毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

坂口拓は園子温の俳優T!謝罪動画内容とは?飲み会企画を認める!

園子温さんの告発記事で「俳優T」という人物が登場していましたが、その「俳優Tは私です」と人が名乗り出てきました。

その人は「坂口拓」さん。

アクション俳優であり、アクション監督です。

なぜ坂口拓なのに「T」なのか?

アクション監督の時は匠馬敏郎名義でクレジットされるので、「T」なのではと思います。

坂口拓さんは「俳優Tは私です」とし、動画で謝罪しています。

 

坂口拓の動画謝罪内容は?

坂口拓さんは自身のYouTubeチャンネル「狂武蔵たくちゃんねる」で、「俳優Tは私です」として、謝罪動画をあげました。

 

その内容は以下の通りです。

(2022年)4月4日の週刊誌の記事で、某監督の行為があった飲み会の席にいた「俳優T」は私、坂口拓です。

10年前のこととはいえ、不快な思いをさせた方がいるのであれば、この場を借りて謝罪したいと思います。

大変申し訳ございませんでした。

10年前の事なんで細かいことは覚えていないのですが、私を含めて若手の役者さんと飲み会を何回か行っていたことは事実です。

私としては後ろめたいことはなくて、若手の役者さんとその場を通じて縁が広がったり、仕事に繋がったり、がんばってくれたらいいなという思いだけでした。

嫌な思いをする人がいないようにと、注意を払ってはいたんですが、このような状態になって後悔しています。

それがきっかけでこのような嫌な思いをさせた人がいるのであれば、それは私の責任です。

大変申し訳ございませんでした。

10年前の出来事とはいえ、嫌なことをしてしまった方がいるのであれば、この場を借りて謝罪したいと思います。

申し訳ございませんでした。

神妙な面持ちで、複雑な思いを語っています。

自分が行っていた飲み会で、参加していた人がそんなことになっていたのは残念ですね。

「不快な思いをさせた方がいるのであれば」という言い方は、どんな気持ちで語っているんでしょうか。




10年前の飲み会とは

坂口拓さんは、若手の俳優さん達が飲み会を通じて、縁が広がったり、仕事に繋げられるようにきっかけ作りをしていたといいます。

自分が応援したい役者さんを集めて行っていました。

映画作りに少しでも貢献できればという思いでいたようですね。

自身も役者として苦しく辛い状況でしたが、何か人のために役に立ちたいという思いがありました。

それがこんな状況になっていたとは思いもよらなかったようですね。

こうなってしまったことに後悔もしていて、深く反省しています。

若手俳優の役に立つための飲み会で、被害に遭った方のことを思うと悲しい気持ちになりますよね。

そんな若手の俳優の気持ちを踏みにじるような行為をした、園子温さんは許されないですね。

 

ただ謝罪の言葉で「不快な思いをさせた方がいるのであれば」という言い回しがひっかかります。

いるのであればではなく、嫌な思いをした人は実際にいますよね。

謝罪という形だけのようにも見えますね。

自己保身をしているようで、自分は関係ないというのが透けて見えます。

本当に知らなかったんでしょうか。

飲み会を開いたのは事実ですが、園子温さんがそういった行為をできるような環境を作ったのかは語られていませんね。




世間の声は?

坂口拓さんの謝罪に対する声は厳しいものがあります。

謝罪のようで、謝罪になっていないとの声も出ています。

「週刊女性PRIME」では、Tこと坂口が園氏の自宅に告発女性を連れていき〝アシスト〟をしたように報じられている。坂口は「飲み会にいた、場を設けた」ことは認めているが、核心部分には触れなかった。と書かれていますが その肝心な核心部分について説明お願いします。 この動画だけだと説明不十分だと思います。

謝罪の仕方(言い方)が自分は知らなかったという風に思えます。

自己保身が強く出ていますね。

実際には園子温さんのアシストをしていた形で、園子温さんのそばにいて「知らなかった」とは言えないような気もします。

確かに謝罪動画では、肝心な部分はどうなのか、なぜ園子温さんのところへ連れて行った女優さんを一人残して出て行ってしまったのか、そこを話してほしいですよね。

 

この動画にはファンの方の擁護のコメントもあります。

形はどうあれ誠心誠意の気持ちでしっかり謝罪をしているのが伝わってきました これからも応援してます!

別になんか拓さんに変な印象 持つことはないし、それがどしたん? っていうかんじになった 今後も頑張ってください

 

ファンの方からしたら、謝罪をきちんとしたので、それだけで十分と思う人もいますね。

今後、坂口拓さんが核心部分についてコメントするのかというところが気になりますね。




まとめ

園子温さんの記事の「俳優T」が自分と名乗り出た坂口拓さんの謝罪内容についてみてきましたが、いかがでしたでしたでしょうか。

 

自分と名乗り出て謝罪したことはよかったかもしれませんが、謝罪の言葉からは自己保身感が強く感じられ、世間からは「謝罪になっていない」「核心部分が語られていない」という批判の声が多いです。

週刊女性の記事では坂口拓さんが園子温さんの行為をアシストしたように書かれているので、そのあたりがスッキリしませんね。

今後、そのあたりについて語られるんでしょうか。

被害女優のためにもはっきりさせてほしいです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。