毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

冨田せなとるきの父親や母親の職業や実家は?姉妹での活躍がすごい!

スノーボード女子ハーフパイプでもっとも注目されている選手と言えば、冨田せな選手と冨田るき選手の2人です。

2人は姉妹、冨田せな選手が姉、冨田るき選手が妹です。

せな選手とるき選手は北京オリンピック(2022年2月)に出場することが決まっています。

姉妹そろってオリンピックに出場するなんて、すごいことです。

そんなせな選手とるき選手の父親や母親がどんな人なのか、気になりますよね。

父親と母親の職業、せな選手とるき選手の実家についても調べてみました。

 

ここでは、

・冨田せなとるきの父親や母親の職業は?

・冨田せなとるきの実家は?

・冨田せなとるきは姉妹で活躍!

についてみていきたいと思います。

冨田せなとるきの父親や母親の職業は?

冨田せな選手とるき選手の両親の名前は分かりましたが、職業については情報を見つけることができませんでした。

  • 父:冨田達也/愛知県出身
  • 母:冨田美里/愛知県出身

 

この投稿をInstagramで見る

 

冨田るき(@ruki_tomita)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

冨田るき(@ruki_tomita)がシェアした投稿

 

こちらが父親と母親の名前が掲載されている記事です。

スノーボード好きの父・達也の影響で二人とも3歳頃にはもう滑り始めていた。
(中略)
二人の両親は共に愛知県の出身で、スノーボードに魅了されて新潟の地に就を求めた。今も仕事をしながら、休日になると滑っている。
(中略)
「心配だが、危険なスポーツであることは分かっているし、けがは覚悟して送り出している。本人たちのやりたいという意思を尊重しています」と、母の美里

引用元:NIIGATA Sport Magazineより

 

お父さんの名前は「冨田達也さん」、お母さんの名前は「冨田美里さん」です。

また、両親ともに愛知県出身です。

両親2人ともスノーボードが好きだったことから、新潟県妙高市に移り住みました。

せな選手とるき選手が産まれる前に移住したのでしょうね。

今でも休日にはスノーボードを滑っているということは、両親も相当な腕前であると思われます。

 

また、達也さんと美里さんは一般人であることから、どんな仕事をしているかについては情報を見つけることができました。

両親2人ともお仕事はしているようで、小さい頃から共働きだったと姉妹は話しています。

共働きの両親は昼食を持たせ、朝にゲレンデまで姉妹を送り届け、仕事を終えると迎えにきた。

引用元:NIIGATA Sport Magazineより

 

せな:お父さんとお母さんが仕事の時は、スキー場まで送ってもらって、仕事が終わったら迎えに来てもらって。
ゲレンデのスタッフさんも顔見知りなので、私達だけの時は一緒に滑ってくれたりしました。

引用元:新潟スノーファンクラブより

 

せっかく作ってくれたお弁当はスキー場で食べずに、帰りの車で食べることがほとんどだったようです。

お弁当を食べる時間を惜しんでまで、せな選手とるき選手はスノーボードを夢中でやっていたと話しています。

◆子どもの頃はどんな生活でしたか?

せな:冬は、学校が終わると、家族4人、またはお母さんを除いた3人でナイターに行って、ほぼ毎日のように滑っていました。

引用元:新潟スノーファンクラブより

 

平日は学校が終わってから家族といっしょに滑りに行き、週末は姉妹で滑りに行く生活だったようですね。

スノーボード一色の生活をしていたことが分かります。

小さい頃からスノーボード以外にも器械体操や水泳など、姉妹がしたいと言ったことを父と母はやらせてくれた。

今回の大けがに際しても両親から「危険だからやめなさいと言われたことはない」(せな)。
海外での試合を夜中でもライブ観戦し、試合後には必ずメールを送ってくれた父と母。
それは自分にとって大きな励み。

引用元:NIIGATA Sport Magazineより

 

せな選手とるき選手の両親は、子どもがやりたいことは何でもやらせてくれたようです。

子どもの意思を尊重し、やりたいことを一生けん命にサポートするやさしい両親ですね。

ママさん
ママさん
いつも応援してくれる両親は、せな選手とるき選手にとって心強い存在ですね。




冨田せなとるきの実家は?

冨田せな選手とるき選手の出身は、新潟県妙高市です。

画像:NIIGATA Sport Magazine(左)姉:せな(右)妹:るき

妙高小学校を卒業していますので、実家はこの辺りではないかと思われます。

また、子どもの頃によく行っていたスキー場はこちらの3つだとせな選手が話していました。

  1. 池の平温泉スキー場
  2. 妙高杉ノ原スキー場
  3. 関温泉スキー場

◆どちらのゲレンデによく行っていたのですか?

