毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

石山アンジュの本名や国籍は?ハーフの噂や父母についても!

石山アンジュさんはシェアリングエコノミー伝道師や社会活動家として活動しています。

情報番組のコメンテーターとしてもお馴染みですね。

そんな石山アンジュさんは名前が「アンジュ」とカタカナなことから、本名ではないのか、国籍はどこなのか、ハーフなのかとも言われています。

また父母についてもどんな人か気になるところです。

 

ここでは

石山アンジュは本名?

石山アンジュの国籍は?ハーフなのか?

石山アンジュの父や母はどんな人?

についてみていきたいと思います。

 

石山アンジュは本名?

石山アンジュさんは「安珠」と書くのが本名のようです。

石山アンジュさんのTwitterに自身で「石山安珠:LINEブログはじめてみる」と書いています。

アンジュという名前はフランス語で「天使」なんですって!

なんて素敵な名前なんでしょう。

ご両親が名前に込めた思いを感じますね。

漢字の意味でみていくと、

」・・・やすらか、静か、おだやか。

」・・・美しいもの、立派なものの例え。

安珠のという漢字には「おだやか」「優しさ」「おおらか」のイメージがあり、

という漢字には「気品」「美しい」「華やか」のイメージがあります。

「あ」の音は開放感があって、明るく積極的な社交性のある印象を持つそうです。

石山アンジュさんにピッタリな感じですね。




石山アンジュの国籍は?ハーフなのか?

石山アンジュさんという名前から、日本国籍ではないのか?ハーフなのか?と思う人がいるようです。

石山アンジュさんは神奈川県横浜市出身です。

海外出身ではないようですね。

後に紹介しますが、父親や母親も日本人のようです。

石山アンジュさんがハーフであるという確証になるものはありませんでした。

おそらく純粋な日本人と思われます。

 




石山アンジュの父や母はどんな人?

石山アンジュさんの父親や母親はどんな人なんでしょうか?

それぞれ紹介していきます。

父:石山和男

石山アンジュさんの父親は石山和男さんといいます。

親子ツーショット。

とても仲が良さそうです。

石山和男さんはレコード会社に勤めていましたが、その頃ブラジル音楽の虜になります。

仕事を辞めて1年間バイクでブラジルを巡り、すべてのコミュニティに「サンバ」があることに衝撃を受けたといいます。

帰国後、仲間が立ち上げたサウーヂ(横浜で生まれたサンバ愛好家のコミュニティで“乾杯”の意味を持つ)に入るほど、サンバにのめり込んでいます。

歌う石山和男さん。

石山和男さんは2017年秋までエスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂの代表を務めていました。

横浜でシェアハウスも経営しています。

結構、父親の石山和男さんは楽しそうな自由人のようですね。

ブラジルっぽい気質があるんでしょうか。

 

母:しぎはらひろ子

石山アンジュさんの母親はしぎはらひろ子さんといいます。

お綺麗な方ですね。

しぎはらひろ子さんは、東京都出身のファッションプロデューサーです。

松下通信工業(株)研究開発職を経て23歳でファッション業界に転職し、デザイナーなどを経て、アパレル販売員・スタイリストの服飾指導をしています。

 

石山アンジュさんを出産して2ヵ月後に仕事復帰しますが、アンジュさんが小学生の時に仕事で忙しかったしぎはらひろ子さんに「普通のお母さんがいい」と泣かれ、専業主婦になります。

家ではアンジュさんの人形のジェニーちゃんの洋服をたくさん作りすぎて「もういらない」と言われるほどだったそうです。

夢中になりやすいんですね。

ママ友も出来たようで、ママ友親子で「アラスカ」にオーロラを見に行ったり、「バリ」のプール付きヴィラに遊びに行ったりしたそうです。

普通ママ友とオーロラを見に そう簡単には行けないですが、セレブなママ友グループだったんですね。

そして、アンジュさんが5年生の時に「お仕事に戻りたいんでしょ」と言われ、しぎはらひろ子さんは仕事に復帰し、バリバリ仕事をします。

 

そんな石山和男さんとしぎはらひろ子さんはアンジュさんが12歳の時に離婚しています。

離婚後、アンジュさんは1週間のうち3日は父親のところ、2日は母親のことろ、残りを幼なじみの家へと渡り歩いて暮らしたそうです。

なかなか複雑な家庭環境だったんですね。

そんな自由で個性的ともいえる両親のもとに、アンジュさんは生まれました。




まとめ

石山アンジュさんの本名や国籍と父母についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

石山アンジュという名前は本名のようで、どうやら日本国籍で、ハーフではないようです。

石山アンジュさんのシェアリングに対する考えは、この自由な発想の両親のもとで育ったからと思えますね。

いろんな考え方や価値観は環境によって大きく左右されるようです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。