毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

真空ジェシカ【ガク】の学歴が名門で偏差値がすごい!経歴についても!

M1グランプリ2021決勝戦に初出場した、真空ジェシカのガクさんと川北茂澄さん。

大学時代からコンビを組んでいる真空ジェシカは、結成10年目です。

なんとなく近寄りがたい雰囲気がしますが、そこが真空ジェシカの魅力のひとつ。

残念ながらM1グランプリ2021では優勝を逃してしまいましたが、真空ジェシカの注目度は上がる一方です。

真空ジェシカでマッシュルームの髪型にメガネをかけているのがガクさん。

ガクさんは偏差値が高く高学歴という噂がありますので、どこの中学や高校、大学を卒業したのか調べてみました。

また、学生時代からの経歴についてまとめました。

 

ここでは、

・真空ジェシカ【ガク】の中学・高校は?

・真空ジェシカ【ガク】の大学は?

・真空ジェシカ【ガク】の経歴は?

について見ていきたいと思います。

真空ジェシカ【ガク】の中学・高校は?

真空ジェシカのガクさんが卒業した中学校は、青山学院中等部(東京都渋谷区)です。

さらに内部進学をし、青山学院高等部(東京都渋谷区)を卒業しています。

画像:Smart FLASH

青山学院と言えば、ミッションスクールで幼稚園からの大学までの一貫校です。

ガクさんは中学受験をし、見事、青山学院中等部に合格しています。

小学校時代は中学受験をするために慶応対策コースに通っていたそうですが、青山学院に入学しています。

気になる青山学院中等部と高等部の偏差値を調べてみました。

青山学院中等部 偏差値:69
青山学院高等部 偏差値:72

中等部も高等部もどちらも偏差値は高く、ガクさんの頭の良さが分かります。

もちろん内部進学ですので高校受験をしたわけではありませんが、それでも一定の学力を保つ努力はしていたはずです。

大学生のお姉さん
大学生のお姉さん
青山学院中等部は女優の杏さん、高等部はNEWSの加藤シゲアキさんやアナウンサーの三田友梨佳さんなど多くの有名人を輩出しています。

ガクさんは中学受験組だったせいか、青山学院での中学生活にあまり馴染めなかったと話しています。

ゲームのアカウントを乗っ取られるということもあったようです。

そこでネガティブな性格になってしまったと話しています。

それでも高校へ進学すると、「人を笑わせる仕事がしたい」と思うようになってきたそうです。

■どんなお笑いに影響を受けてきたか、興味があります。

ガク 僕は『エンタの神様』(日本テレビ系)、『笑いの金メダル』(テレビ朝日系)、『オンエアバトル』(NHK)あたりを観てました。

あと高校時代、テレビでマヂカルラブリーさんを見て、マヂラブさん目当てで∞ホールに行ってました。
ヘンなことする人が好きで、今まで見たことないネタをするのが衝撃だったんだと思います。
POISON GIRL BANDさんも好きでした。

引用:exciteニュース(2019年12月26日)

 

お笑いも好きで、わざわざマヂカルラブリーさんを見に行くほどのファンだったようです。

しかし、お笑い芸人になりたいという強い気持ちはなく大学へ進学します。

真空ジェシカ【ガク】の大学は?

ガクさんは、青山学院高等部から青山学院大学経済学部へ内部進学しました。

青山学院大学経済学部の偏差値は、偏差値はなんと「62.5~65.0」

内部進学とはいえ、やはり名門私立大学に進学できる賢さがあります。

しかも中学から大学まで青山学院…もしかするとガクさんの両親は教育熱心なのかもしれません。

経済的にも余裕がある家庭だということが分かりますね。

 

ガク(本名:川俣岳)さんは大学に入学すると、お笑いサークル「ナショグル」に入部します。

大学生のときにようやくお笑いのことを勉強し始めますが、どちらかというと裏方の方に興味があったようです。

青山学院大学に通いながら、ライブの裏方を養成する吉本の学校に通ったと話しています。

■ガクさんは大学2年生のときにYCC※に通っていたそうですが、なぜNSC※ではなくYCC※に通ったのでしょうか?

※YCC:よしもとクリエイティブカレッジ。ライブの裏方を養成する吉本の学校。
※NSC:吉本総合芸能学院。お笑い芸人を育成するための養成所。

ガク:そもそも川北に誘われるまでは芸人になろうとは思ってなかったんです。
大学生のときに就職のことを考えたら、お笑いサークルに入ってたこともあってお笑いの仕事ができたらいいなと思って。それでなんとなく通いました。

でも周りは結構ガチで仕事をやりたい人ばっかりで。その中で僕は何の覚悟もなく行ってしまったんで、何も学ぶことなく……。

生徒たちで作ったライブが卒業制作的な感じであるんですけど、袖で道具出しをしながら圧倒的に演者の方が楽しそうだなと思って。
だから得たものは「演者楽しそう」っていうことだけでしたね。

