毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

仲宗根梨乃の「俺」がかっこいい!NCTの振り付けや他のアーティストについても

振付師でありダンサーでもある仲宗根梨乃さんはプデュ(日プ2)のトレーナーをしています。

仲宗根梨乃さんの一人称は「俺」で、それがとてもかっこよくて梨乃さんのキャラにすごく合っています。

男っぽい仲宗根梨乃さんは物事をはっきりという人ですが、そこにはとても愛情深くて熱い想いがこもっています。

プデュの練習生に対してもとても真摯に向き合ってくれて、練習生のことを本当に想って言ってくれているのに心打たれます。

 

そんな仲宗根梨乃さんのキャリアはすごくてNCTの振り付けやその他多数のK-POPのアーティストの振り付けを担当しています。

仲宗根梨乃さんの人柄や、どんなアーティストの振り付けを担当してきたのかみていきたいと思います。

 

仲宗根梨乃の一人称の「俺」がかっこいい!

仲宗根梨乃さんの一人称は「俺」です。

女の人なのに?て思いますが、梨乃さんが言うとかっこいいんですよ!

 

トレーナー陣個性の強い方が多いですけど、仲宗根梨乃さんに一番持っていかれます。

熱くてハートフルで強くてまっすぐで…

仲宗根梨乃さんには隠し事が出来ないくらい心の内を読まれる感じがします。

レベル分けではテコエくんも見透かされてましたね。

グループバトルの練習での様子です。

「俺」と言っていますね

SHINeeの「Your Number」は仲宗根梨乃さんが振り付けた曲なので、梨乃さんも練習生もテンションあがっています(笑)

 

仲宗根梨乃さんは幼少期から自分のことを「俺」と呼んでいます。

子供の頃、男の子にぶりっこと言われて傷ついて、トラウマになってそう呼ぶようになったようです。

 

男になれば、誰もオレを傷つけないと勘違いしていた。

男になったら、自分のことをぶりっ子っていう人はいないと思った。

そうしないと生きていけない自分がいたといいます。

見た目も男っぽくしたとのこと。

そんな自分も受け入れてるそうです。

そういった過去があったんですね。

ダンスを始めたきっかけはマイケル・ジャクソン

仲宗根梨乃さんは小5の時に映画『ムーンウォーカー』を観てマイケル・ジャクソンの虜になります。マイケルになりたくてダンスを始めて、中2の時に福岡ドームでマイケルのライブを見て、「アメリカに行く」と決めます。

マイケルやジャネット・ジャクソンになりたくてミュージックビデオを何回も巻き戻して真似をしていました。

16歳で短期留学をして、19歳で本格的に渡米しています。

その後、ジャネットのバックダンサーのオーディションに合格しています。

思ったら即行動する実践力はすごいと思います。考えるより先に行動してる感じですね。

そんなブレない芯の強さが仲宗根梨乃さんから滲み出ていますね。

なので、発する言葉にも強さが感じられます。

生き方も言葉もかっこいい人です。

 




仲宗根梨乃はNCTの振り付けをしている

仲宗根梨乃さんは韓国のアーティストのNCT127の振り付け・ツアーの演出もしています。

2018年5月にNCT127の「Chain」の振付をJumi Liteさんと、

2019年2月にはNCT127 1st Tour ‘NEO CITY : JAPAN – The Origin’の演出をしています。

 

そして2019年3月、NCT127「Wakey-Wakey」をFUKOさんと振付しています。

2019年12月にはNCT127 Arena Tour ‘NEO CITY : JAPAN – The Origin’の演出もしました。

NCT127のツアーの演出をしたときは、メンバーが初めてのツアーということで、最初めっちゃ緊張している子もいたといいます。

でも始まる前にかけた言葉や終演後に伝えたアドバイスも、しっかり受け止めてちゃんと直そうとしていたそうです。

メンバーのへチャンは日本ツアーで「梨乃さんとご一緒させていただいたことも、とても素晴らしい経験でした。」とたくさんの学びがあったと話しています。

仲宗根梨乃さんからたくさんのものを吸収できたんでしょうね。

 

NCTは人気が上がってきていて、その影には仲宗根梨乃さんもいたということですね。

仲宗根梨乃さんははじめアメリカに渡ったわけですが、なぜK-POPに関わるようになったかは、次でみていきますね。




仲宗根梨乃が担当したアーティストや振り付けした曲

仲宗根梨乃さんが振付をした曲は数多くあります。

主な振り付けや演出は以下の通りです。

ミュージックビデオ

SHINee(8曲)お姉さんは本当にきれい(Replay)(2008年)
Love like oxygen(2008年)
JULIETTIE(2009年)
LUCIFER(2010年 with Shim Jaewon、振付補佐
Hello(2010年)
Seesaw(2012年)
Your Number(2015年)
君のせいで(2016年)
少女時代(11曲)GENIE(2009年、with Shim Jaewon)
Oh!(2010年)
Hoot(2010年)
MR.TAXI(2011年、with Shim Jaewon)
The Boys(2011年)
PAPARAZZI(2012年)
I Got a Boy(2013年、with NappyTabs、Jillian Meyers)
BEEP BEEP(2013年)
LOVE&GIRLS(2013年)
BOOMERANG(2013年)
GALAXY SUPERNOVA(2013年)

他にもf(x)が5曲、スーパージュニアが1曲、BoAが4曲、東方神起が3曲、Red Velvetが1曲など、SMエンタに所属するアーティストとは深い関わりがあります。

Crystal KayAKB48超新星の振付もしています。

あとツアーの演出では、

少女時代 GIRLS’ GENERATION 4th Tour -Phantasia- (2015年、2016年)
SHINee SHINee WORLD 2017~FIVE~(2017年)
TAEMIN THE 1st STAGE 日本武道館(2017年)

など手掛けています。

K-POPに関わるきっかけ

K-POPが多いですが、アメリカに渡った仲宗根梨乃さんが韓国で振付をすることになったきっかけは、梨乃さんがアメリカでダンスのワークショップをやっている姿を、“誰かが勝手にYouTube動画にあげた”ことだったそうです。

その動画を韓国の事務所のSMエンターテイメントの人が観て、連絡をくれたことが始まりでした。

そしてSHINeeのデビュー曲の振り付けを担当することになったそうです。

韓国はいろんな優秀な人材を世界中から探しているんですね。

それは年齢や経歴など関係ないそうです。

仲宗根梨乃さんは知らない誰かが作ってくれたきっかけからの韓国の仕事に、迷いなく「Yeah! 韓国で仕事できる! Lucky!」というノリでありがたく受けたそうです。

梨乃さんらしい感覚ですね!

それが世界で活躍する仲宗根梨乃さんの今につながるわけですね。

K-POPファンの間では仲宗根梨乃さんは有名な存在です。




まとめ

仲宗根梨乃さんについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

世界で活躍する仲宗根梨乃さんからトレーニングを受けるプデュの練習生たちはすごくラッキーですし、ダンスだけじゃなくメンタルの持ち方もいい影響を与えてもらえると思います。

国プの皆さんは、トレーナーの仲宗根梨乃さんにも1pickしたい人が多いです。

それだけ人を魅了するかっこいい仲宗根梨乃さんから目が離せません。

素晴らしい仲宗根梨乃劇場を期待します。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。