毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

小室圭の母は悪女なのになぜモテる?人相や服装に注目して検証!

小室圭さんの母親の佳代さんのこれまでの悪女ぶりが報道されています。

ですが、その佳代さんには常に男の人の影がちらついていますよね。

けっして美人とは言えないですが、なぜそんなにモテるのでしょうか?

その理由を人相や服装から検証していきたいと思います。

 

 

小室圭の母は悪女なのになぜモテる?

男性を引き寄せるフェロモンの要素が大きいと思います。

この理由については次の項目で説明します。

 

小室圭さんの母親の佳代さんはこれまでの報道でかなりの悪女ぶりがうかがえます。

佳代さんはこれまでに

  • 泣くなったご主人の敏勝さん(小室圭さんの実父)存命中の男の影
  • 敏勝さんが弱っていても面倒を見ない
  • 義父や義母に罵声を浴びせる
  • 元婚約者Aさんをアッシー、メッシーに使う
  • 婚約中のAさんを蚊帳の外にする扱い
  • Aさんからお金だけむしり取る

などの悪女ぶりを見せています。

これだけでも人間性を疑いますよね。

 

通院の情報もある小室佳代さん

画像:NEWSポストセブンより

けっして美人とは言えないお顔なのに常に男の影が見えるのはなぜなんでしょうか?

きっと男を引き寄せる何かがあるのだと思います。

それはフェロモンなど見た目だけではわからないものがあるようです。

モテる理由について次でみていきたいと思います。

 

悪女ぶりはこちら↓↓

 




小室圭の母はモテる理由を人相や服装に注目して検証!

佳代さんがなぜモテるのか、人相や服装から検証していきたいと思います。

佳代さんの顔、ちょっと怖い・・・ですよね。

小室圭さんは顔かたちがお母さんにそっくりですね。

人相学

小室佳代さんのモテる理由を人相学から検証してみます。

①眉間が出ている

②眉尻が下がっている

③たこ焼きほっぺ

こんな顔が人相学的なモテる顔だそうです。

引用元:CLASSY.より

 

①眉間が出ている

運は眉間から入ってくると言われていて、眉間が出ているほうが、明るい印象を与えられますし、感情が伝わりやすいのでコミュニケーション的にもよく作用するそうです。

ヘアースタイルを変えるだけでもOKとのこと。

⇒佳代さんは眉間は出ていますね。これには当てはまります。

②眉尻が下がっている

年齢を重ねるごとに眉が下がってくるのが吉相です。

協調性を意識するには眉尻を下げるのがポイントです。目尻も下げ笑いジワが出ると共感力が増します

⇒佳代さんは眉尻は下がっていると言えば下がっているような…?

眉は上がって下がってが激しい感じですね。

③たこ焼きほっぺ

笑顔は好感度が高いです。口角が上がる&目尻が下がるに加えて大事なポイントは、頬が丸く隆起することです。頬にたこ焼きを作るイメージで笑顔になるとモテ運もアップするそうです。

⇒佳代さんが一般的に好感度が高いかは別として、そこまで頬が隆起してないのかな?という印象です。

 

佳代さんがモテる要素は顔ではないのかもしれません。(当然!と突っ込みをいれられそうですが・・・)

逆に人相としては“要注意人物”に当てはまりそうです。

要注意人物の人相

逆に要注意人物の人相もチェックしてみます。

引用元:All Aboutより

■眉間
人相学では眉間を「印堂」と呼び、その人の健康や精神状態を表します。相手の眉間を注視してみてください。しみ、あざ、黒ずみなどがみられる場合は要注意。その人は、現在自分の希望が叶わず精神的に不満を抱いている可能性が高いと判断できるからです。また、眉間の広さはその人の度量と比例するといわれます。眉間が狭い人は小心、神経質で大きな犯罪は起こせませんが、ジェラシーが激しいタイプです。

⇒眉間は狭そうです。シミやあざがあるかはわかりませんね。

■眉毛
眉毛が硬く荒く、毛が上下左右に交わって濃く目を覆うような人は要注意です。「交錯眉」「鬼眉」と呼ばれ、獰猛残忍で激しやすい気性を示します。目とともに判断する必要があります。

⇒眉毛の荒さは写真ではわかりにくいですが、目と眉が近いのも良くないようです。眉頭は目に近い感じですね。

■眉間と鼻の間
鼻の隆起の始点を「山根(さんこん)」と呼び、事件に巻き込まれる可能性を示します。ここに疵(キズ)、ホクロ、汚濁、窪みがあったり、幅が極端に狭い場合は要注意。宿命的に事件に関わりやすい傾向をあらわします。眉毛の内側 眉の最も眉間に近い内側部分を「交友」と呼び、その人の交友関係を示します。ここに、乱れがある場合は要注意。対人関係に問題がある可能性があるからです。

