毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

清野太成の身長体重は?中学は柔道部で高校から陸上!大学で走りに変化!

箱根駅伝2022に駿河台大学からエースとして出場する清野太成(きよのたいせい)くん。

夢であった箱根駅伝2022への初出場に期待が高まっていますね。

駿河台大学3年(2021年)の清野太成くんの今後に注目して、身長体重や中学や高校の部活についてまとめていきます。

また大学で徳本一善監督と出会ったことにより、花を開くことになり一気に注目される選手となりました。

 

ここでは

清野太成の身長体重は?

清野太成の中学は柔道部で高校から陸上始める

清野太成は大学の陸上で変化する

についてみていきたいと思います。

 

清野太成の身長体重は?

清野太成くんの身長は168cm、体重は52kgです。

清野太成くんの

身長は20~24歳の平均が171cmなので、平均よりやや低いです。

体重は20~24歳の平均が65kgなので、平均よりだいぶ軽いですね。

 

一般的にマラソン選手は身長があまり高くない人が多いです。

また、体重も軽い人が多いですね。

それは身軽な方が早く走れるからです。

身長も高いとその分重くなるので、低い方が走りやすいということです。

清野太成くんは、身長からすると軽いですが、それだけマラソンに向いた体型と言えますね。

 

ただし軽ければいいというわけではなく、適正な体重があるようです。

それがBMIに表れています。

BMIは[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で算出される値です。

肥満ややせの判定に使います。

BMIが22になるときの体重が標準体重で、最も病気になりにくい状態であるとしています。

参照:厚生労働省

一般的には「BMI 22」が標準ですが、国内の長距離のトップランナーは「BMI16~22」に入るようです。

清野太成くんはBIM18になるので、トップランナーと同じ値になりますね。

国際レベルのマラソンランナーのBMIは18〜22.5、800mランナーは18.5〜24、400mランナーは20〜25、100mランナーは20.5〜27なのだそうだ。走る距離が短くなればなるほどBMI値が大きく(体重が重く)なっている。長距離ランナーにとって「軽さ」がいかに重要なことかがわかるだろう。

引用元:朝日新聞デジタル「&M」より

清野太成くんを含めた長距離選手は常に体重をコントロールして、ベストタイムが出せるようにしているんですね。

体重でもタイムに大きく影響が出るので、普段の食事管理も大事でしょうね。




清野太成の中学は柔道部で高校から陸上始める

清野太成くんは中学時代は柔道部で、陸上を始めたのは高校からでした。

清野太成くんは埼玉県新座市立第六中学校出身です。

第六中学校時代は柔道部に所属していましたが、現在(2021年時点)第六中学に柔道部はないようですね。

 

中3の時に陸上部の子と走って勝った経験があり、陸上部でイケると思ったようです。

中学時代、柔道部に所属していた清野は、中3のとき、「陸上部の子と競争して勝ったんで、意外とオレ、陸上でイケるんじゃない?」と進学した飯能南高で陸上部に入った。

引用元:BBM Sportsより

この時、自分の足の速さに気付いたんでしょうか。

 

 

 

高校は埼玉県立飯能南高校へ進み、陸上部に入ります。

ですが、名をとどろかせるほどの活躍にはならず、最高でも県大会どまりでした。

高校の頃から「箱根駅伝」は走りたいと思いながらも、夢のような目標だったようです。

そんな時に高校からも近い駿河台大学に入学することによって、清野太成くんの走りに変化が出ることになります。

 




清野太成は大学で徳本一善監督と出会い変化!

清野太成くんは駿河台大学へ進学し、徳本一善(とくもとかずよし)監督に出会い走りに変化が出ることになります。

徳本一善監督、見た目めちゃ若いですね!

徳本一善監督は2021年現在42歳で、2011年から駿河台大学のコーチの就任し、駅伝部の監督を務めています。

監督自身も法政大学時代に箱根駅伝に4回出場して、2年生の時には区間賞もとっています。

そんな経験を持つ実力者の監督の下で指導してもらい、清野太成くんはメキメキと頭角を現します。

「徳本監督の言ったことをそのままやったんです。そしたら、どんどん速くなった。自分が変わったなと実感したのは、1年の後半からですね」

もちろん、速くなった実感はレース結果にも表れた。清野が「特にうれしかった」と振り返るのは、今年5月の関東インカレ1500mでの決勝進出だ。順天堂大の三浦龍司(2年)らと走り、8位入賞を飾った。

引用元:BBM Sportsより

徳本監督が言ったことをそのままやったといい、どんどん早くなったことを実感してます。

そのおかげで2021年の関東インカレの決勝にまで進みます。

そして2021年10月の箱根駅伝予選会では、8位に入り見事本線への出場権を獲得します。

その時の清野太成くんの走りについて、徳本監督は「エースの自覚を持った走りをしてくれた」と語っています。

清野大成くんは今や駿河台大学駅伝部の立派なエースとなりました。

2021年の箱根駅伝への出場は、そんな清野太成くんと徳本監督の思いが実ったということですね!

左:ブヌカ・ジェームスくん  右:清野太成くん

 

駿河台大学は駅伝で実績がないため、有力な実力のある選手は入ってこないので、徳本監督は選手を育てていかないといけないと話していました。

清野大成くんはまさに徳本監督が育て上げた選手なんですね。

この出会いがなければ、今の清野太成くんの活躍はなかったのかもしれません。

 




まとめ

駿河台大学駅伝の選手、清野太成くんに注目してみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

箱根駅伝初出場に貢献したエースの清野太成くん。

身長や体重は長距離ランナーとして理想の体格ですね。

高校まではあまり実績がありませんでしたが、駿河台大学で徳本監督と出会い、実績を上げるまでに成長しました。

やはり指導してくれる人との出会いは大事ですね。

今後の清野太成くんの活躍に期待したいと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。