毎日にほんのちょっぴりスパイスを♪
あれって何?これってどういうこと? 気になる情報発信ブログ
人物

村瀬心椛のwikiプロフィールや中学・高校は?所属はムラサキスポーツ!

X GAMES史上最年少となる13歳で金メダリストを獲得した、スノーボーダーの村瀬心椛(むらせ ここも)選手。

13歳という年齢で世界のトップに立ちました。

現在、村瀬心椛選手は17歳(2022年1月時点)の高校2年生です。

すでに世界を舞台に活躍している村瀬心椛選手は、北京オリンピック(2022年2月)に出場することが決まっています。

そんな村瀬心椛選手のwikiプロフィール、中学や高校などの学歴についてまとめました。

また、村瀬心椛選手のマネジメントは、「ムラサキスポーツ」だと言われていますのでそちらも調べてみました。

 

ここでは、

・村瀬心椛のwikiプロフィール

・村瀬心椛の中学・高校など学歴は?

・村瀬心椛の所属はムラサキスポーツ!

についてみていきたいと思います。

村瀬心椛のwikiプロフィール

こちらが村瀬心椛(むらせここも)選手のプロフィールです。

  • 生年月日:2004年11月7日
  • 年齢:17歳(2022年1月時点)
  • 出身地:岐阜県岐阜市
  • 身長:153cm
  • 体重:42kg
  • 父親:村瀬功一(こういち)/44~45歳/自営業
  • 妹:村瀬由徠(ゆら)/15歳/スノボーダー ※年齢は2022年1月時点
  • ペット:猫 ショーン
  • 好きな歌手:アリアナ・グランデ
  • ライバル:妹

 

村瀬心椛選手のお父さんは村瀬功一(こういち)さん、妹は同じくスノーボーダーの村瀬由徠(ゆら)選手です。

スノボードを始めたきっかけは、お父さんの影響でした。

◆どのようなキッカケでスノーボードを始めたの?

心椛: 4歳のときに家族でゲレンデに行ったんです。
そのときはソリをして遊んでたんですけど、お父さんの滑りを見たときに「やっぱスノーボードってカッコいいなぁ」と思って始めました。

功一さん: ちょうどその頃、何のスポーツをやらせようか考えていたこともあり、家族でスノーボードをやれたらいいなと思ってたので、ちょうどいいタイミングでした。
(中略)週末はもちろん、ナイター営業している日があれば平日でも滑りに行ってました。
僕自身もずっとスノーボードをやってるんですけど我流で滑ってきただけなので、このまま教え続けるのはどうかと迷っていたんです。
そのときキャンプに参加させたことがキッカケとなって、さらにスノーボードの世界が広がっていきました。
心椛が小1くらいのときですかね。

引用元:BACK SIDEより

 

スノボを始めたのは4歳の時だ。

県内のスキー場で雪だるまを作りながら見つめた自営業の父・功一さん(41)の滑りに憧れた。
「カッコ良くて、やりたいって思ったんです」。

ただ、しばらくは年に数回滑るだけ。本気になったのは小学1年からだった。

引用元:朝日新聞より(2018年)

 

小学校1年生からスロープスタイルの競技を始めていたとは、驚きです。

その後、本格的にトレーニングを積み、小学校4年生のときにプロの資格を取得しました。

プロになるまでたったの3年、村瀬心椛選手のすごさが分かります。

 

村瀬心椛選手は負けず嫌いな性格。

年上の子どもたちがジャンプをしているのを見て、負けたくない一心で筋トレや自宅のトランポリン、スケートボードなどで練習を積みました。

小学校5年生になるころには、すでに世界を目指すようになっていたようです。

村瀬心椛選手は2018年の世界ジュニア選手権でスロープスタイルとビッグエアの2冠を獲得!

かずかずの輝かしい戦績を残し、北京オリンピックに出場することが決まりました。

 

ちなみに名前の「心椛(ここも)」には「心がやさしく、秋生まれだから椛(もみじ)」という由来があるそうです。




村瀬心椛の中学・高校など学歴は?

村瀬心椛(ここも)選手の出身中学と高校について調べました。

  • 小学校:岐阜市立合渡(ごうど)小学校
  • 中学校:岐阜市立岐阜西中学校
  • 高校:岐阜第一高等学校2年生(2022年1月時点)

岐阜西中学校

村瀬心椛選手は地元の岐阜市立岐阜西中学校出身です。

中学2年生の時には史上最年少でX GAMESで優勝しました。

X GAMESとは、夏と冬の年2回開催される競技大会です。
1994年に極限、離れ業といった意味を持つエクストリームゲームズとして開催され、自転車のBMXやスケートボード、スキー、スノーボードなど実施競技や種目は多彩。

