毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

山井和則の嫁もエリート!高校や家族と経歴についても!

毎日のように政治家が話題になっていますね。

山井和則議員が菅総理に対して、「山田真貴子広報官に対して詫びなくていいのか?」という発言に対して話題になっています。

山井和則議員は過去にも炎上して「ヤマノイ」ではなく、「デマノイ」とも言われています。

 

そんな山井和則議員の奥さんはどんな人なのでしょうか?

山井和則議員の出身高校や家族もどうなのか調べてみました。

 

ここでは

山井和則の嫁もエリート!

山井和則の高校や家族は?

山井和則の経歴は?

についてみていきたいと思います。

 

 

山井和則の嫁もエリート!

山井和則議員の奥さんもエリートだと言われます。

奥さんの名前は斉藤弥生さんといいます。

 

斉藤弥生

斉藤弥生さんの経歴が素晴らしくエリートです。

1964年東京生まれ
学習院大学法学部政治学科卒業
スウェーデン国立ルンド大学政治学研究科(行政学修士)
大阪大学学術博士(人間科学)、大阪外国語大学大学院地域文化学科助手、講師、助教授を経て、現在は大阪大学大学院人間科学研究科教授、放送大学客員教授
専攻は社会福祉学、行政学(高齢者政策)、
主著に『スウェーデンにみる高齢者介護の供給と編成』(単著、大阪大学出版会、2014年、「第16回損保ジャパン記念財団賞受賞」(2015年))、『体験ルポ日本の高齢者福祉』(共著、岩波新書、1994年)等がある

引用元:松下政経塾より

現在は大阪大学大学院で教授をされています。

ご自身は学習院大学で政治を専攻しているのと、松下政経塾の研究員も経ています。

本もいくつか出されていますね。

難しそうなタイトルが並んでいます。

ご夫婦そろって頭がいいですね。

普段どんな会話をされているんでしょうか??




山井和則の高校や家族は?

山井和則議員出身校は洛南高等学校で、家族は妻と二人京都府宇治市で暮らしています。

洛南高校は私立高校で偏差値が高く、京都では1位、全国では24位というレベルです。(2021年)

めっちゃ頭がいいですね!政治家になる人はすごいですね。

 

奥さんとは松下政経塾で出会われたそうです。

家族については、お子さんはいないようですが、同じ意識を持ったご夫婦でいい関係なんじゃないでしょうか。

お互いにお仕事に忙しそうなので、夫婦で過ごす時間も少ないのでは?と思います。

山井和則議員のSNSはほぼ仕事のことばかりですね。

ご家族のことは載っていないようでした。

 

山井和則Twitter

山井和則インスタグラム

 




山井和則の経歴は?

山井和則議員の経歴についてみていきます。

山井議員は1962年1月6日生まれ 京都市出身 A型 です。

1980年洛南高等学校卒業

1986年京都大学工学部大学院修了 松下政経塾7期生(5年間在塾)

広島、デトロイト(米国)に2ヶ月滞在し、地域活性化、円高不況、 空洞化対策、 日米自動車貿易摩擦を研究。
日本各地、英、米、北欧・シンガポール・バングラディシュの老人ホームで1年間実習。

1991年スウェーデンで福祉、政治、地方分権、男女共同参画などを学ぶ

1995年奈良女子大学生活環境学部専任講師

1996年衆院選に京都6区より民主党公認として出馬(次点に終わる)

1997年立命館大学政策科学部大学院講師

2000年 衆院選民主党近畿ブロックより立候補し比例順位1位で初当選。

2003年 衆議院総選挙再選(京都6区)

2005年 衆議院総選挙3選(京都6区)

2009年 衆議院総選挙4選(京都6区)

2009年~2010年9月 厚生労働大臣政務官

2010年9月~民主党国会対策副委員長 議院運営委員会理事

2012年 民主党国会対策委員長

2012年 衆議院総選挙5選(京都6区)党国会対策委員長

2013年 党厚生労働部門会議座長、衆議院厚生労働委員会理事

2014年 衆議院総選挙6選(京都6区)

2016年 党国会対策委員長

2017年 衆議院総選挙7選(近畿ブロック比例)

2020年 立憲民主党国会対策筆頭副委員長

エリートコースを歩んでいるのがわかりますね。

輝かしい経歴を持っていますよね!

 

高校の当時の校長であった三浦俊良学校長の「社会の雑巾(ぞうきん)になれ」という教えから政治を目指したようですね。

キャッチフレーズも「社会のぞうきんになって社会を綺麗にする生き方がしたい」となっています。

30年ほど前に介護問題に直面して、子どもたちや貧しいお母さん方、寝たきりのお年寄りなどの政治の力を最も必要としている人々は、政治的な力を持てないので、「庶民の声なき声を代弁する政治家が増えない限り、住みよい社会はつくれない」との想いで政治を志したと自身のホームページで述べています。

福祉に力を入れていて、著書も福祉関係でたくさんあります。

 

選挙も7選していて地元の期待の高さを感じます。

しっかりそれにこたえる活躍・言動をしてほしいですね。

山井和則ホームページ

 




まとめ

山井和則議員の奥さんや家族、経歴についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

国会議員は一言一言の発言がその人の印象を一瞬で変えてしまいます。

地元の期待を背負っていますので、しっかり活躍していただきたいと思ます。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。