毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

水谷隼の家族は?父親は監督で母はコーチ!兄も妹も卓球選手!

東京オリンピック2020でも活躍した卓球の水谷隼さん。

熱い闘いぶりに感動した人も多かったんではないでしょうか?

そんな水谷隼さんの家族はどんな人達なのか気になりますよね!

水谷隼さんの両親や兄弟も卓球に携わっている卓球一家なんです。

水谷隼さんの父親・母親や兄弟などの家族について注目していこうと思います。

 

ここでは

水谷隼の父親は監督で母はコーチ!

水谷隼の兄も妹も卓球選手!

についてみていきたいと思います。

 

水谷隼の家族︰父親は監督で母はコーチ!

水谷隼さんの父親は卓球の監督母親はコーチです。

両親とも卓球経験者です。

父親︰水谷信雄

水谷隼さんの父親は水谷信雄(みずたにのぶお)さんといいます。

地元の静岡県磐田市豊田町に「豊田町卓球スポーツ少年団」を設立します。

(画像左:右 父 信雄)

当時、水谷隼さんは5歳。

卓球スポーツ少年団の第1期生として、卓球を始めています。

水谷信雄さんの指導は厳しかったようで、「卓球が苦しくて、親の怒られないために必死でやっていた」と水谷隼さんは話しています。

小学校3年生から6年生までが一番きつかったようで、学校に行った後、習字やピアノをして、それから卓球の練習をし、帰ってから勉強してと・・・

親に怒られ殴られたと話しています。

相当怖かったんでしょうね。

4年生から6年生まではソフトボールを卓球と掛け持ちでやっていましたが、最終的には卓球を選んでいます。

 

父、信雄さんは英才教育をしてきたわけではないといいます。

水谷隼さんは、最初は全く素振りが出来ずにいましたが、ボールを打ったり、コートに入れることは上手でした。

練習時間も週2回で、1回は90分ほどだったそうです。

最初はそれぐらいから始まったんですね。

 

信雄さんが代表を務める豊田町卓球スポーツ少年団には、水谷隼さんがダブルスを組んだ伊藤美誠さんも所属し、強豪選手を輩出しています。

水谷隼さんも父の指導の下、メキメキと力を付けていきました。

 

水谷隼さんが子供の頃、超怖かった父が漫画「ワンピース」を面白いと言ったそうで、絶対売れると確信したとか。

褒めない信雄さんがキレ気味に言うというところが笑えますね。

 

母親:水谷万記子

水谷隼さんの母親は万記子(まきこ)さんといいます。

父親の信雄さんと一緒に、卓球スポーツ少年団で子供たちをコーチとして指導しています。

 

小さい頃の水谷隼さんは「物静かな子」だったそうです。

 

水谷隼さんは小さい頃、サッカーにバスケ、バレーといろんなスポーツをやってきて何でもできました。

色々やらせることも両親の方針だったと思います。

万記子さんは水谷隼さんが卓球を始めた当初、右利きだった水谷隼さんを左利きの有利性を考えたうえ、左利きに矯正させています。

とにかく、両親の言うことは絶対だったんですね。

万記子さんは保護者向けの講義の講師としても活動されています。

また、(株)ファルコンというアスリートマネジメントの会社の代表を務めていて、水谷隼さんの書籍やレトルトカレーを販売していて、息子さんを陰でもバックアップしているんですね。

 

卓球経験者の父母からスパルタ教育を受けたという水谷選手。それが嫌で親から離れたいがために中学でドイツに卓球留学をしたというが、今では鍛えてくれた両親に大変感謝しているという。

引用元︰ヤフーニュースより

水谷隼さんは、子供の頃の卓球はかなりキツかったと思いますが、今となってはその厳しさに感謝しているようですね。




水谷隼の家族︰兄も妹も卓球選手!

水谷隼さんの兄弟は兄と妹がいます。

兄も妹も卓球選手だったとのことで、それぞれみていきたいと思います。

兄:水谷雄城

水谷隼さんの兄は、水谷雄城(ゆうき)さんといいます。

やはりよく似ていますね。

水谷雄城さんも卓球をしていました。

雄城さんは浜松北高に進学しています。

 

いわしん杯 磐田市総合体育館 2006/01/08 結果

画像:磐田卓球協会より

高校生の時に優勝していて、さすが実力がありますね。

 

しばらく卓球を選手として続けていましたが、ヘルニアになり続行できなくなります。

その後は静岡県卓球協会のコーチとなっています。

画像:静岡県卓球協会より

コーチの名前に母の万記子さんと共に名前が載っています。

選手としては続けられなくても、コーチとして卓球と関わっているのでしょう。

両親がやっている卓球スポーツ少年団でも指導しているのかもしれません。

 

そして、2021年の東京オリンピックで、水谷隼さんと伊藤美誠さんのペアが金メダルを獲ったその日に、兄の雄城さんの夫婦にお子さんが誕生しています。

おめでたいことが重なったのと同時に、何か深い繋がりを感じますね。

妹:水谷茉央

妹の名前は水谷茉央(まお)さんといいます。

水谷隼さんより4歳年下です。

茉央さんももれなく卓球を始めています。

家族全員が卓球をしていたら、必然とやることになるのでしょうね。

 

水谷茉央さんは卓球の強豪校である、浜松商業へ進学します。

その後は中央大学へ進み、卓球部の主将も務める腕前だったようですね。

画像:中央大学より(水谷茉央)

2017年には磐田信用金庫の選手として大会に出場し、ダブルス、シングルともに優勝しています。

2018年・2019年にも磐田信用金庫から出場していることがわかっています。

 

オリンピックで金メダルを獲った兄をとても誇りに思っているでしょう。




まとめ

水谷隼さんの両親や兄弟などの家族についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

水谷隼さんの実家は、皆が卓球をしてきた卓球一家です。

厳しい父親と母親の指導に、卓球が嫌になった時期もありましたが、今となってはその厳しさにとても感謝しているようですね。

また、兄や妹も世界で活躍した水谷隼さんを誇りに思っていて、オリンピックでも応援していました。

卓球男子はあまり注目されにくい存在でしたが、水谷隼さんの活躍でかなり注目度がアップしたと思います。

卓球界にすごく貢献しましたよね。

これからも一家で卓球の楽しさを伝えていってほしいですね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。