毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

小室佳代の元婚約者がしつこい、せこいと言われるのはなぜ?3つ理由を検証

小室圭さん親子と、母親佳代さんの元婚約者Aさんとの借金問題がずっと続いて話題が尽きないですね。

世間一般では「小室圭さん親子が悪くて、元婚約者のAさんは気の毒だ」という見方がほとんどですが、中にはAさんが「しつこい」「せこい」「おかしい」という声もあります。

なぜそんな声が出るのでしょうか。

その理由についてみていきたいと思います。

 

小室佳代と元婚約者の借金問題経緯

小室圭さん親子の話題は婚約が内定してから今まで消えることがありません。

逆に増えているのでは?と思えます。

その中でも、小室圭さんの母親の佳代さんと元婚約者のAさんとの間の借金問題は、小室さん親子が注目されることになる発端の問題です。

この問題に関するこれまでの経緯をまとめました。

借金問題の経緯

2010年9月にAさんと佳代さん婚約

婚約中の2年間にAさんが佳代さんに累計約400万円のお金を渡す

  • 婚約中に何度も佳代さんから「ヘルプお願いします」と言われ渡しています。
  • 婚約中はいずれ家族になるのだからとAさんは返済してもらうつもりはなかったようです。

2012年9月Aさんが婚約解消を申し出

  • 2013年8月その後渡したお金の返済を文書で求める
  • 佳代さんは“お金は贈与されたもので、返す理由がない”と返金を拒否。その際一緒だった圭さんも“贈与だと認識

2017年9月小室圭さんと眞子さまが婚約内定する

Aさんが佳代さんに貸したとされる400万円がいまだに未返済で返す意思が全くないと、Aさんの友人が代弁し明るみに

小室圭さんと眞子さまの婚約延期

2019年1月小室圭さん一度目の文書公表「母も私も解決済みと理解」

Aさんは返金を求める意向を示す

2020年11月眞子様お気持ち文書公表「結婚することは二人にとって『生きていくために必要』」

その後、Aさんは「400万円は要らない」と言う

  • これ以上小室圭さんと眞子さまの結婚の障害になってはいけないとの思い

2021年4月小室圭さん28ページに及ぶ2度目の文書公表「お金を返済すれば借金と思われる」名誉のためにできない

数日後、小室圭さん解決金を支払う意向

Aさんは困惑するも「解決金についての交渉ができればと考えています」とコメントし、佳代さん本人との交渉を希望

以上のような経緯がありますが、2021年4月現在、解決金に向けての交渉になるかと思いきや、佳代さんの長期入院の情報にどのように進むかはわからない状況です。

国民の感情としては、「小室圭さん側がお金を返すのが筋でAさんは悪くない」と言う声が圧倒的に多いですが、中には「元婚約者はしつこい」「せこい」と言う声も聞かれます。

次でそのあたりについてみていきます。




小室佳代の元婚約者がしつこい、せこいと言われるのはなぜ?3つの理由を検証

元婚約者のAさんがなぜ「しつこい」「せこい」と言われるのか検証していきます。

①しつこいと言われる理由

結局はお金が欲しい

女々しい

逆恨み

「結局はお金が欲しかったんでしょ?」「めんどくさい男だ」と言う声や、「グチグチしつこい」「逆恨みじゃないの?」などと言う声があがっています。

返金してほしいと言っといて、もう返済しなくていいですと言い、またやはり解決金に向けて交渉しますと二転三転することに、「もういいかげんにしたら?」という声が聞かれます。

あとから音声やメール、日記を出してきたりするところなどしつこさや女々しさを感じるようです。

 

②せこいと言われる理由

器が小さい

わずかな金額でうるさい

女々しい

卑怯

メディアを使ってる

「たかだか400万円くらいでガタガタいうなんてせこい」「いつまでも女々しい」「メディアを使ってせこい」と言われています。

400万円が“たかだか”な金額になるのかはその人によって違うかもしれませんが、Aさんにとって少ない金額ではない気がします。

まぁこの借金問題は婚約破棄した10年前から続いていますので、いつまでやってるんだ?という感覚にならないこともないです。

メディアを使っていろいろ公表したりコメントを出したりすることに嫌悪感を感じるようですね。

Aさんの代理人が週刊誌の記者であることもあり、マスコミを利用してると思われるのかもしれませんね。

 

③おかしいと言われる理由

頭がおかしい

解決しようとしていない

お金を貸すこと自体間違っている

Aさんがお人好し過ぎるのか、お金を貸すこと自体そもそもダメだったんじゃないかとも言われています。

頭が悪いと…

時が経ってしまったので今さらですけどね。

この問題自体が長引いているので、最初は小室さん側が一方的に悪いという感じでしたが、Aさんも後から色々証拠を出してきたり、言うことが変わったりするので胡散臭く感じている人もいます。

 

しつこいと言われるのは

  • 結局はお金が欲しい
  • 女々しい
  • 逆恨み

せこいと言われるのは

  • 器が小さい
  • わずかな金額でうるさい
  • 女々しい
  • 卑怯

おかしいと言われるのは

  • 頭がおかしい
  • 解決しようとしていない
  • お金を貸すこと自体間違っている

というのが主な理由でした。

この借金問題も長期化してきて、国民の皆さんもいろんな見方になってきました。

これまでAさんの事を擁護してきた人も、元婚約者のAさんも変じゃないの?と思うようになってきたようですね。




借金問題元婚約者が出した証拠とは?

Aさんが出した証拠には次のものがあります。

佳代さんとのメール

会話の音声

Aさんの日記

婚約中にAさんが佳代さんと交わしたメールが報道されています。

細かなやり取りのメールで佳代さんから“ヘルプしてほしい”というものや、遺族年金受給中なので籍は入れず事実婚にしてほしいということ、ですが、生命保険の受取変更や、財産は一緒にすることなど、事細かな内容がメールにより明らかになっています。

しかし、10年以上前のものがよく取ってあったなと感心します。

 

また、2021年4月の小室圭さんの文書の発表の時小室圭さん側が「借金でない」証拠として音声データを出しましたが、Aさんも音声がありました。

こちらはAさん側が「借金である」と主張している証拠になるものです。

こちらのテープは週刊現代が2020年の12月に公表しています。

詳しくはこちら⇒週刊現代

 

そして、婚約していた当時のAさんの日記も公表されました。

2010年11月1日には、小室さんの大学の入学費という名目で渡した45万3000円について「婚約者であるので嫌とは言わないが、何故に入学金も事欠くのに入学、授業料の高いと言われる大学を選んだのか疑問

2011年12月27日には、佳代さんから10万円の援助依頼を受け「生活費のヘルプ依頼、夜の電話、年末でもあるし、入り用のものがあるらしい。お金の無心を言う者は、だんだんと相手も麻痺してくるんだろうか。圭君の為と言われれば、止む無しとは思うものの、どうなのか?」

引用元:週刊デイリーより

と、その時の心情を綴っています。

 

これらの証拠が次から次へと出てくることに違和感を感じる人もいるようです。

Aさんが証拠を週刊誌に売って小遣い稼ぎをしてると思われているようですね。

確かにパソコンで書いた日記は本当に当時書かれたという証拠になるのかはわかりませんね。

泥沼化してきたこの借金問題に出てくる登場人物すべてが怪しいと思ってしまいます。




まとめ

小室佳代さんの元婚約者のAさんについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

小室圭さん親子もおかしいですが、Aさんに対してもおかしいと思う人もいます。

問題が長期化してどっちもどっちと思えなくもない状況になってきました。

この先どうなっていくんでしょうか。

早くこのAさんとのやり取りも終わってほしいですね。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。