特に冬は強豪選手が集い、競技によっては世界最高峰と格付けされています。
アメリカを中心に全世界でテレビ放映され、欧米での人気は特に高い大会です。
(参考:スポニチ

きっと地元の岐阜では有名人だったのでしょうね。

13歳という若さで世界のトップに仲間入りした村瀬心椛選手ですが、その年齢で出場できたことがうれしかったそうです。

13歳という年齢では、出場できる国際大会があまりないのです。

ママさん
ママさん
平昌オリンピック(2018年)の時には年齢的に出場することができなかったですよね~。

X GAMESで優勝した時のことをこのように話しています。

優勝して金メダルをもらっても、世界1位じゃなくてただの中2や!ってね(笑)。

そういう風に思っておかないと天狗になっちゃうかもしれないから、世界1位とは思わないように自分で心がけてます。

引用元:BACK SIDEより

 

すでにこのときには、北京オリンピックで金メダルをとりたいという目標をもっていました。

OLさん
OLさん
北京オリンピックに出場することが決まりましたので、金メダル獲得!有言実行できるといいですね。

岐阜第一高等学校

2020年3月に中学校を卒業し、村瀬心椛選手は岐阜第一高等学校に進学しました。

岐阜第一高校には、普通科アスリートコースといった専門コースがあります。

また、部活動にはスキー部があり、村瀬心椛選手も所属しています。

岐阜第一高校のブログには、村瀬心椛選手が活躍するたびに登場しています。

画像:岐阜第一高等学校

画像:岐阜第一高等学校

現在は2年生(2022年1月時点)で2年5組、1年生の時は1年5組でした。

 

小さい頃からの負けず嫌いなところは変わっておらず、今でも練習する量は人一倍!

練習時間は午前8時半から午後3時を過ぎることもあると言います。

練習内容は、その日にやると決めたトリックをできるまでとことんやり抜くそうです。

努力することをおしまず、自分の苦手とするポイントを克服することで自信になるのでしょうね。

 

もし、村瀬心椛選手が北京オリンピックで金メダルを獲得すると、女子最年少のメダリストになります。

バンクーバーオリンピック(2010年)でフィギュアスケート銀メダルの浅田真央(当時19歳)さんの記録が塗り替えられることになります。

OLさん
OLさん
ちなみに、北京オリンピックに出場が決まったモーグルの堀島行真(ほりしまいくま)選手も、岐阜第一高校の出身です。




村瀬心椛のマネジメント(所属)はムラサキスポーツ!

村瀬心椛(むらせここも)選手のマネジメントは「ムラサキスポーツ」です。

ムラサキスポーツの公式サイトにも、村瀬心椛選手の紹介が掲載されていました。

画像:ムラサキスポーツ

画像:ムラサキスポーツ

村瀬心椛選手は、ムラサキスポーツの契約ライダーです。

ムラサキスポーツは業務の一環として、アスリートのマネジメントをしています。

スノーボードだけではなくサーフやスケートといったほかの競技のマネジメントにもたずさわっています。

株式会社ムラサキスポーツでは3S(SURF、SKATE、SNOW)と呼ばれるアクションスポーツを中心にダンスやその他のスポーツにおいて、青少年の育成とアクションスポーツの発展のため、契約しているライダーを軸に様々なアクションスポーツに特化したアスリートマネジメントをスタートいたしました。

引用元:ムラサキスポーツより

 

スノーボードはほかのスポーツと比べて、年齢が若い選手が多い競技です。

しっかりとマネジメントしてくれ、サポートしてくれる企業があるのは選手にとって心強いですよね。

男子スノーボード ハーフパイプで北京オリンピックに出場することが決まっている平野流佳(ひらのるか)選手も、ムラサキスポーツの契約ライダーです。

ムラサキスポーツがいつごろから村瀬心椛選手マネジメントをしていたのかといった情報は見つけることはできませんでした。

 

こちらは、村瀬心椛選手の2018年当時のスポンサーです。

画像:BACK SIDE

スポンサーの欄にすでに「ムラサキスポーツ各務原(かかみがはら)店」の名前があります。

このころからすでにムラサキスポーツがスポンサーについていたということになりますね。

ママさん
ママさん
将来有望な村瀬心椛選手、ムラサキスポーツは早い段階から目を付けていたということでしょうね。




まとめ

村瀬心椛選手のwikiプロフィールや中学・高校、所属のムラサキスポーツについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

村瀬心椛選手のマネジメントはムラサキスポーツです。

すでに13歳の頃からムラサキスポーツがスポンサーとなっていました。

村瀬心椛選手は地元の岐阜西中学校を卒業し、岐阜第一高校へ進学しました。

現役高校生の高校2年生です。(2022年1月時点)

村瀬心椛選手は小さい頃からオリンピックで金メダルをとることが夢であり、目標でした。

これからどんどん活躍していくこと間違いなしの選手です。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。