せな:地元・妙高の、池の平、杉ノ原、関温泉…どこも近いので、今日はこっち、明日はあっち、みたいな感じで滑りに行っていました。

引用元:新潟スノーファンクラブより

 

スキー場があっちこっちと選べる環境というのは、さすが妙高市です。

4月まではゲレンデで滑ることができるようで、スノーボードやスキーをする人には最高の環境ですね。

 

ちなみに、せな選手とるき選手の実家は、JWSC全日本ウィンタースポーツ専門学校の隣だといううわさがあります。

Googleマップで確認したところ、専門学校の周辺には何軒か民家はありました。

しかし、どれがせな選手とるき選手の実家であるのかは分かりませんでした。

るき選手はJWSC全日本ウィンタースポーツ専門学校に在籍(2022年1月時点)、せな選手は卒業生です。

専門学校は1999年に設立、せな選手が産まれた年にできました。

OLさん
OLさん
それを見越して両親が愛知県から新潟県妙高市に移住したとなると、すばらしい直感ですね。




冨田せなとるきは姉妹で活躍!

冨田せな選手とるき選手の姉妹は、世界で活躍している選手です。

スノーボード女子ハーフパイプにおいては、日本を代表する選手と言ってもいいでしょう。

(左)姉:せな(右)妹:るき

せな選手とるき選手はそれぞれ3歳のときからスノーボードを始めました。

せな選手は中学1年生の時、るき選手は小学校6年生の時にプロ資格を取得しています。

目標だったプロ資格を取得し、目標をクリアするともっと上を目指したいという気持ちになったようです。

冨田せな選手の活躍

こちらがせな選手のおもな戦績です。

  • 2018年:平昌オリンピック8位
  • 2021年:世界選手権4位
  • 2022年:スノボXゲームズ優勝(日本女子初)
  • ワールドカップ:通算で2位3回、3位4回
  • 全日本選手権:優勝2回

画像:読売新聞

高校生だった2017−2018シーズンから本格的にワールドカップに参戦しました。

平昌オリンピックに出場した時は高校3年生、初出場にもかかわらず8位に入賞しました。

しかし、2019年ワールドカップ2戦目の決勝を前にした公開練習で転倒してしまいました。

精密検査したところ「びまん性軸索損傷」と診断され、3ヶ月間安静という大けがを負ってしまったのです。

 

「何をやっているんだろう…」と自問し、後悔する日々。
「置いていかれる。追い付くことはもうできない…」。

引用元:NIIGATA Sport Magazineより

 

せな選手はかなり落ち込み、競技生活を辞めることまでよぎったそうです。

しかし、妹のるき選手の活躍や家族の励ましがあり、せな選手は見事に復帰!

その後も世界で戦績を残し、2回目のオリンピック出場の切符を手にすることができました。

冨田るき選手の活躍

こちらがるき選手のおもな戦績です。

  • 2020年:US OPEN3位
  • 2021年:X Games Aspen HP6位
  • 2021年:National Championships HP3位
  • 2021-2022シーズン:ワールドカップ2戦目優勝

画像:BACK SIDE

るき選手は高校生だった2019-2020シーズンから本格的にワールドカップに参戦しました。

US OPENは好成績を残している招待選手しか出場できない大会です。

ハーフパイプの招待選手は世界でたったの16人。

るき選手は高校3年生の時、そんな伝統ある大会に出場し見事3位に入賞しました。

「ずっと出場したかった大会だったので、緊張はあったけど、楽しもうと思った

引用元:NIIGATA Sport Magazineより

 

世界の大舞台で楽しむ余裕をもてるとは、高校生ながら度胸があります。

その後は確実に世界で戦績を残し、ついにお姉さんのせな選手といっしょに北京オリンピックに出場することが決まりました。

るき選手にとっては初めてのオリンピックに出場です。

2022年1月におこなわれたワールドカップ2戦目で優勝したとき、るき選手はこのように話していました。

優勝を決めた瞬間、涙をみせたるきは「本当にうれしい。(意識したことは)緊張し過ぎて覚えていないんです」と笑顔をみせた。

北京五輪に向けて「課題も分かったし、ほかの選手に負けない滑りをしたい」と決意を語った。

引用元:日刊スポーツより

 

ママさん
ママさん
北京オリンピックでは冨田姉妹のスマイルが見れるといいですね。




まとめ

冨田せな選手とるき選手の父親や母親の職業や実家は?姉妹での活躍についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

せな選手とるき選手のお父さんは「冨田達也さん」、お母さんは「冨田美里さん」であることが分かりました。

どんな仕事をしているかまでは情報を見つけることができませんでした。

せな選手とるき選手の実家は新潟県妙高市、実家の周りにはすぐに行けるスキー場がたくさんあります。

せな選手とるき選手は、小さい頃からいつでもスノーボードができる最高の環境で育ってきました。

ご飯を食べる時間も惜しむほど、スノーボードの練習していたというのはさすがですよね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。