⇒佳代さんは山根が窪んでいるように感じます。

■目と眉の間
専門用語では「田宅(でんたく)」と呼び、相続運や親との関係を示します。農耕民族の日本人は、一般に西洋人に比べ広いようです。ここが普通の日本人と比較して極端に狭い場合は要注意。物質的な不満を抱えていたり、腹に一物がある場合が多いからです。

↑田宅 指より広いか狭いか

⇒佳代さんは眉頭の田宅は狭く感じます。

■ほほの外側
人相学では「命門(めいもん)」と呼び心の美醜をあらわします。この部分に疵や赤黒い変色がみられたら要注意。ずばり悪事をたくらんでいる可能性が大です。

命門…頬の外側/耳のすぐ前の部分

⇒アップでないとわかりませんね。何かキズなどあったら怖いですね。

 

見た目では、怖い印象を受けるので注意する人物に見えます。

 

服装や雰囲気

小室佳代さんは圭さんが婚約内定してから皇室を意識してなのかセレブなスーツ姿を見せていますね。

ある記事では、服装に“女のフェロモン”を出していると載っています。

「ゴミ出しをする佳代さんの胸元から、谷間が見えている写真を見たとき、“世の中の真面目な普通のお母さん”とはちょっと違うんじゃないかな、と思いました。

オンナ感が強いというか、妙なフェロモンが漂っているというか。

最近は、スーツのような皇室を意識したファッションになっているようですが、それでもやっぱり生脚やサンダルといった格好もしていて、50代女性の落ち着きが見えないんです。“現役感”を感じてしまいますね」

引用元:サイゾーウーマンより

そのフェロモンは“妖気”な感じで一度ハマったら抜け出せないような雰囲気のようです。

これこそ“悪女”ですね。

佳代さんがタランチュラのような毒蜘蛛に見えてしまいます。

そこにかかった男性を食いものにしてるイメージです。

元婚約者のAさんに「別の男性からも同時期にプロポーズされた」と話しているところから、男性にモテていたのは事実のようです。

 

佳代さんはバブル世代なので、男の人をうまく利用するのが上手なのかもしれません。

そしてきっと男性に甘え上手なんでしょうね。

そこにころっと引っかかる男性がいたんでしょう。

 

そして上昇志向があるので、男性をうまく利用してお金を出させていて、身の丈に合わないセレブな見栄でブランドなどを持っていた気がしますね。(あくまで個人的なイメージです)

 

人相と服装や雰囲気などから検証すると、モテる理由は雰囲気(フェロモン)が一番大きいと思います。




小室佳代さんに対してSNSでの声

小室佳代さんのSNSでの反応などみていきます。

  • 小室さんの母、悪魔のような人に思えます。 、敏勝さんのご実家のご両親お気の毒に思います。 この小室の母にかかわったら不幸になると感じます。

 

  • 何人の男性と付き合おうと、結婚詐欺まがいの事をやって来ようと、一般人なら「悪者」で片付けられるが、お相手は皇室ですから。この母親と母親に育てられた息子が関わってはいけない世界です。

 

  • とりあえず、あのお母さまの人相が全てを語っているような気がします
    どんなに好きな人のお母さんでも。自分なら嫁ぎたくない…

 

  • 保険金殺人まで疑ってしまう程のどす黒さを感じる
    その後すぐに彫金師との付き合い、その彫金師夫婦も亡くなったとの噂
    週刊誌やマスメディアはこの黒い疑惑だらけの小室親子の事実にせまり追及し、
    この結婚を破棄に向かわせて欲しい

 

  • この人が義母になるとか一般人でも震える話。一般人ならわからないまま結婚してから気づかされるんでしょうが…。

 

  • 小室母は男性に依存する傾向かと。

 

 

小室佳代さんへの反応はものすごく悪いです。逆にモテるコツを知りたいという人もいます。

職場の人や友人(いるのか?)に対してどんな付き合いかわかりませんが、今までの悪女の行動でわかるように内側の性格が顔ににじみ出ていますよね。

写真見るだけで怖さを感じます。

内面がキレイな人はもっと穏やかな表情だと思います。

なぜ引っかかる男の人がいるのか・・・その男性にどこが良かったのか聞いてみたいです。




まとめ

小室圭さんの母親の佳代さんがなぜモテるのかについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

モテる理由としては、佳代さんにフェロモンがあるという結論になりました。

そのフェロモンについてはお付き合いをした男性にしかわからないと思います。

第三者にはわからない魅力ですね。

ですが、報道のような悪女ぶりが顔に表れているので、これだけ国民に非難される悪の根源は佳代さんにあると思います。

この家に嫁ぎたいと思う眞子さまの神経がわかりません。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。