足の裏に行えます。

 

その後も、電流治療を続けているようですね。

完治はしていないけど、症状の緩和はあるとのことで、定期的に皮膚科で電流治療をしています。

ゆうかちゃんは、YouTubeでヴァンゆんちゃんの動画を観て、で10分間の辛い治療を乗り切っています。

佐藤友美さんのブログには、同じような症状で悩んだ人などから、たくさんのコメントがついています。

ニュースを拝見しまして、コメントさせていただきます。
私も20年以上この病気です。その間、感動的に効果があったのは、『水素水』『亜鉛華軟膏』です。
水疱がつぶれたら亜鉛華軟膏で一発です。水素水は体質にあえばぜひ。
お母さんも、娘さんもファイト✊‼️
私も異汗湿疹と診断されました。20年以上になります。当時は異汗湿疹と言う症状を知らない医師も多く、主婦湿疹や乾燥による湿疹と言い放った医師にも会いました。酷い時は手が薬を塗ったガーゼだらけでしたが、以前に比べて、だいぶ落ち着きました。今は皮膚科で治療できるのですね。知らなかったです。
上手くストレス発散しながら、付き合って行けると良いですね。
今年19歳になる娘も同じ異汗腺湿疹です。アトピーもあるので、皮膚科へは定期的に通っています。
勉強しててもノートがふやけてきたり、常に手を拭いてからじゃないとお友達のものを触れなかったり、ホントやだ~!なんて嘆いてたこともありましたが、今ではだいぶ症状も落ち着いてきました。
体質だから仕方ないね~くらいに私も娘も思っていましたが、電流治療なんてものがあったんですね…。受けさせてたらもっと楽に過ごせたのかな…と親として少し悔やみます。
私のように悔いの残らないよう、大変かもしれませんが治療頑張ってくださいね~。

 

痒みがあるとゆうかちゃんも相当辛いと思いますが、治療で少しでも症状が良くなることを願っています。




まとめ

ノッチさんの次女・ゆうかちゃんの病気の異汗腺湿疹についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

なかなか聞くことのない病気ですが、結構患っている方も多いのですね。

何かわからないまま過ごされた方もいたようですね。

皆さんのコメントを見ると、大人になって症状が治まったという人もいますし、今は医療も進んでゆうかちゃんがやっている電気治療もあるので、少しでも煩わしいかゆみなどの症状が緩和されるといいなと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。