引用元:WLUCK PARK(2021年3月27日)

 

大学時代に川北茂澄さんに誘われる形で2011年1月に「真空ジェシカ」を結成することになります。

川北茂澄さんは慶応義塾大学のお笑いサークル「O-keis」に所属しており、ガクさんとはちがう大学だったのです。

 

その後、真空ジェシカとしての活動をしながらもガクさんは就職活動もしていました。

メガネをかけていることから、就職先はメガネ屋に就職しようと考えていたようです。

しかし、残念ながら就活はうまくいきませんでした。

これがよかったのか悪かったのか?は分かりませんが、就職先が人力舎になってしまいました。

■もしかして「プロ志向」という言葉、引っかかりました?

川北 でも彼はちょっとだけ就職しようとしてて、メガネ屋探してたんですよ。
ガク 自分が何が好きかわからなかったんです。
ただメガネかけているのは確かだったんで。
(中略)

ガク でも悩んでいるタイミングで声かけられて、「結果出たら考えようよ」と言われたんです。
それで最初に出た『学生HEROES!』(テレビ朝日系)という番組に合格したら、テレビにちょいちょい出してもらえるようになって。
そのまま人力舎に声かけられて、今に至ります。

引用:exciteニュース(2019年12月26日)

 

真空ジェシカを結成する前は、同じサークルの福田くんと2人で「玉露Gメン」というコンビを組んでいました。

画像:M1グランプリ2010
(玉露Gメンは関東1回戦敗退)

玉露GメンはM1グランプリ2010に出場したり、お笑いインカレといった学生ライブに出場したりと、積極的に活動していました。

ちなみに、出場したM1グランプリ2010関東1回戦でアルコ&ピース (太田プロダクション)と同じ舞台にも立っています。

大学生のお姉さん
大学生のお姉さん
ガクさんはサークルの代表もつとめており、サークル内でも目立つ存在だったようですね。

真空ジェシカ【ガク】の経歴は?

ガクさんは、青山学院大学在学中からお笑い芸人として活動していました。

2011年に慶応義塾大学の川北茂澄さんと真空ジェシカを結成し、すぐに頭角をあらわします。

■大学時代の経歴■

  • 2011年3月:学生HEROES「第1回漫才を愛する学生芸人No.1決定戦」決勝進出
  • 2011年8月:第1回国民的大学生芸人グランプリ大学芸会 準優勝
  • 2011年12月:早稲田大学放送研究会主催大学生M-1グランプリ2011 準優勝

真空ジェシカはコンビを結成して2ヶ月で「第1回漫才を愛する学生芸人No.1決定戦」に決勝進出しました。

優勝こそできませんでしたが、真空ジェシカのおもしろさが人力舎の御眼鏡にかないスカウトされます。

大学を卒業するとそのまま人力舎へ所属し、お笑い芸人として本格的に活動を始めることになりました。

 

こちらが大学卒業後の真空ジェシカの経歴です。

M1グランプリには2015年から出場しており、2019年からは準々決勝に進出しています。

M1グランプリ2021ではようやくファイナリストに選ばれました。

残念ながら優勝はできませんでしたが、しっかりとツメアトは残すことができました。

■M1グランプリ■

  • 2015年から出場
  • 2019年:M1グランプリ準々決勝進出
  • 2020年:M1グランプリ準々決勝進出
  • 2021年:M1グランプリ決勝進出(6位:638点)

■その他■

  • 2019年:マイナビ Laughter Night 第5回チャンピオン大会 優勝
  • 2020年:第1回 AUN~大喜利コンビ王決定戦~ 優勝
  • 2021年:第2回 AUN~大喜利コンビ王決定戦~ 優勝 (2連覇)
  • 2021年:第3回 AUN~大喜利コンビ王決定戦~ 優勝 (3連覇)

やはりガクさんはお笑いの裏方におさまる人ではなく、表舞台でお笑いのネタを発揮するタイプだったようです。

学生時代からシュールな芸風と言われている真空ジェシカのネタ。

ほかのコンビとはひと味もふた味もちがった小さなボケの連続がくせになってしまいます。

まとめ

真空ジェシカのガクさんの学歴が名門で偏差値がすごい、経歴についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ガクさんは、中学受験を突破し青山学院中等部に進学しています。

そのまま内部進学をし、青山学院高等部をへて青山学院大学経済学部を卒業しました。

高学歴というだけでなく、偏差値も高い学校を卒業しているガクさん。

知的でシュールなツッコミはガクさんの知性からくるものかもしれません。

ガクさんはもともとお笑い芸人を目指していませんでした。

しかし、真空ジェシカはM1グランプリ2021のファイナリスト、実力のあるコンビに成長しています。

これから真空ジェシカがどんな活躍を見せてくれるのか、目が離せませんね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。