毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

神田沙也加はストレスと悩みを抱えていた?精神疾患があったとも?

神田沙也加さんが亡くなった衝撃はまだ消えていませんが、かなり苦悩していた様子が後から伝わってきました。

ストレスや悩みを抱え込んでいたようですね。

憧れの大地真央さんが演じた「マイ・フェア・レディ」の主役を務め、その公演の真っ只中で、こんなことになるとは相当な何かがあったと思います。

神田沙也加さんは精神安定剤を飲むなど、精神疾患を抱えていたとの話もあります。

 

ここでは

神田沙也加はストレスと悩みを抱えていた?

神田沙也加はメンタルが弱く精神疾患があった?

についてみていきたいと思います。

 

神田沙也加はストレスと悩みを抱えていた?

神田沙也加さんは育った環境が複雑だった事もあり、小さい子供の頃からストレスや悩みを抱えていたようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

sayakakanda(@sayakakanda)がシェアした投稿

学生の頃は陰湿なイジメに遭っていたといいます。

神田沙也加さんの両親は言わずと知れた超有名人の、神田正輝さんと松田聖子さんです。

生まれる前から注目されていましたよね。

いつだって、有名な両親、特に母親の松田聖子さんのフィルターを通して自分が見られている事に、ずっと苦悩していました。

それは芸能人になってからもそう、自分が選ばれたのは「親が有名人だから」と思っていたようです。

 

宮本亜門さんが手掛けた舞台「INTO THE WOODS」に、神田沙也加さんを起用した時もそうでした。

宮本亜門さんが次のように答えています。

高い倍率のオーディションを勝ち抜いた神田さんが「『私は有名人の娘だから受かったのですか?』と大きな目で食いつくように聞いてきた。」と明かした。

引用元︰Yahooニュース(デイリー)より

きっと、いつもそういった目で見られてきたから、そんな風に思ったんでしょうね。

それに対して宮本亜門さんは次のように語っています。

宮本氏が「嫌、絶対違う!オーディションで多くの人を見て、君が1番素晴らしかったからだ!」と伝えると、神田さんは「私、本物になりたいんです」と決意を語ったという。

引用元︰Yahooニュース(デイリー)より

芸能界で活動するのに、自分が選ばれたのは親が有名人だからだと思ってしまう気持ちもわかります。

ですが、他人が沙也加さんの気持ちをわかると言っても、その苦悩の深さは神田沙也加さん本人にしかわからない事ですね。。。

また、インタビューの度に「ご両親はなんて仰ってましたか?」と聞かれることも、きっとストレスだったと思います。

親のフィルターを通してではなく、沙也加さん本人だけを見て評価して欲しかったんだろうと思いますね。

また、喉の調子も悪く、この先の活動に対しても不安を抱えていたといいます。

神田沙也加さんは今やミュージカル女優と言われていて、歌声も本当に美しく素晴らしいですよね。

そのミュージカル女優として一番大事な喉に不調が出てしまうと、女優生命の危機ともなるので、なんとも耐え難いような不安に駆られたことでしょう。

そんな事も神田沙也加さんの悩みとなり、拭いきれないストレスになっていたと思われます。




神田沙也加はメンタルが弱く精神疾患があった?

神田沙也加さんは精神安定剤を飲んでいたとの事で、精神疾患を患っていたと言われています。

神田沙也加さんは村田充さんと離婚した後、元ジャニーズJrの秋山大河さんと交際していました。

その時も不倫だったんじゃないかとか、ライブ配信で“匂わせ”をした事でバッシングを受けています。

「最近引っ越したそうですが、家で彼の帰りを待つこともあるとか。しかし『ダーリンが〜』などとライブ配信でも秋山の存在を“匂わせる”こともあることから秋山ファンの反感を買っています

引用元︰文春オンラインより

神田沙也加さんは共演者キラーと言われていて、共演者と親密になる事が多いようです。

交際していた前山剛久さんも舞台での共演者ですしね。

もちろん神田沙也加さんにも人を惹きつける魅力があるからだと思います。

 

ですが、交際相手で悩みを抱えてしまうこともあります。

これは憶測ですが、神田沙也加さんはきっと誰かに頼っていたいと、依存するところがあったんじゃないでしょうか?

これは育ってきた環境によるものかなと思います。

交際中はもしかしたら彼氏しか見えなくなってしまうのかも…

前山剛久さんにちょっとでも女性の影が見えたら許せなかったのかも知れません。

文春の報道では、前山剛久さんは神田沙也加さんに対して、キツい言葉を浴びせていたようです。

お前なんか、母親と一緒だ

この言葉を北海道の舞台前に、都内で前山剛久さんから言われ、大喧嘩になったといいます。

子供の頃から聖子さんの事で悩んできた沙也加さんが、一番言われたくなかった言葉なんじゃないでしょうか?

元々、神田沙也加さんはメンタルが弱いようなので、ちょっとした言葉にも敏感だったでしょうし、キツい言い方をされたら相当傷ついたと思います。

ですが、そう言われた相手と舞台で共演しなければならなかったのは、かなりしんどかったでしょうね。

前山剛久さんとは10月頭から交際を始め、まだ3ヶ月にもならないのに、こんな喧嘩になるとは…

詳しい事は当事者の2人にしかわかりませんが、ケンカの要因として前山剛久さんが元カノと連絡を取り合っていたということが伝わっています。

その事で神田沙也加さんはまた精神状態が不安定になっていたようです。

プライベートでそんな事があったのに、その相手とお客さんの前で舞台に立ち演技をするのは、よっぽどメンタルが強くなければ耐えられないことだと思います。

神田沙也加さんは精神疾患を患っていて、心療内科に通院していたと報道されています。

薬を服用しなければならないほどの精神状態だったんですね。




まとめ

神田沙也加さんのストレスや悩み、精神疾患についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

神田沙也加さんは子供の頃からずっと色んなストレスや悩みを抱えてきました。

それは親が有名人という宿命によるものです。

ですが、沙也加さんなりに自分の生き方を模索し、ミュージカル女優という地位を確立してきました。

しかし、心までは強くなれず、ガラスのハートはちょっとした事で壊れやすかったようです。

もっと心から支えてくれる人がいたら、救われたのかもしれませんね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。