毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

めるるの歯に違和感!矯正してセラミックへ歯並び直した?画像で検証!

明るく元気いっぱいの笑顔が人気のめるること、生見愛瑠(ぬくみ・める)さん。

モデルとしてデビューしためるるさんですが、今ではその天然なキャラクターも人気となり、テレビで見ない日はないほどの活躍をしていますよね。

最近ではドラマへ出演したり、女優としての一面も見せて話題となっています。

今後の活躍から目が離せないめるるさんですが、テレビなどで見せる歯に違和感があるとの声があがっています。

違和感があるとの声の多くは、「デビュー当時の歯並びと違う」「めるる、矯正した?」などです。

ここでは、

 ・めるるの歯が綺麗すぎることに違和感!

 ・めるるの歯は矯正してセラミックにした?

 ・めるるの歯並びを昔の画像と比較して検証!

についてみていたいと思います。

めるるの歯が綺麗すぎることに違和感!

めるるさんの歯に違和感があるとの声は、2019年5月頃から何度かSNSに上がっているようです。

めるるさんは、モデルとして人気が出始めた当初から「可愛いのに歯が残念」「歯以外は完璧」と言われていました。

残念な理由としては、

  • 尖った八重歯が目に付く
  • すきっ歯ぽく見える
  • 横顔が出っ歯気味

などです。

その歯並びに大きく変化が見られ始めたのが、2019年5月頃なのです。

このように、めるるさんの歯並びが綺麗になったと言われるようになりました。

しかし、あまりにも真っ白で綺麗すぎる歯並びの変化に違和感を感じた人も多かったようです。




めるるの歯は矯正してセラミックにした?

めるるさんの歯並びは、短期間で綺麗に変化していることからセラミック矯正治療を受けたと思われます。

セラミック矯正とは歯並び、色、形をセラミッククラウン法で、差し歯や被せ物、虫歯で歯が欠けている場合などに用いられる歯科矯正の方法です。

金属の差し歯などでは時間がたつと歯の付け根が溶け出す金属で黒くなることがあります。現在の歯科治療では金属を使用せずセラミック(陶器)で歯を作ることが可能になりました。

セラミック矯正は歯の色や白さを自由に調整でき、天然の歯のように透明感のある仕上がりになります。金属を使わないため金属アレルギーも起こすことなく、周辺の歯肉にも悪影響を及ぼすこともありません。

引用 ダイヤモンド今井デンタルクリニック

モデルとしてはもちろん、バラエティー番組でも人気がではじめためるるさんが、歯並びを気にして矯正治療を考えるのは当然なのかもしせません。

通常の矯正治療は、ワイヤー等の器具を歯に装着させて、治療には少なくとも2~3年かかります。

その点、セラミック矯正治療ですと短期間で綺麗な歯並びに矯正治療することができるようです。

モデルやテレビの仕事を続けながら矯正治療することを考えると、めるるさんは短期間でできるセラミック矯正治療を選んだのでしょうね。

その甲斐もあり、2020年には世界的なオーラルケアブランド「Waterpik」の新商品発表会に出席し、「いい歯ニスト」の称号を受けられました。




めるるの歯並びを昔の画像と比較して検証!

では実際に、昔のめるるさんの歯並びを現在のものと比較してみましょう。

2018年からみると、2021年の方では特徴的な八重歯が目立たなくなり、歯の隙間も無くなっていますね。

また、2018年の写真では歯が丸みを帯びて大きさもバラバラですが、2021年の写真では歯の形が縦長になって全体的に揃っています。

 

横顔を見ると、2018年の写真では、前歯が外向きになっているのでやはり出っ歯気味のようですね。

2020年の方は、顔の角度が違うので見づらいですが歯の大きさや隙間が整い、前歯のカーブもごく自然になっています。

モデルだけでなく、テレビ番組への出演が増えるにつれ、気になっている歯並びを綺麗に直すのは美意識の高いめるるさんにとっては当然のことだったのかもしれませんね。




まとめ

めるるさんの歯に違和感があることや矯正したのかについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

めるるさんの歯並びが短期間のうちに、あまりにも綺麗になったことに違和感を感じた方も多かったようですね。

めるるさんは、2019年頃にセラミック矯正治療を受けていたのではないかと思われます。

めるるさんの昔の写真と現在を見比べてみると、やはり歯並びが綺麗になっていますね。

元々、スタイルも抜群で可愛らしい顔立ちのめるるさんが歯並びも綺麗になり、ますます活躍の場を広げていかれるのでしょう。

最近は、ドラマでの演技が上手いと評判のめるるさんから、これからも目が離せませんね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。